Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 伊勢松阪/MHPS-新薬1

伊勢松阪大会。三菱日立パワーシステムズ-日本新薬戦。

新薬は前半だけで10残塁。満塁や二三塁がことごとく点にならないのだから、さぞかしストレスがたまったことでしょう。奥村政稔投手は制球に苦しみながらも、要所で三振を奪い失点を許しません。

佐々木勉選手のヒット、平野智基選手の犠打、久保晧史選手は四球。そして成田昌駿選手のタイムリー三塁打で奪った虎の子の2点を守り抜き、わずか3安打で勝利。

170930.jpg

終盤1点返された時は選手権予選の逆転負けを思い出してヒヤッとしましたが、今日は継投もしやすかったですね。奥村-浜屋-本多、3投手による盤石のリレーでした。

三菱日立パワーシステムズ 2-1 日本新薬
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40020/21408.html


結局昨日は帰宅が遅かったこともあり、今朝の練習見学を断念。
13時半開始予定だけどどうせ1時間くらい遅れるだろうとのんびり出かけたら、前2試合がやたら早く進み、予定時刻通りに試合開始。バスを待たず慌ててタクシーに乗り、着いたら1回裏でした。
教訓;油断大敵。

 全日本監督は桐蔭OB

170929.jpg今朝の神奈川新聞に、石井章夫監督登場。もと東京ガス監督、そして三菱横浜OB石井貴さんのお兄さまです。

奇しくも今回の大学ジャパンと社会人ジャパンは、桐蔭OBが監督。
桐蔭もすっかり古豪になってしまいましたが、監督交代したことでもあり、復活が待たれますね。

 伊勢松阪大会への道(再)

とりあえず今週末の天気は大丈夫そうですね。
昨年調べた観戦交通手段を再掲。→[伊勢松阪大会への道]

金沢G居残り組の練習を朝1時間くらい見てから伊勢に向かおうか、朝から向かおうか、まだ検討中。ただ、おのれの体力を考えると、まっすぐ向かったほうが良さげ。何泊するか決めかねていたので、まだ旅支度も完了してないんですよね。残業してからだとキツイしなー。

とりあえず今年最後の旅。楽しんできたいと思います。
現地でお目にかかる皆さま、よろしくです。

 関東リーグ/JFE-MHPS

関東選抜リーグ最終戦は、JFEに負けました。
今回後援会ツイッター速報はなく、JFEさんの速報見ながら仕事してました。追いつきかけたのに惜しかったですね。2勝3敗、関東選手権進出はならず。

JFE東日本 6-3 三菱日立パワーシステムズ
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40012/21397.html


この結果、伊勢大会で公式戦全日程終了ということになりました。
大人数での練習機会は、29日が最後になるのでしょうか。まあ故障者が何名かいらっしゃいますので、どのみち全員は揃いませんけれども。
今年の異常な大人数、一堂に会したところを見ることはもうないのかな。寂しいな。記念に全員のサインとか、早い内にもらっておけば良かったな。後悔先に立たず。

土曜は朝から伊勢に向かおうか、居残り組練習を見てから夕方行こうか、迷ってます。
決勝トーナメントに進めるか分からないですが、予報では火曜は雨っぽいですね。

 ふるさと納税

先日野球部の練習後に、ふるさと納税の話を小耳にはさみました。
もともとは地方出身者が故郷に住民税を割譲することが主旨なのですが、返礼品エスカレートで税収奪い合い、今はだいぶ主旨から外れちゃってますね。
実は自分も去年から始めました、ふるさと納税。生まれも育ちも神奈川県ですけど、県が納得いかない税金の使い方をしているので、だったら他の街に納めてみようと思って。

