Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 都市対抗/MHPS-鈴鹿 2

では三菱日立パワーシステムズ-Honda鈴鹿戦を振り返ります。

ポール際まで埋めた一塁側スタンド。このあと外野も1ブロック埋まってました。教育委員会から横浜市内のご家族ご招待があったようで、小学生くらいのお子さんにはホームランが分かりやすいですね。…だからというわけでもないでしょうが、の試合展開でした。

180715-03.jpg

三塁側は真っ赤に埋まる、さすがの特定シード。第1試合のHonda熊本に引き続き、応援の方も多かったことでしょう。ここまで狭山・熊本と2連敗。鈴鹿はHondaチーム最後の砦です。

180715-04.jpg

今年から、選手紹介は顔写真付き。出身校も紹介されているので、「へー、神奈川大なんだ」 とか、相手チームでも親しみがわきますね。最近のJABAはいろいろ頑張ってると思います。
ということで、スタメンはこちら。先発マウンドは大方の予想通り、MHPS・奥村政稔投手、鈴鹿・平尾奎太投手。

180715-05.jpg

180715-06.jpg   180715-07.jpg

180715-08.jpg1回表は奥村投手がピシャッと3人で押さえ、1回裏
八戸勝登選手がさっそくレフトへヒットで出塁。

そのあと2者連続キャッチャーファウルフライでチャンス逸したかと思いましたが…。

龍幸之介選手がライト上段へ2ランホームラン! 打球が大きすぎて、追い切れませんでした。2-0。補強選手たちも一緒になって、エルボータッチで喜びあいます。

180715-09.jpg   180715-10.jpg

180715-11.jpg

2回3回と先頭打者をヒットで出しつつも、そのあとを踏ん張る奥村投手。春の地方大会でも見慣れた展開です。

180715-12.jpgそして要所で三振を取るたびに、ガッツポーズや拍手で盛りあがるベンチ。いつもいつも、彼らはとってもポジティブ。

スミ2のまま得点動かず。
しかし5回裏、1死から二橋大地選手が低めをすくい上げてレフトへソロホームラン!

180715-13.jpg   180715-14.jpg

拍手をしながら塁を回り、戻ってきて龍選手と喜びあう二橋選手。同期のふたりが打ちました。貴重な追加点です。3-0

180715-15.jpg   180715-16.jpg

180715-17.jpg   180715-18.jpg

6回表。ヒットの走者を出してしまったあと、おあつらえ向きにセカンド正面のゴロ。しかしゲッツーを焦ったか、久保晧史選手が見事なトンネル。チェンジになるどころか、一気に一三塁のピンチになりました。

180715-19.jpgショックを隠せない久保選手。そこへ 「1アウト1アウト」 と、レフトからここまで声をかけにくる龍選手。彼は気配り上手です。

180715-20.jpg犠牲フライで1点取られはしましたが、それ以上は三振で食い止めました。
グッとこぶしを握ってガッツポーズの奥村投手。笑顔で皆のもとへ向かいます。

180715-21.jpg   180715-22.jpg

以前なら力んで三振を取りにいき、痛打を浴びたり四球になったりしたようですが、この日はとてもクレバーな大人の投球。相手を頭脳的にかわして、チームプレーに徹した配球だったと思います。奥村投手にとって褒め言葉になるか分かりませんけど、トヨタ・佐竹投手と同じくらい冴えた内容。レベルアップしたところを見せてくれました。

6回裏、鈴鹿は補強の川脇輝生投手に交代。
取られたら取り返す。龍選手の打球はまたもライトへ。フェンス最上部に当たって跳ねて、ボールはグラウンドへ。惜しいという顔で、龍選手は二塁止まり。あれ、ホームランじゃないの?

180715-23.jpg  180715-24.jpg  180715-25.jpg

塁審のホームランコールに、走り出す龍選手。満面の笑顔で、ベンチにガッツポーズです。

180715-26.jpg  180715-27.jpg

180715-28.jpgしかし鈴鹿の甲元監督から、ホームランではないのではないかと抗議。審判団が集まって協議しますが、改めて球審からホームランのコール。

東京ドームは、緑のラバーフェンスの上に黄色いバーと金網が二段構え。金網を超えたラバーフェンスの最上部で跳ねたように見えましたが、TVのスローモーションで見ると内側か外側かは判別できず。厳密にはそのへんどうなんだろ。

