Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 九州大会を振り返る前に

都市対抗代表決定リーグ戦が始まる前に九州大会を振り返りたかったのですが、書きたいことがありすぎて時間切れ。都市対抗予選が終わってからゆっくり振り返ることにします。

180524.jpg


九州大会では多くの方にお声がけいただき、ありがとうございました。「三菱の社員なんですか?」 ともよく尋ねられましたが、いえいえ、そうではありません。
PC版には簡単なプロフィール載せてますし、以前にもちょこちょこ書いたことがあるのですけど、じゃあ改めてまとめてみようかと。

昔、カメラマン仕事の傍ら川崎球場でアルバイトをしていた時、都市対抗野球に出会いました。それまでもスポニチ大会などは見にいったことがあったのですが、都市対抗予選は別格。プロ野球とも高校野球とも違う楽しさ。東芝・日産・鋼管などのプレーと、応援の迫力には圧倒されましたねえ。
仲の良い叔父がキャタピラー三菱勤務だったので、スリーダイヤ繋がりで三菱重工横浜・三菱自動車川崎に親近感。さらに、知り合いだった長尾投手が入社したこともあり、三菱横浜がいちばん好きなチームになりました。

試合撮影したり練習見にいってる時に、当時の臼井監督の九州弁がなんとなく気になって。
「監督は、ご出身九州ですか」 「福岡」 「あ、うちの母も福岡です」 「嘉穂郡ってわかる?」 「うちも嘉穂です」 なんて調子で突き詰めていったら。実家がすぐご近所で、監督のお父上とうちの祖父がイトコだと判明。先述した叔父が、臼井監督の家庭教師をしていたこともあるそうな。うわ、世間は狭い。
「さとーさんは俺の親戚だから丁重に扱え」 と、田中強志マネージャーにお達しがあったという話を、つい先日聞きました。強志さんにはひとかたならぬお世話になりましたが、そんな裏話があったとは。

ただその後、体壊して写真業を断念し、会計方面へ転職。その間10年近く多忙で、社会人野球とは縁の薄い時期もありましたが。
2001年、三菱横浜のクラブ化が心配で、また足繁く球場へ通うようになりました。厳しい状況なのにとても楽しそうなチームを見て、撮りたい心がかきたてられ再びカメラを手にもしました。今勤めている広告会社に転職したのもその頃です。
そして廃部の危機に際し、最後の1年を記録しようとブログを開設。しかしやがてチームは危機を乗り越え、ブログもそのまま現在に至る、って感じですね。

遠く離れたご家族やお知り合いに、元気でやってますよと伝えられたらいいな。仕事で見にこられない皆さんに、野球部こんなふうに頑張ってますよと伝えたいな。──そんな思いで、日々つらつらと。皆の笑顔をこれからも追いかけていきたいと思いますので、今後ともよろしくおつきあいください。

 長野駅から1時間北へ

180430-01.jpg長野といえば、やっぱり蕎麦でしょ。
これはつゆにくるみのペーストを溶かした、くるみ蕎麦です。ほのかに甘くて濃厚。

180430-02.jpg駅ビルで土産購入時にみつけた、小布施堂のモンブラン。「決勝まで一日空いたら小布施まで食べに行くかなあ」 なんて思っていたので、手近で調達できてラッキーでした。
さらに興味があるのは 「朱雀」 というモンブランなのですが、こちらは秋の季節限定。

朱雀のご案内 小布施堂
http://www.obusedo.com/kurigashi/suzaku.html

180430-03.jpg東海REX-フェデックスの試合経過をスマホで追いながら、もしかしたら花吹雪にまにあうかもしれぬと、長野から電車で1時間ばかり北へ。車窓は千曲川の流れです。

北飯山駅下車。飯山城址のソメイヨシノはほとんど散ってましたけど、風も強かったので盛大な花吹雪が見られました。余は満足じゃ。こちらは城跡へ上る途中、弓道場に降る花吹雪。

