Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 北海道東北大会/七十七-TDK

MHPS戦の内容をお伝えするより先に、北海道東北大会で印象深かった七十七銀行-TDK戦を振り返ろうと思います。

予選3日目。
この試合で七十七が勝つか、タイブレーク突入、負けても2失点までならブロック1位。
TDK1位の条件は、勝った上でさらに室蘭がMHPSに勝つ。または5-0以上で勝ち、室蘭が2点以上取ること。後者の場合、TDKの失点に応じて室蘭の必要得点が増えます。

MHPSとしては、TDKが4点以上取って勝ってくれれば、総失点で2チームを下回って1位になれる可能性…という一縷の望み。あくまでTDK頼みです。でももうTDK1位の可能性は低く、都市対抗予選前ですしどこまで勝ちにこだわってくれるか疑問。まあ、七十七が1位になるほうが現実的です。後藤隆之監督も、甘い期待はされてないようでした。
七十七3失点の場合は、得失点率差の関係で微妙。

しかし。
1回裏、TDKの攻撃。ポテンヒットになりそうな飛球を七十七のセカンドがお手玉し、すぐそばまで駆け寄っていたライトが最後はキャッチ。場内、拍手と笑い。
風が強く、なんだか荒れた試合になりそうだなあという予感。

2回裏、TDKが三塁打とタイムリーで1点先制。おっ。MHPSにとって、ちょっと明るい兆し。

が、4回表七十七の攻撃。走者二塁で、二塁塁審がいきなり投手に 「ボークボークボーク!」 と連呼。この時自分はマウンドから目を切っておりましたが、見ると投手がスパイクの紐を結び直しているところ。はて?何があったやら。
周囲に伺ったところ、単にタイムをかけただけで、別にボークではない模様。
これで走者三塁へ。そしてTDKの守備が連鎖的にバタバタとして、1-1の同点に。うーん。

そして問題の4回裏、TDKの攻撃。
四死球3つで2死満塁のチャンス。でも次打者の打球は、セカンド正面へのボテボテゆるいゴロ。あー、ダメだチェンジだ。しかしセカンドが捕球態勢に入るその前方で、よけようともしない二塁塁審に当たります。え??
ルール上はヒット、野手を通過してないのでボールデッド。満塁の走者がゆるゆると進塁。思いがけない1点がTDKに入ります。七十七には、何とも気の毒としか言いようがありません。
さらにさらに、走者一掃の二塁打で5-1!

MHPSにとって待望の4点以上。七十七側スタンド上方で見ていたので、大っぴらに喜んで拍手するわけにもいきませんが、心の中は喝采です。TDK側だったら、応援の皆さんと一緒になってハイタッチしたいくらい。
「こんなことってあるんですねえ」 と、後藤監督も苦笑。
あるんですよねー。三菱重工横浜時代から、土壇場で変な運を持っているチームなのです。

その後TDKは5-4まで詰め寄られますが、最終的に9-4で逃げ切り。

170520.jpg


もし予選落ちだったら、その日のうちに帰浜予定だったMHPS。石巻からバス→仙台のホテルで荷造り→最終新幹線に間に合うか、前の2試合が長かったので微妙なところ。そんな時間との闘いも回避できることになった、TDK勝利でした。

これまで自分的には長野大会の審判レベルがワーストでしたが、今回の東北もかなり。この試合の他にも、ストライクのコールが変に遅れたタイミングで気持ち悪かったり、フェア・ファウルやアウト・セーフの判定が滅茶苦茶だったり、ストライクゾーンが大きく可変だったり。

特に地方では審判のなり手がいなくて大変なのかもしれませんけど、正しく裁いてくださらないと、選手たちの日頃の練習が水泡に帰しますからねえ。
この試合では笑ったMHPSですが、自分たちの試合では渋い顔も多々。審判に振り回された大会でした。

 | HOME | 


TOTAL Pages 1