180715-29.jpgここで鈴鹿は瀧中瞭太投手に交代。いい投手でしたねー。MHPS打線、手も足も出ず。7回には3者連続三振。瀧中投手が先発だったらと思うと、ゾッとするような好投でした。

180715-30.jpgMHPSも継投に入ります。
7回表、走者2人を出し2死になったところで、後藤隆之監督がボールを持ってマウンドへ。奥村投手はこれ以上ない笑顔で、左澤優投手にあとを託します。

180715-31.jpg去年も補強に選ばれた左澤投手。ただその時はあまりピリッとしない内容でした。今日は完璧なリリーフ。1回1/3をピシャッと抑えてくれました。

180715-32.jpg9回は本多裕哉投手。死球の走者を出しますが。
最後は6-4-3のゲッツー。最後のアウトを取ったファースト二橋選手が嬉しそうです。

180715-33.jpg   180715-34.jpg

180715-35.jpg   180715-36.jpg

180715-37.jpg   180715-38.jpg

後藤監督の勝利インタビュー。とにかく初戦はエースの投げ合いになりますし、とにかくここを突破したいと戦前におっしゃっていた監督。幾分ホッとされたことでしょう。

180715-39.jpg
画像はハメコミ合成です

3本のホームランで全得点なんて、MHPSにしては珍しい内容の試合になりました。これはこれで楽しかったけど、次戦は繋ぐ野球が見たいです。
次はMHPS横浜にとっては天敵のNTT東日本。でも長崎が加わってからは互角なんですよね。昨年優勝チームに対して、どのような戦いになるでしょうか。
7/19の第1試合、10時半プレイボールです。今度は三塁側。

 都市対抗/MHPS-鈴鹿 1

優勝候補筆頭のHondaが昨日JR四国に敗退。そして特定シードのHonda3チームが総崩れ。波乱の都市対抗序盤です。

Honda最後の砦・鈴鹿。走者はにぎわすものの、奥村政稔投手に要所を三振で締められ、エラーで取った1点だけ。
MHPSは補強の左澤優投手も好投、本多裕哉投手に繋いで、盤石の投手リレーとなりました。

180715-01.jpg

打っては、龍幸之介選手が先制とダメ押しのホームラン2本。
二橋大地選手の中押しホームランは、都市対抗初安打。鮮烈なデビューとなりました。

180715-02.jpg


4-1で快勝です。詳細はまた明日。まだ仕事が終わらないのであります(汗)。

三菱日立パワーシステムズ 4-1 Honda鈴鹿
http://www.jaba.or.jp/score_book/1/10000/23075.html

 都市対抗/開会式

180713-01.jpg仕事終わらず。とりあえず中抜けして、東京ドームへ開会式だけ見に。
いつもと違う角度から見てみたいなと、三塁側バルコニーへ。一塁側NTT東日本の応援団は、すでに外野まで浸食しています。

レフト側にはワイシャツ姿の方々多数。「?」 と思っていたら、JR東日本・JR西日本の行進で拍手。そしてJABA会長の挨拶にも大拍手。ああ、そうか。今年からJR東顧問の清野氏がJABA会長に就任されたので、その動員なのですね。

180713-02.jpg


180713-05.jpg東芝に続いて、三菱日立パワーシステムズが行進。50名を超えた昨年は2列でしたが、今年は1列で。44名の長い列です。

180713-03.jpg


信越硬式クラブ・NTT西日本の際には、一塁側NTTから大きな拍手。信越クラブは今はNTTの冠が外れましたが、それでもNTT関連企業の選手がまだ多く所属されているようです。
東京ガス・大阪ガス・西部ガスの同業には、三塁側・東邦ガスからも大きな拍手。なるほど。

180713-06.jpg


終了後は会社に帰って、毎日新聞の試合中継を見ながら仕事。開会式後の気持ちが落ち着かない中とはいえ、両チームともつまらないミスが多かったですねえ。NTTらしくないなあと思いながら、タブレットの画面を横目でチラチラ。最後はNTTが逃げ切りました。
MHPSが勝ち上がったとしたら、次の対戦相手です。

ただその前に、まずは初戦。Honda鈴鹿も特定シードですから、応援の力も大きそうです。3連休の狭間ですけど、多くの方の応援をお願いしたいですね。今年も横浜市教育委員会の協力を得て、ご家族連れの来場も多いかな。

都市対抗出場・トップに聞く 
NTT東日本・井上福造社長/三菱日立パワーシステムズ・安藤健司社長
 毎日新聞
https://mainichi.jp/ama-baseball/articles/20180713/ddm/008/020/138000c