180430-04.jpg


180430-05.jpg城壁のシダレ桜は満開でした。

180430-06.jpg地図で見ると、すぐそばを千曲川が流れてます。そちらも行ってみたい。花びらが敷きつめられた、階段を下ります。

バイパスから見た風景。向こうの山はまだ雪をかぶってますね。

180430-07.jpg


180430-08.jpg葦の枯れ枝を注意しながら踏みしめて、とげのあるイラクサの草むらをかき分けて、なんとかたどりついた千曲川の岸辺。でも草の途切れ目がすぐ川面なので、ギリギリのところまでは近寄れませんでした。足を滑らせて落ちようものなら大惨事。
水量が多く、ゆったりとした流れです。

180430-09.jpg黄水仙が一群れ。
このあたりで長野大会の経過チェックしてみると、REXが7-3で勝利。いい感じの乱戦でしたが、MHPSが勝ち上がるには両チームの失点数がもう少し足りませんでした。

180430-10.jpg北飯山駅。単線です。
長野行き13時22分を逃したら、次は15時42分。

電車なのに、バスのような料金表と整理券。Suicaも使えないですしね。長野街中は 「ここはどこの街だっけ」 と思うような都会ですが、長野の旅を実感できるローカル線往復でした。

180430-11.jpg   180430-12.jpg

 水の旅

180409-01.jpg四国へ行くのは初めてです。
今回ももちろん陸路(笑)。岡山から特急始発に乗り、瀬戸大橋通過中。眼下は海です。とても良いロケーションです。

今日はチェックアウト後すぐ帰るつもりが、仁淀川行きの計画を立てていた路面電車に時間的に間に合ってしまい、これはもう行くしかないでしょと。
伊野駅まで40分。そこから日に何本もないバスに乗ります。

180409-02.jpg発車すると、程なく仁淀川が見えてきました。
数年前にNHK特集で 「仁淀ブルー」 と名づけられた清流。でもこの季節は、ブルーではなくグリーンなのだそう。

時間があれば屋形船にも乗りたかったのですけど、ちょっと時間的に余裕なし。

180409-03.jpg中流の岩場っぽいあたりまで行って水と戯れて、30分後のバスに乗って帰ろうと思っていましたが。
なかなか川岸に下りられるような場所がなく。軽装ならまだしも、ボストンバッグにキャリーバッグの大荷物じゃ無理。伊野駅にはコインロッカーなんてありませんでしたから、荷物道連れなのでした(^^;

180409-04.jpg川は目の前にあるのに、上から眺めるだけはいかにも惜しい。30分後のバスの次は2時間後。その時間まで、とにかく下りられそうな場所を探してみようと、キャリーバッグを引きながらゴロゴロと。

180409-05.jpg時折写真を撮りつつ、脱線しつつ、2キロくらい歩いたでしょうか。横道の先に川が見えます。若干標高低めな感じ。
お、いけるいける、ここからなら川岸に下りられる。

180409-07.jpgようやく念願の仁淀川水面にたどり着きました。間近で見ても緑色。きれいに透き通って川底が見えます。水が冷たくて気持ちいい。
運転できればもっと上流の渓谷まで行けるのでしょうけど、車の免許を持ってないので、こればかりは致し方なし。

180409-06.jpg


180409-08.jpg帰りの特急でアナウンスに促され外を見ると、吉野川もきれいな緑色。
仁淀川だけでなく四万十川も清流で有名ですし、結局四国って川がきれいなんですね。田んぼもいっぱいあったし、「水の島」 という印象を受けました。

瀬戸大橋ー。行きは朝日、帰りは夕日。飛行機な皆さまも、一度こっちを通ってみると良いと思います。紅葉の季節もまた楽しそう。

180409-09.jpg   180409-10.jpg


高知城がライトアップされてると聞き。
お堀に映るぼんぼりがきれいです。四国銀行やJR四国がスポンサーに名を連ねているのを見ると、急に親しみを覚えます。

180409-11.jpg   180409-12.jpg

お。ただのライトアップではなく、プロジェクションマッピング。桜に彩られた高知城でした。地元高校生による和楽器演奏も聴けて、楽しかったです。

180409-13.jpg

 明日は東京六大学-社会人対抗戦

300330.jpgこれは先日通った、目黒川の下流。お散歩カメラが充電切れだったため、やむなくスマホにて。

今日あたり、夜桜の下は賑やかでしょうね。

明日は神宮球場で慶大-MHPS戦。13時半開始予定ですが、多少遅れそうな気もするので、午前中はベンチアウト組の練習見にいこうかな。金沢Gの桜がいい感じの散り具合じゃないかと思うのですけど、どうかなあ。

