Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 日立大会決勝/日立-MHPS 2

170419-01.jpg日立製作所-三菱日立パワーシステムズの決勝戦。握手の時にも笑顔の後藤隆之監督。

「1時間後に通り雨がくるから」 と、本部では試合前からシートをスタンバイ。準備万端でしたが、降りだすのが少し早かったようです。

スタメンです。先発マウンドは、日立・猿川拓朗投手。MHPS・大野享輔投手。

日立製作所
8濱元 6野中 3岡崎 9菅野 DH中村 7大塚 4高田 5森下 2中園 P猿川
三菱日立パワーシステムズ
8八戸 6鶴田 4久保 DH加治前 9常道 7河野 3佐々木 5竹内 2平野 P大野


170419-02.jpg    170419-03.jpg

1回表。ヒット・犠打のあと、菅野剛士選手の2ランでいきなり0-2

170419-04.jpg   170419-05.jpg

一塁側遠方から雷鳴が。そして早くも雨がポツポツ落ちてきました。

170419-06.jpg2回裏。大粒の雨となる中、常道翔太選手がレフト芝生席へホームラン! 1-2
ゆるーいスイングだったのに、あそこまで届くのが不思議。筋トレの成果でしょうか。

170419-07.jpg   170419-08.jpg

さらに佐々木勉選手の打球も、激しい雨を切り裂く弾丸ライナー。スコアボード下で雨やどりしている人たちの横へ突き刺さります。2-2、同点に追いつきました。

170419-09.jpg   170419-10.jpg

170419-11.jpg

170419-34.jpgこの回の画像が白くモヤっているのは、こんな感じの雨粒です。

球審的には、この回が終わったら中断を考えていたのでしょうか。しかし終わらぬ攻撃、どんどん激しくなる雨、ゴロゴロと雷の音。12時27分。ようやく雨天中断となりました。その途端、すぐそばでピカッ!と稲光。雨はともかく、バットに落雷なんてこともありますしね。通り雨を予想していたなら、もう少し早く中断しても良かったかも。

170419-12.jpgそうすれば、マウンドもこんなに水を含まないですんだのに。雨上がりののち、マウンドの淵にずらっとスポンジが並べられました。
やがて 「13時10分試合再開」 のアナウンス。

中断から約45分後に再開。ここでまたヒットを許すとMHPSが押せ押せになりますが、そこを押しとどめた猿川投手もさすがのエースです。

170419-13.jpg4回裏。常道選手がヒットで出塁。

170419-14.jpg河野凌太選手のレフト線二塁打で本塁を目指しますが、これは惜しくもタッチアウト。

170419-15.jpg   170419-16.jpg

しかしそのあと、竹内啓人選手の技ありタイムリーで3-2と逆転。
塁上で嬉しそうです、竹内選手。

170419-17.jpg  170419-18.jpg  170419-19.jpg

170419-20.jpg

平野智基選手の打球は伸びて、左中間を割ります。この二塁打で4-2。平野選手のヒットには、ベンチが大盛り上がりでした。

170419-21.jpg   170419-22.jpg

170419-23.jpg

170419-24.jpg5回表。浅いセンターフライに八戸勝登選手が突っ込みます。惜しくも捕球できず。しかしそれより何より、どこか痛めたようで芝生の上に倒れたまま。一時は担架も向かいますが、大丈夫とのことで再び守りにつきました。ただ次の回からは中西良太選手に交代。

170419-25.jpg6回表。岡崎啓介選手に追撃のソロホームランを浴び、4-3
7回表にも高田脩平選手にソロホームラン。4-4と追いつかれます。

170419-26.jpgなおもヒット・エラー・四球で2死満塁。
大野投手を諦め、三小田章人投手がマウンドへ。しかしストライクが入りません。日立大会は終盤ストライクゾーンに苦しむことも多いですが、力んで顔が完全に三塁側向いちゃってますから、これでは制球するのもなかなか難しそう。押し出しで4-5。逆転を許します。

8回から本多裕哉投手。9回表、二塁打2本でさらに1点献上。4-6

170419-27.jpg   170419-28.jpg

それでも。9回裏、先頭の竹内選手がヒットで出塁すると、何かが起こりそうな気がしてくるのが今年のMHPS。代打・龍幸之介選手のヒットで1死一三塁。しかも打席は、先日のタイブレークで満塁ホームランの鶴田翔士選手。あの日と同じ弾道を思い浮かべて、サヨナラだったらどうしよう!とソワソワ(笑)。

170419-29.jpg犠飛で5-6と追い上げます。が、反撃もここまで。

170419-30.jpg最後はセカンドゴロ。日立優勝です。

170419-31.jpg

日立製作所 6-5 三菱日立パワーシステムズ
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40009/19882.html


170419-33.jpg閉会式です。最高殊勲選手は、首位打者賞で6点目も叩き出した日立・中村良憲選手。
準決勝完投の奥村政稔投手が、敢闘賞に選ばれました。
ここまできたら勝ちたかったですが、今の段階としては準優勝も立派な成績ですね。

170419-32.jpg

 | HOME | 


TOTAL Pages 1