年収により限度額が違うので、まずはポータルサイトなどで目安額をシミュレーション。自分はこちらを使ってますが、他にも幾つか類似サイトはあります。

ふるさとチョイス
https://www.furusato-tax.jp/

要は、翌年の住民税前払い。前払いで返礼品がもらえるなら、その分お得。
5ヶ所までなら確定申告なしで手続きできます。ただ各所にマイナンバーや本人確認資料を送らないといけないため、確定申告でまとめたほうが簡単かもと、去年思いました。
去年はTDKのお膝元・にかほ市に寄付して、お米をもらったり。他にも地元特産品など、食品系が多いかな。

170924.jpgこれは、こちらのほうでは流通してないティッシュペーパー。三菱製紙の製品ということで、スリーダイヤに惹かれて北上市に寄付(笑)。

災害のあった街に、募金として納税する方法もあります。それも正しい税金の使い方ですね。

 亀川投手のその後

今月のMHPSエンジニアリング社内報に、亀川裕之投手引退のご挨拶が掲載されてました。
そして昨日届いたJABA会報には西関東地区特集があり、そちらにも亀川投手引退の囲み記事。

170920.jpgシャツ姿の写真を見ると、引退しちゃったんだなあと改めて思います。元気にサラリーマンされているでしょうか。

先日は、クラブチーム時代の首脳陣・先輩たち開催の慰労会があったそう。楽しい夜だったみたいです。

 台風一過

日本選手権がないとなると、今の人数での練習を見にいけるのは、ヘタすると今日が最後。
27日の関東リーグで勝てば10月中旬の関東選手権出場見込みですが、負けたら伊勢大会で今季終了。今年もそんな季節になっちゃいました。

170918-02.jpg台風18号は今朝方まで吹き荒れました。一塁側ブルペンには水たまり。

台風が去ったあとの、真っ青な空の下。風はちょっと強め、さわやかな陽気です。今日はコーチの用意したメニューではなく、思い思いに自主練習だそう。 

170918-01.jpg


170918-04.jpg若手内野手は、坂上真世コーチ相手にノック。
右は久木田雄介選手。下は矢野幸耶選手。
ちなみに斉藤裕次郎コーチは室内練習場へ。

170918-03.jpg

三塁側ブルペン、今日は屋根側の面しか使用せず。こういう時に、普段撮れない位置・角度から撮っておこう。捕手は、冨里悠捕手・佐々木玄捕手・長井涼捕手です。

170918-05.jpg

170918-06.jpg

170918-07.jpg後藤隆之監督に受けてもらう小林寛投手。贅沢。

浜屋将太投手が牽制の練習。走者・矢野選手。一塁は大野享輔投手。

170918-08.jpg

で、今度は大野投手がお手本なのか、左投げ。よく届きますねえ。

170918-09.jpg

こちらは高安健至コーチと平野智基捕手が、ワンバウンドキャッチの練習。

170918-10.jpg

成田昌駿選手と長井選手はティーバッティング。

170918-11.jpg   170918-12.jpg

長井選手と佐々木選手の捕手コンビ。成田選手と久保晧史選手の内野手コンビ。

170918-13.jpg   170918-14.jpg

170918-15.jpgこちらは伊藤慎悟選手・村山正誠選手の常葉菊川コンビ。
都市対抗で手首を痛めた村山選手。選手権の頃なら出場できる見込みでしたのにね。もう11年目ですが、今年が一番いいんじゃない?と思うほど、この春夏は攻守にハツラツとしたプレーを見せてくれました。切磋琢磨は来年も続きそうです。

 選手権関東予選/住金鹿島-MHPS 2

大森駅前でタクシーに乗ろうとしたら、目の前に読売スカウトご一行様。その中のおひとりは、金沢Gでも先日お見かけしました。お目当ては誰でしょうね。
今年はドラフト候補に何名か名前が挙がってますけれども、人数が多いからって根こそぎ持っていかれても困るなあ。

