Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 三菱日立横浜の2014年を振り返る

年末恒例の締めをば。
年の初めはランニングから。今年は寒い冬で、大雪も何度か降りました。

瀧・本間・坂上・佐々木   雪


対馬2/1に新会社・三菱日立パワーシステムズが誕生。
新会社が発足しても野球部は三菱重工のままと去年の段階ではうかがってましたが、新会社に転籍となった方も多いようで、野球部自体も新会社管轄になった模様。

しかし新チーム名発表が遅れに遅れ、OP戦用ユニフォームが先に世間の目に触れてしまうなどの混乱も。
ようやく3/11、JABAにて新チーム名が公表されました。略称はMHPS横浜。

野村新しいユニフォームで臨んだ県春季大会。
昨年完敗した東芝相手に、野村亮介投手が7回完封、打線も爆発7x-0。企業相手にコールドゲームなんていつ以来?の幸先良い春でした。
以後、野村投手がローテーションの軸に。

鶴田4月5月におこなわれた日本選手権対象大会。
日立大会は、伊藤慎悟選手の打席で花吹雪の試合中断がありましたが、鶴田祥平投手の周囲にも桜が乱舞。
こちらは予選を勝ち抜くも、準決勝で日立に惜敗。見にいった2試合とも、なかなかに中身の濃い試合でした。
九州大会は、残念ながら予選落ち。

柴原・栗林都市対抗は、今年もENEOSが推薦出場。なので第1代表戦はまた東芝と。野村投手・佐藤翔太投手の先発で、終盤まで両チームとも無得点の好試合。しかし8回に長打2本を打たれ、1-3で東芝の勝ち。

第2代表戦は、今年は金港クラブに大勝しました。 
余談ですが、金港クラブの公式webによれば菊沢投手は読売のテストに合格したもののドラフト指名されず、そのまま引退を決めたようですね。

瀧都市対抗初戦は、Honda熊本と。瀧諒太選手の3ランで先制。楽勝かと思いきや、8回に追いつかれて延長戦になり、前田雄気選手のタイムリーで突き放しました。
日本新薬戦はタイブレークの末負けましたが、9回あと一球で負けということろから佐々木勉選手の2ランで追いついたのには大感動。
野球の面白さが凝縮された2試合でしたねえ。

8月初旬に松下安男監督が退任、高安健至監督が就任。
そろそろ交代の年かなとは思いつつも、この時期だったことには驚きました。

高安日本選手権予選は、なんと東芝と。こんなところで当たらなくても。
投手戦なのか貧打戦なのか、夏に続いて吉田潤選手に一発を浴び、負けました。

今年はスタンドにスカウトさんの姿が目立ちました。秋の日ハム交流戦では、スカウトディレクターが日傘の中で観戦。都市対抗に引き続き福地元春投手を見定めていらっしゃるようでしたが、結局は横浜DeNAが4位指名。中日の1位指名・野村投手とともに、三菱日立横浜初のダブル指名となりました。めでたい。

大渕氏   野村・福地


今年は投手ふたりが抜けることもあり、引退する選手はナシだそうです。
で、来年は大卒3名が入部ですとか。彼らについてはまた来年。自分もまだ名前も知らない(^^;

今年もいろいろな方に大変お世話になり、ありがとうございました。
良い年をお迎えください。

 中日新人選手の記者会見

今日は矢島崇コーチの誕生日です。おめでとうございます。
指導の甲斐あって、ふたりがプロ入り。コーチ冥利に尽きますね。

その教え子のひとり、野村亮介投手の入団会見が一昨日おこなわれたようです。中日スポーツより日刊スポーツのほうがより詳しい記事でしたので、そちらをリンク。 しかし乱闘寸前になったことなんてありましたっけ?
ドラゴンズライブTVでは動画も見られます。28秒あたりから大きめの音楽が流れますから、職場では音量絞ってどうぞ。

中日ドラ1野村 生活激変に苦笑い 日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2014/news/p-bb-tp0-20141211-1407661.html
中日ドラ1野村「負けない投手に」背番20
http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2014/news/f-bb-tp0-20141211-1407824.html
中日ドラ1野村「星野魂」受け継ぐ
http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2014/news/p-bb-tp0-20141212-1408009.html
中日新人が寮など見学し興奮
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20141212-1408117.html
中日ドラ1野村、新人王獲りに自信
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20141212-1408147.html

2015年度新人選手入団発表 中日ドラゴンズ 公式サイト
http://dragons.jp/news/2014/14121102.html
今日は施設見学です 中日ドラゴンズ 試合ブログ
http://dragons-camera.at.webry.info/201412/article_1.html
中日ドラゴンズ 平成26年度新入団選手発表イベント ドラゴンズ ライブTV
http://www.ustream.tv/recorded/56334388

