Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 三菱横浜の今年を振り返る

年末恒例、この1年を振り返りたいと思います。
今年の三菱重工横浜の戦いは、冬の寒さに耐えた桜が一気に咲いたかのようでした。

スポニチ例年は3月下旬の県春季大会が初戦、今年は久しぶりにスポニチ大会で幕開けでした。2月の強化練習期間を前倒しして臨み、初戦でJR九州を破ると、破竹の勢いで決勝まで駆けのぼり。そして準優勝を喜ぶよりも、「あと1勝だったのに」 と悔しがる声が聞こえたあたりに今年の手応えを感じましたねえ。

県春季大会決勝は、スポニチの再戦で新日本石油ENEOSと。優勝して都市対抗予選の第1シードを得ます。

日立大会・べ杯は勝敗にこだわるよりも、東北・都市対抗予選に向けた調整と割り切っていたのかなという感じ。特にべ杯では、斉藤裕次郎コーチの練習メニューが毎試合後に待ってました。

東北大会そして5月。東北大会は全勝でリーグ戦を勝ち抜き、決勝トーナメントも住金鹿島・バイタルネットを破ってみごと優勝。日本選手権出場権を獲得しました。

今年の都市対抗予選・神奈川枠は3。企業4チームの争いですから、今年ドームへ行けなかったらいつ行くんだというような年です。しかしそれでも1チームは脱落してしまうわけで、各チームのプレッシャーも相当だったと思います。 脱落した東芝も関東予選で無事代表権を得ましたが。

「絶対第1代表で行く」 と言い続けていた今年。日産との延長再試合で、それが現実になろうとは。両チームが互角に守り抜いた長い長い試合で、肩の力を抜くヒマもなかったですよねえ。でもその長さを感じない熱戦で、あのサヨナラ劇の感動は今でも新鮮に思い出せます。きっと長く語り継がれる試合となることでしょう。スタンドの皆さんが投げた紙テープの滝も、カクテルライトも本当にきれいでした。スタンドでバンザイされているおひとりひとりのお顔を拝見していると、こういった方たちの応援が危機からチームを守ってきたのだなあと泣けてきます。
↓これは写真3枚を使ってのパノラマ合成。

第1代表戦


ただ、そこから先は北海道大会も含めかなり低迷。都市対抗本大会も大事にいこうとするあまり、普段と違う野球をやってしまい惨敗。秋季大会もオープン戦も、大差で惨敗が多かったですよねえ。ギリギリまで精神張りつめて喜び爆発の都市対抗予選でしたから、今年はもうあれで燃えつきてしまったのだろうかと思ったりもして。←実際自分は炭になっていたかも(笑)。

でも日本選手権では、好成績を残した大会と同じく堅守でベスト4に。
今年顕著だったのが、初戦に良い勝ち方をすると快進撃が続くこと。この大会もJR北海道に快勝しましたので、もしかしたらと思いましたらやっぱりでした。できれば日産と決勝を戦いたかったですけど、ともに準決勝で敗れたのは残念でした。


門西明彦・亀川裕之投手の力量は、すでに定評があるところ。そして春は斎藤圭太投手、秋は瀧優介投手が完投勝利するなど、頼もしい存在も増えました。打撃も佐々木勉選手が加わったことで厚みが出、特に上位打線がしっかり機能しましたよね。田城智博選手もホームランバッターとして開花。渡部英紀選手とともに全国ベストナインを受賞する大活躍でした。

他にも、選手ひとりひとりの名前を挙げて讃えたいところですけれどもね。とりあえず、新しい仲間を加えてまた強固にまとまったチームワークがすばらしかったです。「これからどうなっちゃうんだろう」 と思っていた去年の今頃ですが、今年もしっかり全員野球を見せてもらったと思います。今年1年を通じてのこの成績は、勢いだけで残せるものでもありませんよね。来年は普通に強豪扱いされるでしょうし、されておかしくないチームに育ちました。スタンドもグラウンドも一緒に喜び合えるような戦いを来年もまた期待したいですが、マークもきつくなるでしょうから今年のように勝てるかは分かりません。でも負けがこんだとしても、今のチームワークでいてくれるなら自分は変わらず応援します。

