Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 野村投手に秋風

とりあえずこちらの話題を先に。
2014年ドラフト1位で中日入団した野村亮介投手が、戦力外通告だそうです。

竜戦士6人戦力外 野村、現役続行中心に進路決める 中日スポーツ
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201710/CK2017100402000099.html
中日 14年ドラ1野村亮介ら6選手に戦力外通告 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201710030000443.html
野村ら6選手に戦力外通告…14年ドラ1が2年間1軍登録なし スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20171003-OHT1T50097.html
戦力外通告の中日・野村、3年間の重圧明かす「1位入団の不安あった」 サンスポ
http://www.sanspo.com/baseball/news/20171004/dra17100405010001-n1.html
中日”落合物件”3選手が戦力外 東スポ
https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/785527/

171007-1.jpg静清高から三菱重工横浜(→MHPS)に入社した野村投手。手足が長く高校時から将来を嘱望されていましたが、社会人で3年過ごしてもまだまだ線が細く素材型のまま。プロ入りしても下で数年体作りからだなという感じでしたけど、ヘタにドラフト1位だったのが彼の不幸。即戦力と期待され下でじっくりは許されず、そうこうするうちに故障に悩まされ、負のスパイラルにはまってしまったようでした。自主トレで金沢Gに来られた際には、フォームがすっかり崩れてしまっていたとか。

石井貴投手以来のドラフト1位は単純に快挙でしたけど、普通に下位指名だったらもうちょっと違ったプロ人生もあったかもしれません。


そしてもうひとり感慨深い名が。読売・松本哲也外野手が引退。彼は専修大から三菱重工横浜クラブへ入るはずだったのに、育成指名で反古に。社会人内定者は育成指名不可だったと思うのですけど、行きたいとなれば本人意志を尊重せざるを得ず。もうひとりのドラフト待ち選手も指名され、採用枠2名を無駄に。外野手2名引退したばかりの三菱横浜は、外野手不足で翌年はきつい戦いを強いられました。でもマイナス転じて選手権出場が、このチームらしいところ。
専大とはけっこうオープン戦を組んだりしてましたが、これ以降ぱったり途絶え。専大の戦績が振るわなかったせいもあったかもしれませんけど、昨年大野享輔投手入社まで、交流らしい交流はほとんどなかったように思います。「育成の星」 と松本選手はもてはやされましたが、後輩への影響を考えると美談でもないよなと、彼の活躍が報じられるたびに思いました。

 亀川投手のその後

今月のMHPSエンジニアリング社内報に、亀川裕之投手引退のご挨拶が掲載されてました。
そして昨日届いたJABA会報には西関東地区特集があり、そちらにも亀川投手引退の囲み記事。

170920.jpgシャツ姿の写真を見ると、引退しちゃったんだなあと改めて思います。元気にサラリーマンされているでしょうか。

先日は、クラブチーム時代の首脳陣・先輩たち開催の慰労会があったそう。楽しい夜だったみたいです。

 専修大学カップ2017

MHPSの野球教室に、いつも参加してくれる富岡オールスターズ。この夏の専修大学カップで優勝し、その模様が本日19時よりtvkで放送されるそうです。おめでとうございます!

2017専修大学カップ
「富岡オールスターズ」(横浜市金沢区代表)が8年ぶりに大会を制し12代目王者に輝く

https://www.senshu-u.ac.jp/news/20170822-01.html

 大垣さんの訃報

夏春連覇を目指した作新学院が、春の選抜高校野球で今日敗退。



170327.jpgその作新OBでもある大垣昭三さん。「昨年11月に還暦野球で会った時は元気だったのに、12月に急逝されたらしい」 と某OBから伝聞。その時は半信半疑でしたけど。
大垣さんが総監督をされていた少年野球チームのFBをふと見つけたら、お見送り会をおこなったとのこと。

近頃は野球部OB会にはあまり出席されてませんでしたが、都市対抗予選のスタンドではよくお見かけしました。選手たちの活躍を、とても楽しみにしていた大垣さん。まだまだ亡くなるような年齢ではなかったと思うのですけどね。
もう4ヶ月近くたってしまいましたが、謹んでご冥福をお祈りいたします。

鎌倉少年野球 ラブリーサンズ facebook
https://www.facebook.com/鎌倉少年野球-ラブリーサンズ-346947082003981/



 三菱横浜駅伝大会2017 -3-

元部長・副部長も含め、OBの皆さまです。
佐々木雅美さん、颯爽と走ってるなあ。

170228-01.jpg   170228-02.jpg   170228-03.jpg

小池裕貴さんのチームはけっこう良い成績だったのかしら。まだまだ第2走者・緑のゼッケンが走ってるのに、「わ。もうピンク色が走ってきた!」 と思ったら、そのうちの一人が小池さんでした。相変わらず速いです。