170917-01.jpg9/15は冨里悠選手の誕生日。選手権出場がバースディプレゼントになってほしかったけど、悔しい誕生日になっちゃいました。

170917-02.jpg鶴田翔士選手が前日に体調不良。ということで、今年はサードでの出番が多かったですが、急遽ショートに戻った栗林遥野選手。4-6-3のダブルプレーです。

170917-03.jpg激走の内野安打・佐々木勉選手に向けて、拍手喝采だったMHPSベンチ。
先制点のホームを踏んだ龍幸之介選手も、勉さんに腕を突き上げました。龍選手は絵になる男です。

東芝がサヨナラ勝ち、MHPSはサヨナラ負け、JX-ENEOSは圧勝。3チーム三様の戦いでした。
MHPS戦のあと、ENEOS戦を最初だけ見て帰ろうかなと思っていたのが、結局試合終了まで立ち上がる気もせず。嘘のように打ちまくるENEOS打線をボーッと見てました。
前にもあったなあ、こういうこと。予想外の負け方をしたあとは、放心しちゃいますね。
まあ今年はMHPSが終盤に逆転して、相手を放心させることの多かったシーズンではありますが。

 選手権関東予選/住金鹿島-MHPS 1

あと1ストライクで勝利だっただけに、このサヨナラ負けは呆然とするしかなく。

思えば過去には、金港戦で二塁打の前田選手、新薬戦でホームランの佐々木選手なんていう、あと1球で終わりからの起死回生同点打もあったわけですが、打たれた投手のショックはいかばかりかと実感。今日も、ゲームセットになるまで分からない、野球の怖さを改めて思わせてくれた試合でした。
※ご指摘いただいてスコアブック見返したら、1988年いすゞ戦・望山選手のサヨナラホームランも、2死2ストライク2ボールからの一打でした。

新日鐵住金鹿島-三菱日立パワーシステムズ戦のスタメンです。
先発投手は、鹿島・玉置隆投手。MHPS・奥村政稔投手。
玉置投手には、昨年10安打しながら完封負けを喫しました。今年も打たれ強かったですね。

170915-01.jpg

170915-02.jpg    170915-03.jpg

2回表。加治前竜一選手が二塁打で出塁し三塁まで進みますが、得点なく。
3回表は対馬和樹選手がヒット、常道翔太選手の送りバントで二塁進塁するも、これまた得点にはつながらず。

170915-04.jpg4回表
龍幸之介選手がレフト線ギリギリの二塁打。塁上で自賛の拍手です。彼の一生懸命さは、つい笑ってしまいます。

170915-05.jpg久木田雄介選手のヒットで2死一三塁。

玉置投手は落ちる球を多投。MHPSはそれをあえて狙っているのか翻弄されているのか、腰砕けのバッティングが目立ちます。佐々木勉選手の打席もそんな感じで、ここは普通のショートゴロかと思いきや、必死に走った足のほうが一瞬早く内野安打。あきらめちゃいけないってことですねえ。この間に龍選手が生還。1-0。ベテランのこの走りに、大喝采のベンチです。

170915-06.jpg   170915-07.jpg

170915-08.jpg

今日の佐々木選手、必死な思いがプレーにあふれてました。味方の送球のブレも、長い足をいっぱいに伸ばして捕球。そんな佐々木選手に、奥村投手も感謝のタッチ。

170915-10.jpg   170915-11.jpg

5回表。常道選手のヒット、八戸勝登選手の犠打、栗林遥野選手のヒットで1死一三塁。
つづく久保晧史選手の打球は、一塁線ボテボテのゴロ。ファーストが捕球してそのままタッチ、2アウト。
この時三塁走者・常道選手がギャンブルスタートだったのか、三本間に挟まれます。タッチから逃れた常道選手は三塁へ帰り着きますが、そこには栗林選手。結局ふたりとも三塁を離れ、ふたたびランダウンプレーで常道選手がタッチアウト。これはもう本塁へ突っこむしか道はなかったですねえ。

