Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 都市対抗/決勝

NTT東日本-日本通運の決勝戦は、ホームラン4本で圧倒したNTTが優勝を決めました。

170725-01.jpg

2階席まで人人人。閉会式になると帰っちゃう人も多いですけど、ライトスタンドNTTは最後まで満員でした。

170725-02.jpg    170725-03.jpg

170725-04.jpg
黒獅子旗が今年は東京へ。
来年は神奈川に還っておいでね。

170725-05.jpg応援団表彰です。最優秀はNTT東日本。
東芝さんが優秀賞受賞。
昨日試合後の挨拶で演台に上られた方が、「来年、10年連続出場しましょう」 とおっしゃっていたことが印象的でした。会社自体がいろいろと揺れてますけど、これだけの実績も伝統もあるチーム。ずっと続きますように。
そしてもし来年も本大会出場できたら、10年連続出場選手が4・5名いそうですね。


MHPSの龍幸之介選手は、若獅子賞に選ばれず残念でした。
でも指名打者で優秀選手に選出。他にも大野享輔投手、対馬和樹捕手のバッテリー。そして補強の若林晃弘選手も。皆さまおめでとうございます。

第88回都市対抗野球表彰選手一覧
http://www.jaba.or.jp/taikai/2017/toshitaikou/pdf/hyosyou.pdf

 2007年決勝と同じ対戦

東芝さんが各チーム4番を豪華補強して優勝した、2007年。
決勝の相手はJR東日本でした。スタンドがきれいに赤と緑に色分けされてましたっけ。

その日と同じ対戦となった、今日のJR東日本-東芝。
先行するJR、追いつく東芝。ここまで2試合完封のJR田嶋大樹投手から、東芝は初めて得点を奪いました。ただどうしても逆転までは至らない。息苦しくなるような接戦でしたねえ。
選手たちの痛いほどの思いが伝わってきて、もう途中からTVの前で神頼みですよ(笑)。

サヨナラの危機を乗り越え、結局はタイブレークへ。
表の攻撃の東芝は、佐藤旭選手が2点タイムリー。
救援の補強・柏原史陽投手が押し出しで1点を許すものの、最後はファーストゴロ!

これでベスト4。神奈川決戦に向けて、東芝さんは着々と歩を進めています。
三菱日立パワーシステムズも続きたいですね。

JR東日本 4-5 東芝
http://www.jaba.or.jp/score_book/1/10000/20896.html

 今日は東芝戦

都市対抗野球大会も、もう6日目。
今日は東芝さんが第二試合に登場します。解説は、三菱重工横浜監督だった望山一生さん。第一試合は、東芝監督だった高見泰範さんが解説。

第88回 都市対抗野球大会 第6日 1回戦 J SPORTS
http://www.jsports.co.jp/program_guide/64689.html

今年の東芝さんは特定シードを取らなかったこともあり、ナイトゲームではないためなかなか見にいきづらい日程。仕事しながら応援してますので、頑張ってください。


またOB中野佐資さんも、栃木県高校野球を地元ラジオで解説中。あらかたは終わってしまいまして、あとは今日の準々決勝戦ですね。
先日の日本生命戦は、日石OBとご一緒に応援だったそうです。

7/19(水)11:30 準々決勝 CRT栃木放送

【追記】
セガサミー-東邦ガス戦、三菱横浜OB・石垣健志さんちの永悟投手が2番手で登板。3人に投げ、三振・安打・エラーがそれぞれ1でした。セガサミーが勝ち、東京都勢全勝。

そして東芝-日本新薬戦。先発・岡野投手の右腕に、先頭打者のピッチャー返し直撃。いきなり暗雲でしたが、しかし7回まで投げぬきました。
ショート堀米選手が、好守備や先制打で活躍。解説の望山さんもおっしゃってましたけど、冒頭のショートゴロ処理はすばらしかったですねえ。新薬・榎田投手をKOし、4-2で勝利。プレーに必死感があふれていて、引き締まった試合でした。

これでベスト16となりました。
東芝さんは、明後日ホンダ熊本と。その翌日、三菱日立パワーシステムズはホンダ鈴鹿と。いずれもホンダ勢との対戦です。

 今年の都市対抗2次予選

神奈川新聞によれば、県野球協会総会が昨日おこなわれたそうで、西関東予選の方式一部変更が発表されました。

5/26・27 ブロックトーナメント戦
5/29~31 代表決定リーグ戦


ブロックトーナメントには、企業3チーム+神奈川クラブ4チーム+山梨クラブ2チームが参加。これを勝ち抜いた3チームが、代表決定リーグ戦へ。リーグ戦で決着がつかなかった場合はさらにトーナメント方式へというのは、昨年・一昨年と同じ。

ということは、まずはおそらく {(クラブvsクラブ)vs企業} のブロックが3つですね。クラブチームが企業と対戦するのは、さらに狭き門になりそうです。

 「10.19を中心に川崎球場の歴史を振り返る」

少年野球教室より先に、こちらを振り返ります。

170128-01.jpg生まれてないよという方もいっぱいいらっしゃるかなー、1988年10月19日のロッテ-近鉄ダブルヘッダー。15連戦中の近鉄が連勝すればパ優勝、引き分け・負けなら西武が優勝という大一番でした。普段閑古鳥が鳴く川崎球場に、大挙ファンが押し寄せて入場できなかった人も大勢いたという伝説の試合です。

川崎球場は富士通スタジアム川崎と名を変え、今は主にアメリカンフットボールで使われている模様。
都市対抗予選が横浜スタジアムに移ってから川崎駅で降りたことあるんだっけ?と思いながら、見慣れた通り・変わってしまった店を懐かしく眺めつつ、メインストリートを歩きました。