170228-04.jpg   170228-05.jpg   170228-06.jpg 

170228-07.jpg   170228-08.jpg   170228-09.jpg

野球部がしばらく来ないなあとボーッと気を抜いていたら、「あ! さとーさん」 と通り過ぎていったのが頓所裕一さん。あわわわ、その声に慌ててカメラかまえたので、ピント追いつかなかったです(^^; レタッチでシャープ上げてごまかしてます。

170228-10.jpg   170228-11.jpg   170228-12.jpg

170228-13.jpg   170228-14.jpg   170228-15.jpg

野球部引退してしまうとなかなかお目にかかれなくなるので、こういう機会はとても楽しみです。

 三菱日立横浜OB会2016 -4-

OB会の時には中野佐資さんと10月末の浜田省吾ライブ談義をしたいなと思っていたのに、降ってわいたチーム統合の話でそれどころではなくなりました。

161203.jpgしかしツアートラックと記念撮影しちゃうほど、中野さんが浜田省吾にはまっていたとは。いつ頃から聞いているのかと思ったら、いわく 「部屋子だった長尾がいつも 『MONEY』 をかけていたから」 だそう。へー、そんな時代まで遡るんですか。

中野さんが三菱重工にいた頃、寮は二人部屋。年下の選手を部屋子といい、まあ先輩の下について修行の身というところでしょうか。

その長尾和彦さんのお嬢さんが、このほど女子プロ野球テストに合格したそう。中本牧シニアのあと、はるばる神村学園まで行き、さらに尚美学園大学進学と、ひたすら硬式野球で頑張っていたようですけど、夢を叶えたのですねえ。すごいなあ。

入団テスト11月開催 内定合格者発表 日本女子プロ野球リーグ
http://www.jwbl.jp/news/detail/id/5770

そして函館大学をこの春卒業された勇武くんは、埼玉で野球をやっているとか。検索してみたら、WARRIORS41というクラブチームみたいですね。山中正竹さんが顧問で名を連ねてます。

長尾さんのお子さんたちについて教えてくれたのは、青木和宏さん。青木さんちの快人くんは、桐生第一を来春卒業。夏の甲子園は出場できず残念でしたが、春の好投で無事大学進学が決まったそう。園田崇人選手の後輩になられるのですね。

 三菱日立横浜OB会2016 -3-

お待たせしました。OB懇親会の模様です。
統合の概要や引退選手の挨拶もありましたが、そちらは公式発表があってからまた改めて。

鳥山OB会長の挨拶、郡司後援会副会長の乾杯の音頭で、いつものように懇親会スタート。

161130-01.jpg    161130-02.jpg

161130-03.jpg    161130-04.jpg

161130-05.jpg

161130-06.jpg    161130-07.jpg

161130-08.jpg    161130-09.jpg

大量のうどんを給仕しているのは、常道選手。懇親会前におこなわれたOB総会が少々長引いたせいか、うどんがちょっとのびちゃいましたね。長崎との統合は、OB会としても何かと落ち着かない事案です。

161130-10.jpg    161130-11.jpg


161130-12.jpg一気に若返ったチームで戦うことになり、不安よりは期待のほうが大きかったと、高安健至監督。今年1年の戦いを振り返りました。

161130-13.jpg選手お待ちかね、OB会表彰です。
まず、ルーキー賞は、全試合に出場し打率トップの久保晧史選手。鳥山会長から金一封贈呈です。

特別賞は、副主将としてチームの雰囲気向上に努めた栗林遥野選手。
そして公式戦打点1位の常道翔太選手。

161130-14.jpg    161130-15.jpg

161130-16.jpg優秀選手賞は、得点・打率・長打率など打撃全般コンスタントに上位だった竹内啓人選手。

161130-17.jpgそして最優秀選手賞は、新人ながら大車輪の活躍をした大野享輔投手。U-23で優勝投手になったのも記憶に新しいところです。

しかし、今年5連敗のNTT東日本戦の引き金を引いたのは自分だと、反省の弁も。来年のさらなる飛躍を誓いました。

その他3人の新人もご挨拶。左から、和氣暉親選手、小野寺颯人捕手、藤本鈴也投手です。
和氣選手の日立大会ベース踏み忘れ事件、ありましたねー。藤本投手は、「防御率は大野より自分のほうが上」 と、受賞にあずかれなかった残念さをにじませるコメントでした。

161130-18.jpg   161130-19.jpg   161130-20.jpg

161130-21.jpg元阪神・中野佐資選手からひとこと。
企業でプレーできるのは選ばれた人間だけ、野球をやれる喜びを大切にと、統合で揺れるチームにエールを贈りました。

長崎の選手にポジションは渡さないという意気込みで頑張れと、今回のOB最古参の寺門さんから締めの言葉。

161130-22.jpg


161130-23.jpg一本締めの音頭は元監督・里木さん。

来年は、この場に何人が集まるのでしょう。すごいことになりそうです。

前へ << | HOME | 


TOTAL Pages 33