170915-12.jpg

6回裏。死球の走者をおいて、鹿島は投前送りバント。奥村投手は即座に二塁送球。二塁はアウト、一塁セーフ。

170915-13.jpg   170915-14.jpg
 
170915-15.jpgしかしショート栗林選手が左腿を押さえてうずくまり、塁審は走者に守備妨害を宣告。この場合打者走者もアウトです。
鹿島・中島監督が説明を求め、しばし試合中断。

170915-09.jpg7回表は、キャッチャーゴロでもまた一生懸命走った佐々木選手。捕球ミスでセーフ。
犠打で二塁進塁しますが、後続なく。もう1点がどうしても取れません。


170915-16.jpg8回裏。二塁打・四球で2死一二塁。終盤なだけに、一打同点のピンチです。
ここで走者の離塁が大きいと見た対馬和樹捕手が、二塁送球。虚を突かれた走者は戻り得ず、悠々タッチアウト。

ここまで2安打の奥村投手。最大の危機を切り抜けた、これで勝てる、運もこちらにあると思われましたが。 
9回裏。1死から四球・ヒットで一二塁。イヤな流れです。

170915-17.jpgライトへ抜けたと思った打球は、セカンド久保選手が追いかけて追いかけて捕球。抜けていたら同点を、アウトにするファインプレー。

しかし走者はそれぞれ進塁、2死二三塁。サヨナラの危機です。このあたり、見ているだけでも心臓バクバク。

170915-18.jpg5番・林悠平選手の打球は、ライトへ大きな当たり。サヨナラホームランか、捕れるか。大田スタジアム、ライト側の打球は風に乗ると厄介。一伸び足りませんでしたが、常道選手が飛びつくも打球はフェンスの金網に当たり、無情にはね返ります。

2者還りサヨナラ──。殊勲の林選手めがけて走る、鹿島の選手たち。欠けてますけど、画面の右隅で膝を落とす奥村投手がせつないです。

170915-19.jpg

最後に力尽きた奥村投手でしたが、この内容では継投のタイミングも難しく、心中するしかなかったと思います。
MHPSは7安打で1点。6回以降は無安打。要所で抑えた玉置投手を褒めるしかなさそうです。
2死、3ボール2ストライク。あと1球で大阪ドームだったのに。

170915-20.jpg
※鹿島は最終的に4安打です。

新日鐵住金鹿島 2x-1 三菱日立パワーシステムズ
http://www.jaba.or.jp/score_book/3/30503/21266.html

 相手は住金鹿島

代表戦の相手は、新日鐵住金鹿島に決まりました。
都市対抗予選では、かずさ・ホンダを破り南関東第一代表戦までいったオールフロンティア。接戦になるかと思いましたけど、コールドゲーム。鹿島の圧勝でしたね。

三菱日立パワーシステムズと鹿島の過去の対戦というと。
印象深いところでは、2009年東北大会準決勝で勝ってます。坂上選手のヒット、佐々木選手のタイムリー二塁打で先取点。
2010年選手権予選も、佐々木選手の先制2ランで勝利。
2014年の日立大会リーグ戦でも、対馬選手の活躍などで勝利。
ただ昨年2016年選手権予選は、鹿島・玉置投手相手に10安打しながら無得点というチームワースト記録で、亀川・大野投手を見殺しに。

今年になってからは、また日立大会リーグ戦で勝ってます。
でも勝負事はやってみないと分かりません。15日の結果や、いかに。

そして明日は、東芝さんがJFE東日本と代表戦。9時からです。仕事しながら応援してます。

試合速報 JFE東日本硬式野球部
http://www.jfe-steel.co.jp/works/east/baseball/sokuho.html

【追記】延長11回。佐藤旭選手のサヨナラホームランで代表を決めたとか。おめでとうございます!