野球部公式ツイッターが、掲載記事のお知らせ。ホットペッパーなんて珍しいところからの取材です。

「大谷キラー」と呼ばれた男はいま ──。
三菱日立パワーシステムズ・二橋大地選手が迎える勝負の夏【新・男の野球メシ 社会人野球編】
 メシ通
https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/chogetsu-suzuki/18-00212

今年も野球部OB・望山一生さんが、J SPORTSで解説。
4日目第2試合、かずさ-西部ガス 5日目第3試合、東芝-トヨタ東日本
トヨタ東・大谷龍太選手の父上とプレーしたこともある望山さん。そのへんの話も振られそうな気がしますが、どんな解説になるでしょうか。前述の毎日新聞サイトでも、リアルタイムで見られます。
MHPS-鈴鹿の対戦は、元王子監督の棚橋さんが解説。神奈川の試合はいつも神奈川ゆかりの方でしたが、今回は東海寄りですね。

 都市対抗の記事続々2

頂点へ 第89回都市対抗野球/4止 
三菱日立・平野智基主将 辛酸なめた地で日本一を/神奈川
 毎日新聞
https://mainichi.jp/ama-baseball/articles/20180711/ddl/k14/050/132000c

今日の毎日新聞には、平野捕手が取りあげられてます。以前ご両親にうかがった話では、幼い頃からソフトバンクの城島捕手に憧れて、ポジションはずっと捕手だったそう。
昨年プレーを見ていた感じ、守りに長けたキャッチャーだなという印象でした。今年は、ここぞのバッティングも光ります。主将として黒獅子旗を受け取る姿を、楽しみにしたいですね。

180711-1.jpg神奈川新聞では昨日、八戸勝登選手の記事。
昨年のHonda鈴鹿戦は、どちらが先に点を取るかの争い。今年も得点力が鍵となると思いますので、八戸選手にはトップバッターとして頑張っていただきたいです。

昨年のベスト4を良しとせず、自分なりの悔しさ・課題をもって今年に臨んでいる姿勢が、昨日の龍選手も含めてどなたの記事にも見えますね。

180711-2.jpgこちらは昨日の日経新聞の都市対抗特集。
企業トップの錚々たる顔ぶれです。そして、クラブチームは地域を代表して市長の顔。この見開きに載るのは、なかなかの名誉&インパクトですよねえ。多分この記事を見たのであろう弊社の会長に 「今年も都市対抗へ行くのか」 と呼び止められ、ひとしきり大会の話になりました。

 都市対抗に向けて記事続々1

180710.jpg今年も毎日新聞特集版。表が東芝、裏がMHPSの仕様です。下半分には、後藤隆之監督と龍幸之介選手の囲み記事。
文中にもありますが、今年は入れ替わり立ち替わり故障者の多いのが悩みですね。

そんな中で、龍選手はとにかくムードメーカー。コツコツと練習を重ねる努力家でもあります。白鴎大の弟さんと、お互いの活躍が励みになっているのかもしれません。

本紙のほうにも出場チームの連載記事。今朝は後藤監督です。監督の九州時代の話とか、自分が野球から離れていた時期のことなので、興味津々で読みました。

頂点へ 第89回都市対抗野球/3 
三菱日立・後藤隆之監督 歓喜と悲哀、誰より知る/神奈川
 毎日新聞
https://mainichi.jp/ama-baseball/articles/20180710/ddl/k14/050/126000c

ちなみに監督は現在単身赴任で寮住まい。寮の食事はけっこう気に入ってるそうです。スポニチ大会準優勝の時、まだ横浜所長になられる前の牧浦さんが 「寮の食事をおいしくします!」 と約束してくださいました。その約束が守られたのでしょうか。


頂点へ 三菱重工神戸・高砂の夏/下 
戦力上々、「手応え」あり 黒獅子旗、自信で挑む/兵庫
 毎日新聞
https://mainichi.jp/ama-baseball/articles/20180708/ddl/k28/050/194000c

今日は神戸高砂とオープン戦でした。和氣暉親選手は2安打だったとか。
近畿代表戦の動画をYoutubeで見かけましたが、最後のゴロを処理した和氣選手が皆と抱き合って喜んでいる姿に、チームにしっかり溶け込んだみたいで良かったと思いました。


週刊ベースボールのこの時期のお題は 「都市対抗」。※リンクはいずれも、週刊ベースボールオンライン

巨人・若林晃弘内野手「都市対抗がなかったらプロにはなれなかった」/都市対抗
http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=046-20180716-08