170128-02.jpg現在の正門を入ったところ。昔はこちらが通用門で、かたわらの小さな守衛室前にはタイムカードがありました。
この通用門へまっすぐ続く裏道があったのですが、現在は途中に軟式野球場ができ、その道がなくなってました。

170128-03.jpgフィールドでは、実況アナと選手3名による10.19を振り返るトークショーの真っ最中。
別棟の展示物を見て回りましたら、都市対抗は東芝の応援風景パネル程度。高校野球の新聞記事引き伸ばしなど、往年をしのばせるアマ野球の展示物も少々ありました。

14時から、おめあてのスタジアムツアー。スタジアム係員が要所で昔の写真を掲げながら、ロッテ応援団だった方がナビゲーター。

170128-04.jpgゴール付近のネットは、川崎球場時代から残るバックネットだそう。人が集まっている今このあたりが、バックネット裏席だったとか。
ああ、そう言われてみると、当時の位置関係と雰囲気が脳裏に甦ります。右手に立つのが、昔からある一塁側照明塔。

170128-05.jpgフィールド側からネット裏を見たところ。
このあたりがスタンド下の記者席で、都市対抗予選ではマネージャーたちが常駐する本部席でした。ネクタイ姿でキビキビ指示を出すマネージャーたちが、すごく大人に見えました。酔った社員たちが横断幕持って立ち入り禁止の外野席に入り、日産の内川マネがすっとんで注意しにいった風景なんかも思い出しました。

道路があった関係で、ライト側が狭かった川崎球場。実際には90mなかったとか。その分フェンスを高くしていたわけですが、高く上がりさえすればホームランという問題もあったそう。
都市対抗出場を決めた望山一生選手のサヨナラホームランはライトスタンドでしたが、ライナー性でしたから飛距離的にも充分だったんだろうな。

10.19場内からあぶれた人たちが上って見ていたという、近隣のマンション屋上。マンション管理者のご厚意で、限定人数だけ上がらせていただきました。
現在のスタジアム全景。スタンドがフットボール仕様に建てかえられ、足を踏み入れた時はピンときませんでしたが。いろいろ説明を聞いた後だと、当時を思い出すものがそこここに。

170128-06.jpg


茶色い芝が描くアーチ形は、昔の球場外壁と同じ形だそう。
照明塔の奥にある建物のあたりから向こうが、昔は関係者駐車場でした。ファウルボールが飛ぶと、ボンネットガラスを心配するマネージャーも多々でしたねえ。

170128-07.jpg

ナビしてくださった方は、川崎ロッテ応援団でいちばん年下だった方かな。参加者の中には、阪急応援団・近鉄応援団だったかしらと思う方もちらほら。プロ野球は応援団が内野指定席通路にいて、太鼓と笛と手拍子で少ない観客を盛り上げていた時代でしたね。



応援といえば、広瀬すずがチアリーダー役の映画 「チア☆ダン」 に、三菱重工横浜OB・塩澤信之さんのお嬢さんが出演されたそう。オーディションに受かって撮影に入ったという話は昨年うかがってましたが、ようやく3/11ロードショーだとか。
タウンニュースで記事にもなってます。
聞くところによれば、富士通スタジアム川崎で踊ってみたいという希望もお持ちだそうです。

ライバル校描いた「チア☆ダン」 金総高ダンス部OGが出演 タウンニュース
http://www.townnews.co.jp/0110/i/2017/01/12/365186.html

 川崎球場の歴史を振り返るイベント

今度の土曜は、三菱日立パワーシステムズの少年野球教室。
今朝の神奈川新聞に掲載されていましたが、同じ日に川崎でこんな催しがあるそうです。

富士通スタジアム川崎 presents
「10.19を中心に川崎球場の歴史を振り返る」イベント開催のお知らせ
 富士通スタジアム川崎
http://kawasaki-fujimi.com/info/2016/12/19/816/

懐かしいなあ、川崎球場。
野球教室のあと、余力があったら寄ってみようかな。
個人的に興味があるのはスタジアムツアーなのですが、ちょっと時間的にまにあうか微妙。

伝説の10.19。でも確かその頃は球場アルバイトも辞めていて、その激闘は見てません。1988年といえば、自分としては三菱重工横浜が初めて都市対抗代表になったことのほうが思い出深いです。
日本鋼管や東芝・日石・日産が強かった時代。都市対抗の展示もあるといいな。

 2017年度JABA大会日程

来年の公式戦日程が発表になってます。
選手権対象大会は、どの大会も16チーム参加。ワイルドカードなしの戦いになります。
これで複雑な星取り表とにらめっこしなくてすむかな。あ、でも決勝トーナメントの1~4位決めは、これまで同様に勝率や得失点率差の比較になりますね。やっぱりダメか。

2017年度JABA公式大会日程表
http://www.jaba.or.jp/taikai/2017/ichiran.pdf

この秋、JR北海道が業績不振のためクラブチーム化の発表。これを受けて、東北大会が北海道大会と兼ねることになりました。また日本選手権予選も、北海道と東北が統合。
都市対抗予選には言及されてませんので、こちらは今のままのようです。

2016年度第3回臨時理事会協議事項
http://www.jaba.or.jp/topics/2016/pdf/rriji_3.pdf


NTT北海道はクラブ化のあと廃部になってしまいましたが、JR北海道は当面クラブ化でしのいで、三菱横浜のようにいつか企業チーム復活できるといいなと思います。

当社硬式野球部の休部について JR北海道野球部
http://jrhokkaido-baseball.com/wp-content/uploads/2016/11/161104-3.pdf

前へ << | HOME | 


TOTAL Pages 47