 選手権関東予選/雨天順延

日本選手権関東予選は本日1試合だけおこなわれ、あとの2試合は雨天順延となったそうです。それにともない、三菱日立パワーシステムズの試合も15日にスライド。時間はそのままです。

相手がどちらになるか、早く決まってほしいですねえ。

http://www.jaba.or.jp/taikai/2017/syakaijin/pdf/kanto.pdf

 バッテリーを忘れました

金沢Gに着いて、カメラのスイッチを入れても何も表示されず。
あ! バッテリーを充電器に差し込んだまま忘れた! うっわー、またやっちゃった。何度目だ。

だから今日はスタンドで見てますねと後藤隆之監督に挨拶したら、スポーツドリンクを差し入れてくださいました。「ドンマイ」 って感じかな。監督は気配りの人です。

170910-01.jpg

大人数のダッシュを今日は広角で録ろうと思ったのに、残念。先週は中望遠レンズで全員が入りきらなかったので、録り直したかったんですよねえ。かけ声は塩見泰史選手です。



基本的に先週も今週も練習内容は似たようなものなので、とりあえず先週あぶれた写真を貼っておこうかな。

170910-02.jpg 170910-03.jpg 170910-04.jpg

170910-05.jpg 170910-06.jpg 170910-07.jpg

170910-08.jpg  170910-09.jpg  170910-10.jpg
 
170910-11.jpg


河野凌太選手の後ろで、微妙なカメラ目線とVサインは矢野幸耶選手。

170910-12.jpg  170910-13.jpg

平野智基選手は、先週のオープン戦で満塁ホームランを打ったとか。盛りあがったでしょうね。見たかったなあ。

170910-14.jpg  170910-15.jpg

今日は成田昌駿選手のご家族が見学にお見えでした。サルさん相手の打撃練習、間近で見られて良かったですねえ。

170910-16.jpg 170910-17.jpg 170910-18.jpg

170910-19.jpg  170910-20.jpg

170910-21.jpg

いよいよ今週は日本選手権予選。

21チームで4枠を争った2007年。三菱横浜クラブはJFEに負けたものの、敗者復活でかずさ・日立に勝ち、涙と歓喜の代表権でした。
第34回日本選手権神奈川県予選
http://www.jaba.or.jp/taikai/old/07jaba/sensyuken/kanagawa_2/index.html
第34回日本選手権大会・関東代表決定戦
http://www.jaba.or.jp/taikai/old/07jaba/sensyuken/kanto_2/index.html

今年は16チームで5枠。2007年に比べたら格段に楽なはずですけど、一発勝負の怖さがありますね。相手はオールフロンティア、鹿島、どちらになるでしょうか。日程的には12日の雨予報も気がかりです。
第43回日本選手権大会・関東代表決定戦
http://www.jaba.or.jp/taikai/2017/syakaijin/pdf/kanto.pdf

 龍と竜

170909-1.jpg1年目で堂々4番の働き。龍幸之介選手は皆から 「リュウ」 もしくは 「コウノスケ」 と呼ばれます。

170909-2.jpgこちら加治前竜一選手は 「カジさん」 と呼ばれることが常ですけど、たまに 「リュウさん」 と呼ばれることも。しかも龍選手がそう呼んだりして。

龍と竜。新人とベテラン。バットでチームを引っ張るふたりです。

最近皆がよく着ている長崎のTシャツ。右脇に風車、左脇に錨がプリントされてます。おしゃれ。

170909-3.jpg   170909-4.jpg

 新聞雑誌掲載

三菱日立パワーシステムズの日本選手権予選まで、あと1週間。
昨日の毎日新聞夕刊に、後藤隆之監督のインタビューが掲載されました。
「長打を追い求めたい」 とありますが、確かに今年は二塁打が多いんじゃないかな。

社会人野球・監督考 三菱日立パワーシステムズ・後藤隆之氏  毎日新聞夕刊
https://mainichi.jp/ama-baseball/articles/20170906/dde/035/050/051000c