 雪の休日

180321-01.jpg昨日の天気予報で覚悟はしてましたけど。
起きたらやっぱり雪!
昼には1センチくらい積もってました。

180321-02.jpg休日に降雪なんて、めったにない撮影日和です。

近所の軟式球場。雪に覆われるスコアボード。

ほころび始めた桜も寒そうです。

180321-03.jpg   180321-04.jpg

ユキヤナギに雪が降る。ダジャレのような風景でした。

180321-05.jpg

その後みぞれになり、今は雨。横浜はどうだったのかな。

この天候で昨日今日順延になった県春季大会。準決勝・決勝をせっかく2日間に分けたのに、明日までしか保土ヶ谷球場が使えないとあって、結局ワンデーマッチに変更となりました。
明日午後は晴れるようですけど、雨は朝まで降り続くようなので、グラウンドコンディション大丈夫でしょうかねえ。9時に始められるか微妙かな。
決勝だけ何とか見にいけないだろうかと、画策中。

【3/22追記】
22日は準決勝のみ、23日10時半から保土ヶ谷で決勝に、再度変更されました。

 往路は海、復路は星

社のカメラマン氏に 「レンズが壊れた」 と相談したら、手持ちの17-40mmを貸してくれました。わーい。使ったことのない広角レンズです。広い絵を撮るのが楽しみになってきました。カメラ1台レンズ2本のつもりでしたけど、これはもうカメラ2台持っていってしまおう。

指宿までの陸路をいろいろ調べたところ、安い往復プランもあったのですが、始発で向かっても指宿着は14時半くらい。練習時間は残り少なく。

この際、予算より時間のほうが大事。
ということで、定時ダッシュでこれから旅立ちます。時間的にいけるところまで。とりあえず今夜は岡山で一泊。
明日は新幹線始発に乗って鹿児島へ。そこから 「指宿のたまて箱」 という可愛い特急に乗り換え、海を見ながら指宿へ。指宿には11時くらいに着く予定です。その時間なら、まだまだ練習は見られそう。
ただ雨予報が気になりますが。

土曜は野球教室だとか。お昼頃で終わるのかなー、少し観光して15時くらいに出発すれば終電で帰り着けるなーと思っていたのですが。午後は樟南高校と合同練習になったと聞き、それを見るつもりならこの帰宅予定では後ろ髪。
夕方に指宿を出発、姫路から夜行列車というルートに急遽変更しました。横浜には日曜早朝に着きます。夜行列車は子どもの頃に乗って以来なので、星空を見ながらの復路も楽しみ。

 レンズが壊れました

180211.jpg昨日使用していたのは、5D3と24-105mmの組み合わせ。
途中から露出が不安定になり、補正しても意図したような明るさにならず。
荷積撮影の最中に 「Err 01 カメラとレンズの通信不良です。レンズの接点を清掃してください」 という表示が出て、シャッターが切れなくなりました。とりあえずレンズを外して再度装着するとか電池を抜き刺しするとかの手順を繰り返すことで数枚は撮れるのですが、また同じエラー表示。

これはカメラの問題かレンズの問題か。
帰宅してそれぞれを別のカメラ・別のレンズで試してみると、どうもレンズのほうに問題がありそうです。

あれこれ検索してみると、メーカー的には当然、「清掃してください」 という対処のみ。
ただ接点が汚れている場合ももちろんあるけれど、接点清掃してもエラー解消されない場合も多々あるようで。結局、「鏡胴が伸びる系のズームレンズはレンズが伸び縮みする際にコードが断線しやすい」 というブログ一文に突き当たり、まさにこれだなと。10年使っているので、そろそろ寿命だったのでしょう。
参考になったブログはこちら。
カメラの故障、「カメラとレンズの通信不良」の場合 札幌のカメラマン One and One
http://www.sapporo.photo/photographer/2908/

で、修理依頼中。修理代も痛いですが、指宿に持っていくつもりだったレンズなのもかなり痛い。広い絵はお散歩カメラで撮るしかないかな。

前へ << | HOME | 


TOTAL Pages 36