若林選手の例の三塁踏みそこね。昨年のVTRを見返していたら、靴の側面が三塁ベース側面に触れているようにも見えました。そういえばあれはHonda鈴鹿戦。そんなこともありましたけど、選んだ監督の期待に応える活躍をしてくれたと思います。

楽天・渡辺直人内野手「不祥事で辞退、自粛から優勝。奇跡でした」/都市対抗
http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=046-20180716-05

元ふそうの渡辺選手。「次の年(05年)はメンバーが変わらずに優勝するというのが目標。誰もクビにせず、誰も獲らずに。それで優勝したんですよ。奇跡でしたね。号泣しました」 とありますが。
チームとしての新人はいなかったけれど、三菱横浜クラブから岩崎哲也投手、ENEOSから池辺啓二選手の両新人を補強。ふたりとも若獅子賞という、それこそ獅子奮迅の活躍もあっての優勝でした。懐かしいな、リバイバルふそう。

 出場記念ユニと『都市対抗2018』

180709-1.jpg後援会員の皆さまのもとに届いていると思いますが、うちにも届きました。MHPSのレプリカユニフォーム。ありがとうございます。
出場記念グッズが、どんどん豪華になってますねー。

180709-2.jpgそしてようやく入手したサンデー毎日増刊号 『都市対抗2018』。去年は人数が多すぎて首脳陣の顔写真は割愛でしたけど、今年はしっかり。
担当記者予想では、今年はHondaが大本命という感じかな。例年、あまり当たりませんが(笑)。それがまたトーナメントの面白さですよね。

SUBARUとのオープン戦。道中は雨に降られつつも、試合は問題なく出来たみたいですね。
明日は神戸高砂を迎えての一戦。見たいけど、今週はとりあえず決算に専念します。

 来週は都市対抗初戦

180708-01.jpg最初は曇り空でしたが、やがて晴れ。どんどん気温が上がって、蒸してきました。
都市対抗初戦まであと1週間!

今日は後藤隆之監督も一緒にダッシュ。列の真ん中あたりの白いシャツ姿が監督です。先頭切っているのは、矢野幸耶選手。

180708-02.jpg

この時期の休日練習としては珍しく、バッテリーは筋トレへ。野手はランニング5本。

180708-03.jpg   180708-04.jpg

180708-05.jpg   180708-06.jpg

180708-11.jpg 180708-12.jpg 180708-13.jpg

地に足が着いてない方々。

180708-07.jpg  180708-08.jpg  180708-09.jpg


筋トレを終えたバッテリーたちも、同じくランニング5本。

180708-14.jpg   180708-15.jpg

180708-16.jpg   180708-17.jpg

180708-18.jpg

亀川裕之さんがお子さんを連れて、陣中見舞いに。下で手を振るのは、斉藤裕次郎コーチです。

180708-19.jpg

補強選手の投球を見る、鶴さん亀さん。

180708-20.jpg

180708-21.jpgしばらくご覧になって帰られました。
補強選手でユニフォーム着てくれてもいいのに(笑)。

MHPSは今、アンダースローブーム。あっちでもこっちでも、鈴木健矢投手の投球フォームを真似てます。気になるフォームですよね。

180708-22.jpg   180708-23.jpg

180708-24.jpg二橋大地選手の新しい練習用バット。玉虫色に光り、「二橋・覚醒」 の文字が刻まれてます。
ドームでは覚醒した姿を見せてくれるかな?

180708-25.jpg

捕手陣の防具が今日から新調。チームカラーをそれぞれ思い思いに組み合わせての、自分デザインだそう。みごとにバラバラ。
「似合わないかなあ」 と気にされていたのが平野智基捕手。平野捕手だけ赤いゴムベルト。なかなか華やかで、大舞台で映えそうです。

180708-26.jpg  180708-27.jpg  180708-28.jpg

180708-29.jpg  180708-30.jpg

アメリカンノックを受ける大野享輔投手と田中宏章投手。高安健至コーチの打球が届かなかったり、やたら厳しい打球だったりで、田中投手に遅れをとる大野殿下。悲鳴を響かせながら、それでも楽しげにボールを追ってました。

180708-31.jpg   180708-32.jpg


明日は太田球場でSUBARUとオープン戦。6時半出発だそうです。やっぱり遠いわ太田。

前へ << | HOME | 


TOTAL Pages 339