三菱重工の要職にある皆さまが、野球部の活躍を喜んで自分にまでお声をかけてくださるなど、思いがけないことも多かった今年でした。特に第1代表戦のあと、こちらから存じ上げているだけだった土田前所長が 「これでまたいいブログが書けますね!」 と喜んでくださったことには、光栄を通り越してぶっ飛びました(笑)。

野球部やご家族・会社の皆さまには今年も大変お世話になりまして、ありがとうございました。
他チームを応援されている方々との交流も増えて、今年も楽しい1年でした。
年内は多分これで書き納めになり、来年はまた1/3から再開します。
皆さま良い年をお迎えください。m(_ _)m

 三菱横浜のweb更新/1月予定

三菱重工横浜野球部公式web、来年1月のスケジュールが更新されました。
まあ当然ながら練習のみです。シーズン中にはできないような練習も多く、体をいじめ抜く期間ですね。コーチ陣の工夫にはいつも感心させられます。

ビーチフラッグおととしは砂浜駅伝、去年はビーチフラッグや砂浜サッカー。海の公園での練習も恒例化してきたようです。ビーチフラッグでは、池田政人選手が目端の利いたプレーをされてましたっけ。

こういった練習風景レポ。「野球部が普段どんなことをしているのかよく分からなかったけど、こんなふうに練習を積んでいるんですね」 とお声をいただいたりもし。都市対抗しかご覧にならない方は数試合の結果だけがすべてになってしまうわけですが、三菱横浜は経過に妙味のあるチームだと思いますのでね。ブログを通じてより親しみを感じていただけるなら、それは伝える者としても嬉しいことですねえ。



卓球部うちの会社には野球部はありませんが、なんちゃって卓球部がありまして(笑)。
今日は会社の忘年会。例年だとビンゴで大騒ぎをするのですが、今年は経費節減。「じゃあ卓球大会で盛りあがろう」 ということで、地下のスタジオで団体トーナメント戦になりました。グラフィックデザイナー嬢たちのサンタのコスプレが可愛くて、PHSのカメラで1枚パチリ。

 来年のJABA公式大会日程

サンタグチこぼしは大体において建設的ではないけれど、話しているうちに何となく考えの整理ができて、自分の頭の中だけで堂々巡りしているよりは問題解決の糸口になる場合もありますね。
夕べは、そんな会話につきあってくれた友達に感謝しながら帰ってきました。右の写真は昨日のいただきもの。サンタクロースの袋の中はクッキーです。ごちそうさまー。

今日は天皇誕生日。明日はクリスマスイブ。皆さま楽しい年末をお過ごしでしょうか。

さて、来年のJABA公式大会日程が発表になりました。
・2010年度JABA公式大会日程表
 http://www.jaba.or.jp/taikai/2010/pdf/nittei_1.pdf

都市対抗の出場チームは32チームに戻ります。
そして日本選手権は1回戦を4地区で、2回戦以降を大阪ドームでという開催方法になりました。関東の場合は1回戦が日立市民球場のようですね。これまで1回戦は同地方対戦を避けて抽選をおこなってましたが、来年は必然的に近隣地区同士で 「これに勝ってドームへ行くぞ」 になるわけですから、1回戦というよりも地区最終予選のような気がしてしまいます。

日本選手権対象大会には、日立大会とベーブルース杯も加わりました。そしてスポニチ大会なども含め全部が、リーグ戦→決勝トーナメント方式に。
三菱重工横浜は今年の県内順位が上々でしょうから、どの大会に出たいか真っ先に選択できるんじゃないかな。今年も 「時期でいえば東北は避けたい、××大会あたりがいいんだけど」 なんて話もされていたのですけど、他チームが選択した残りで東北大会出場になった模様。でもこれが功を奏したわけですから、どこで何が運になるか分からないですよね。

日立やべ杯には今年も参加してますが、べ杯はストライクゾーンが狭そうに見えるのが毎回気がかり。会社を休まないですむので、時期的には最高なんですけどねー。個人的には 「九州へ行きたいな」 なんてことも思うのですけど、GWの次の週じゃ連休とるのは無理だよなあという感じ。まあ一番いいのは、スポニチで優勝してくれることかな(笑)。

県内各チームがどの大会に出場するかは、多分また2月初旬発表だと思います。

 三菱横浜のweb更新/表彰

三菱重工横浜野球部公式webが12/18に更新されてました。
今回の話題は、まず渡部英紀・田城智博選手の2009社会人ベストナイン受賞。授賞式でのスーツ姿が新鮮です。おふたりのコメントには、来年もより一層頑張りたいという気概を感じますね。