170907.jpg先日紹介した週刊ダイヤモンドは、バックナンバーを楽天マガジンアプリでお試し閲覧。
そのついでに週刊ベースボールも読んでいたら、三菱日立パワーシステムズ関連の記事が載ってました。週刊ベースボールオンラインでも冒頭だけ読めます。

今年はいろいろと注目度が高いですね。

ドラフト逸材クローズアップ/本多裕哉(三菱日立パワーシステムズ・投手)  週刊ベースボール
http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=059-20170911-01
三菱日立パワーシステムズ統合元年に結束して4強進出
http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=022-20170821-02

 改めてMHPS野球部の戦績

三菱重工長崎は、都市対抗出場17回、準優勝2回。日本選手権出場11回、優勝1回。
1918年創部、今年で100年目でした。歴史と実績を兼ね備えたチームですよね。
そして後藤隆之監督は、長崎が2001年に選手権優勝した時のMVP投手でした。

監督と昨日話していた時、横浜が何度大会に出ているのかうろ覚えだったので、ザッとおさらいしてみます。ちなみに2011年は東日本大震災で、都市対抗兼日本選手権でした。
日本選手権は以前は神奈川予選+関東予選だったため、より狭き門だったかも。
本大会では初戦敗退もけっこうありますが、内容は濃かったです。

【都市対抗】 出場8回 10勝8敗、勝率0.556
  1988年 ベスト8    悲願の都市対抗初出場。小野賞受賞
  1996年 初戦敗退   新日鐵八幡に1-20でコールド負け
  2009年 初戦敗退   13年ぶりの本大会。初の第一代表
  2010年 ベスト4    初戦は王子にタイブレーク勝ち
  2011年 初戦敗退   JR東北に完全試合喫す 
  2013年 2回戦敗退  ドラフト候補多数の日本生命に勝利
  2016年 2回戦敗退  前年優勝の日本生命に完封勝利
  2017年 ベスト4     日本生命に3連勝


100905-30.jpg


【日本選手権】 出場5回 4勝5敗、勝率0.444
  1993年 初戦敗退   エース石井貴
  2007年 初戦敗退   クラブチームとして悲願の全国大会へ
  2009年 ベスト4    2回戦で森脇選手が決勝ホームラン ※訂正 
  2010年 2回戦敗退  1回戦は分散開催
  2012年 初戦敗退   NTT西にタイブレーク負け


170904-1.jpg


ついでに創部のほうも振り返ってみると。
横浜の創部は 『グランドスラム』 誌では以前は1971年になってましたが、2011年誌面からは1964年になってます。

今年の後援会報をもとに沿革をまとめると、こんな感じ。1957年は、三菱川崎創部の年としてそちらに引き継がれました。

170904-3.gif

1964年から数えて、休部の空白を除くとちょうど50年。長崎の半分ですね。
ただ 「一度分割した横浜と川崎だけど、佐々木・斎藤が来たことで、分かれたチームがまたひとつになった気がする」 と、2009年当時の郡司野球部長がおっしゃってました。そういう意味では、1957年創部と思ってもいいのかもしれない。

そして長崎100年の歴史も加わりました。

 禁煙ノススメ

今日は曇り。
昼頃には晴れましたけど、だいぶ気温が低く、しのぎやすかったです。野球日和でした。

170903-01.jpg

投手たちは今日もまずノック。

170903-02.jpg


170903-03.jpgこちらは成田昌駿選手・矢野幸耶選手の新人二遊間コンビ。

170903-04.jpg猿渡寛茂さんと守備練習中の鶴田翔士選手。名手でも、みっちり基礎練習。

170903-05.jpg小野寺颯人選手は、捕手から三塁にコンバートだそう。久木田雄介選手・矢野選手と一緒に内野ノックを受けてました。

バント練習中の栗林遥野選手。ライン際に立ってプレッシャーをかける八戸勝登選手たち。

170903-06.jpg


170903-07.jpg前田雄気捕手。
今月誕生日の画像を探していて、そういえばバット持ってる姿を最近撮ってなかったなーということで、ここで一枚。

170903-08.jpg常道翔太選手の 「やーえー」 が、このところ聞こえなくなって。ふと思うに、この声援で八戸選手が打つと言うよりも、常道選手の調子が良かったような気がします。