 新主将

今日は鶴田祥平投手の誕生日です。おめでとうございます。
2投手が抜けましたけど、来年こそ鶴田投手が大車輪の活躍をしてくれると思ってますので、心配はしてません(^^)

村山正誠選手が新主将になられたとか。
同期の森脇慶太マネと一緒に、チームを盛り上げていってください。

 神奈川県ベストナイン2014

県野球協会の納会が昨日おこなわれ、県ベストナインが表彰されました。

社会人野球:県ベストナイン
7選手が初の受賞 ENEOS最多4人/神奈川
 毎日新聞
http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20141210ddlk14050404000c.html

県野球協会は9日、2014年度社会人野球県ベストナインの受賞者を発表した。7選手が初の受賞となった。

最多の4人が受賞したのは、今夏の都市対抗野球大会で4強入りしたJX-ENEOS。今季限りで現役を引退した池辺啓二外野手(32)は、数々の賞に輝いてきたが「野球人生最後のこの賞は一生忘れることはない」と喜んだ。新人で唯一の受賞となった東芝の柴原健介捕手(23)は「チームを勝たせられる捕手になりたい」と誓った。今季終了後、主将に就任した三菱日立パワーシステムズ横浜の村山正誠内野手(26)は「コンスタントに試合に出られたのが大きかった」と話した。

(中略)
◇石川駿内野手ら3選手特別表彰
県野球協会は、3選手を特別表彰した。仁川アジア大会日本代表で銅メダルに輝いた石川駿内野手(24)=JX-ENEOS▽井領雅貴外野手(25)=同▽プロ・アマ混成チームの侍ジャパン21U(21歳以下)代表として台湾でのワールドカップでチームを準優勝に導いた野村亮介投手(21)=三菱日立パワーシステムズ横浜。いずれもドラフト会議で中日から指名を受けた。井領外野手は「7年間の貴重な経験で成長できた。ここで学んだ勝負強さを今後も発揮していきたい」と宣言した。

◇14年度県ベストナイン(敬称略、カッコ内の数字は受賞回数)
▽投手=佐藤翔太(東芝、初)
▽捕手=柴原健介(東芝、初)
▽一塁手=村山正誠(三菱日立パワーシステムズ横浜、初)
▽二塁手=石川駿(JX−ENEOS、初)
▽三塁手=戸田大貴(東芝、初)
▽遊撃手=渡辺貴美男(JX、2)
▽外野手=五十嵐大典(三菱日立、初)、中西良太(三菱日立、初)
        井領雅貴(JX、2)
▽指名打者=池辺啓二(JX、3)

◇14年度県クラブ優秀選手賞
▽投手=山田健二(マルユウクラブ湘南、2)
▽野手=平野路尚(横浜金港クラブ、2)


三菱日立横浜の3選手は、いずれも初受賞。また野村亮介投手も特別表彰。おめでとうございます。

村山  五十嵐

中西  野村


記事の引用は略しましたが、東芝の佐藤将太郎マネージャーが退任だそう。松下安男前監督がマネージャー時代、「将太郎はすごくいいやつなんですよ」 と褒めていたことを思い出します。お疲れさまでした。

 第1回おとなの野球教室

三菱日立パワーシステムズ横浜野球部、初めての試みです。社内・グループ会社で希望者を募り、大人向けの野球教室。

参加者は、普段から野球チームを組んでいる方や、選手の同僚さんたち、また広島から来てくださった方の姿も。そして野球部OB・保さんと雅美さん。どうしてそっち側に(笑)。でも、おふたりは盛り上げ役として活躍されてました。
開会式を含め、今日の仕切り役は福田芳幸投手です。

開会式

まずは軽くランニング。
走る機会がなく、これだけですでに終わってる方もいらっしゃったりして。

ランニング


ダッシュ柔軟体操のあとに短距離ダッシュ。日常の運動量が少ない方には、これもなかなかきつかったようですね。

そして何組かに分かれて、投球・守備・打撃をローテーション。
ブルペンでは、豪華投手陣のキャッチャーで投球練習。ユニフォーム姿の方はもちろんですが、皆さんなかなか良い球を投げてました。福地元春投手も太鼓判。
選手が球を受けてくれたり褒められたりで、とても高揚した雰囲気。「今日はもうこれだけで満足♪」 なんて弾んだ声も聞こえてきました。野球部がぐっと身近になったんじゃないでしょうか。

ブルペン   ブルペン


鶴田途中からスピードガンも登場。この組では100キロくらいがMAXでしたかね。
鶴田祥平投手も挑戦してみたら、131キロでした。軟球は意外と速度が出ないらしい。

野村「スライダー教えてください」 なんてリクエストもあり、急遽野村亮介投手の変化球教室。教わったばかりの変化球を、のちの紅白戦で早速実践した方もいらっしゃったみたいです。