社会人ベストナインについては、経過も含めてこのブログでも何度か話題にしましたので、今日はこちらのほうを重点的に。
今野貴之選手も、関東選抜リーグ優秀選手賞を受賞されたそうです。おめでとうございます。

関東リーグは、日産に零敗した秋の1試合しか見に行けず。この時期は都市対抗予選を終えてからなぜか打線が思わしくなく、「選手権は大丈夫なんだろうか」 と思うような長いトンネルのさなかでした。この試合も選手個々はそれぞれに頑張っていましたが、打線のつながりがイマイチでしたねえ。
今野そんな中、必死のヘッドスライディングでショート内野安打の今野選手。いつもユニフォームが真っ黒で、「がむしゃら」 という言葉がよく似合う選手です。

選手権ではちょっとスランプに陥っていたようですけど、この賞を励みにして、また来年はさらなる高みを目指してくださいね。

 2009社会人ベストナイン表彰式

2009スポニチ社会人ベストナインの表彰式が、本日おこなわれたそうです。
記事はHonda長野久義選手がメインのようですね。
社会人野球:ベストナイン表彰 巨人入り長野があいさつ] 毎日新聞

受賞のおふたりの選考理由を、スポニチから引用させていただきます。ショート・佐々木勉選手も惜しかったみたいです。

スポニチ社会人ベストナイン]  スポニチアネックス

一塁手:田城智博 (28) 三菱重工横浜 初
<選考理由>西郷(ホンダ)三沢(東芝)田城(三菱重工横浜)の小差の争いとなったが、スポニチ大会、都市対抗、日本選手権と各大会で本塁打を放った田城の長打力を買う声が上回った。西郷は史上最多となる7度目の受賞を逃した。

DH:渡部英紀 (34) 三菱重工横浜 初
<選考理由>渡部(三菱重工横浜)と岡野(ホンダ)の争い。ともに都市対抗では高打率を残したが、スポニチ大会と日本選手権で優秀選手賞に輝くなど春から秋まで年間を通じて数字を残した渡部が岡野を振り切った。

 徒労

矢島今日は矢島崇コーチの誕生日です。おめでとうございます。
コーチに就任しフリーバッティングで打撃投手を務めるようになってから、試合に向けて肩の状態が云々と気にする必要がなくなり、現役時代よりむしろ絶好調だとか(笑)。
投手陣の兄貴分・良き相談相手としてのこの1年。来年は立教大から後輩を迎えますが、彼の入社に至る経緯でも矢島コーチの尽力が大きかったみたいです。

三菱重工横浜は僅差の試合が多いので、投手陣のプレッシャーも半端ないと思います。でもそれだけに得点が入った時の嬉しさは格別。打撃陣には多くの点を取ってもらって、また大喜びで迎えたいですね。


昨日は、今年最後の土曜練習と思って見に行ったら、また人っ子ひとりいず。
急な変更なら仕方ないなと思いましたが、聞けばあらかじめ決まっていた予定のようで。
虚しく海をながめて帰ってきました。

 郵送物3品

三菱重工横浜野球部後援会誌 『球宴』 第65号が、月曜に届きました。ありがとうございます。
今回は日本選手権特集。さらに 「2009年のあゆみ」として、好成績をおさめた大会の集合写真をまとめたものなども同封されてました。今年は本当に華々しい戦績でしたね。

右下は、坂上真世選手の勤務先にも写真提供しまして、その掲載誌から。坂上選手は攻守にわたり活躍されたこの秋。特に初戦のJR北海道戦では3得点するなど、1番打者としてチームに弾みをつけました。来年もこんなふうに活躍の報告ができるといいですねえ。担当者さま、またその節はよろしくお願いいたします。(^^)

球宴   2009年のあゆみ   菱日ニュース


月曜に不在票が入っていたのですが、亀川裕之投手のお父さまから送っていただいたものをやっと今日受け取りました。新広島球場のカレンダー。広島カープ選手やファンの写真が満載で、新球場の風景を楽しく拝見しました。いつもお心遣いありがとうございます。
今年の亀川投手はご家族も増えて、どんな時でもしっかり試合を作るすばらしい投球内容でした。充実した1年でしたね。

前へ << | HOME | 


TOTAL Pages 36