バッティングフリーバッティングで投手を務めたのは、池田政人・伊藤慎悟選手。本職投手ではないとはいえ、野球選手の球を打つなんてこれも滅多にない経験ですよね。

圓垣内圓垣内学・栗林遥野選手らがトスを上げてのティーバッティング。

森脇慶太・佐々木勉・瀧諒太選手らは、スイングの指導です。

森脇   佐々木


頓所・村山ノックは一三塁側に分かれて。一塁側は坂上真世・竹内啓人・平尾泰勢選手。三塁側は村山正誠・本間章平・頓所裕一選手が担当。
あとの選手は適宜球拾いや、あちこちの手伝いなどなど。

坂上   平尾


円陣ひととおり練習が終わったあとは紅白戦です。両チームとも円陣組んで、やる気満々。

選手たちは審判を務めます。なぜかグラブをはめたまま三塁塁審の瀧諒太選手。

紅白戦   瀧

結構しまった守備で1回は0-0。
代打・野村投手のタイムリーなどで先取点の三塁側。皆でお出迎えです。

先取点

高安「代打俺」 で打席に向かった高安健至監督。久しぶりの打席のせいか、現役時代以上に前に突っこんでます。それでもしっかりヒットを打ち、代走に本間選手を指名。

スコア試合は結局7-3で三塁側の勝利。
このチーム名表記、「黒って何だよ」 「紅白戦だから赤だろ」 と皆にツッこまれてました。「だって赤じゃないし…」 と三塁側の色彩を見て記入者の弁。
うーん。あ、でもほら、ビジターユニのストライプは赤じゃん。

記念撮影

記念撮影のあとには、大村副部長の乾杯の音頭で懇親会。豚汁が熱くておいしかったですね。

大村   懇親会


河相河相サービス戦略本部長の、三本締めならぬ 「三菱日立パワーシステムズ応援歌」 の一部を歌っての締め。新しい。

風もなく晴れた一日で良かったです。初めてのことなので段取りイマイチな部分もあったようですが、かなり楽しんでいただけたんじゃないかな。ただ明日は筋肉痛が問題ですね(笑)。



野村・郡司・福地【今日のおまけ】
今日の目玉、来年はプロへの野村・福地投手。
試合終了後は彼らと並んで記念撮影の方も多々。こちらは、自分もいつもお世話になっている郡司さんとの一枚。

懇親会の合間には、参加者全員にサイン色紙進呈。その場でひとりひとりにお名前を聞いて、ペンを走らせてました。
最後に自分にも一枚。あら、ありがとうございます。これは 「亮介・もとはる」 かな? ふたりが一緒にサインする機会なんて来年はないでしょうから、レアですね。

福地・野村   サイン

 関東リーグ表彰選手

今日は高井一樹投手・圓垣内学選手の誕生日です。おめでとうございます。

2012年の写真処理がようやく完了しまして、頭の中は2012年モード。
毎年いろんなことがありますが、この年も然り。高井投手が地方大会で好投したり、「来年は圓垣内を4番にする」 という展望をオフに聞いたり。なかなか順風満帆とはいきませんけど、来年はまた体調整えておふたりとも頑張ってください。


さて、関東リーグの表彰選手が発表になりました。

2014年度 日本野球関東地区 表彰選手一覧
http://www.jaba.or.jp/topics/2014/pdf/kanto_hyosyo.pdf

Bブロックの優秀選手賞に村山正誠選手、優秀投手賞に野村亮介投手が選ばれてます。
おめでとうございます。

村山     野村


ついでに社会人ベストナインも。全員初受賞だそうです。
そして、投手の賞をトヨタ・佐竹功年投手が総なめ。

2014年度社会人野球ベストナイン
http://www.jaba.or.jp/topics/2014/pdf/b9.pdf

 月刊ドラゴンズ12月号

ファンの方からメールで教えていただきました。
今月の月刊ドラゴンズは、野村亮介投手が表紙ですとか。
お、本当だ。ジャパンのユニフォームで満面の笑みですね。

月刊ドラゴンズのご紹介 中日ドラゴンズ
http://dragons.jp/fan/magazine.html

月刊ドラゴンズ書店に置いてなかったため、こちらも取り寄せ。
6ページにわたって巻頭特集が組まれてました。三菱日立パワーシステムズ横浜のユニフォーム姿がないのはかなり残念ですが、七五三や中学時代などのレアな写真がいっぱい。

そして昨日、契約を終えたそうです。日刊スポーツの記事を見る限りではかなりハードル高そうですが、開幕ローテーション入れるかな。

野村、竜1位に栄光の背番号「20」 中日スポーツ
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201411/CK2014113002000098.html
中日ドラ1野村、仮契約「抑えより先発」 日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2014/news/p-bb-tp0-20141130-1402913.html

前へ << | HOME | 


TOTAL Pages 19