左手でキャッチボールの和氣暉親選手と久保晧史選手。捕球の時だけグラブをいちいち持ち替えながら、器用です。

170903-09.jpg    170903-10.jpg

余談ですが、最寄り駅まで帰り着いたところで、MHPSがお世話になっている旅行社のおふたりにバッタリ。びっくり。お互い 「なぜここに??」 でした(笑)。おふたりは今日は大学野球のほうだったそうで、和氣選手の母校が勝利したとか。

170903-12.jpg先日の秋季大会で得点を決めた矢野選手。ベンチでもとても楽しそうに応援していて、見ているこちらも楽しかったです。

前週フルスイング特集をしましたが、フルスイングといえばやっぱり佐々木勉選手。そして塩見泰史選手もダイナミック。

170903-11.jpg    170903-13.jpg

今日は、個人練習につきあう首脳陣特集をば。
こちらは久木田選手と斉藤裕次郎コーチ。確かに、微妙に窮屈そうなバッティング。
斉藤コーチはこのあと、二橋選手のフリーバッティングにも最後までつきあってました。

170903-14.jpg    170903-15.jpg

170903-16.jpg内野転向の小野寺選手に、フットワークの練習をつける坂上真世コーチ。鍛え甲斐がありそうです。

170903-17.jpgサブグラウンドでは、高安健至コーチと佐々木玄捕手がスローイング練習。高安コーチは現役時代、強肩で盗塁をビシビシ刺して、かっこよかったんですよねえ。

170903-18.jpgこちらはサルさんと二橋大地選手。二橋選手も三塁から一塁へコンバート中。
二橋選手は大谷翔平選手から打ったホームランの印象が強いですが、ホームランバッターではない気がするなー。

後藤隆之監督と勝負の選手たち。渋谷ロバート選手・八戸勝登選手・龍幸之介選手。
龍選手は監督のスライダーに感嘆しつつ、「4回コールド勝ち!」 の勢いで打ちまくってました。誰に対しても物怖じしない龍選手は、大物です。

170903-19.jpg    170903-20.jpg


まだまだ横浜の選手は線が細い、この冬には相当鍛えますよ、という後藤監督との会話から、喫煙者がいっぱいいるけどあれはいかんという話に。せっかく筋力つけてもタバコで効果半減、集中力も欠けるとのこと。なので、技量が同じなら喫煙者のほうを落とすそう。おお、シビア。

3年ほど前に連盟からユニフォーム着用中は全面禁煙の通達が出ましたけれども、やっぱりスポーツ選手の喫煙は見た目もかっこいいものじゃないですしねえ。世の中的にも喫煙者はどんどん肩身が狭くなってますし、中毒症状の緩和ケアに禁煙外来なんてものも出来てます。何十年も野球をやれるわけでもないですから、せめて現役時代だけでも禁煙してみたらいかがでしょうか。

 週刊ダイヤモンド

『GRAND SLAM』 誌を編集執筆されている横尾氏が、『週刊ダイヤモンド』 で社会人野球のことを連載されてます。MHPSも相当激動の歩みですが、8月上旬に取りあげられた三菱自動車岡崎も苦難の連続だったり、どのチームも順風満帆ではないのだなあと思わされます。

170902-1.jpgで、先週今週は三菱日立パワーシステムズ前後編。
表紙はこんな感じ。

170902-2.jpg前回記事は、半分が三菱重工横浜の歴史。もう半分が三菱重工長崎と統合への話。
今回は、統合後のチーム運営、そして今後についての考え方など。後藤隆之監督への取材をもとにまとめられていました。

ちょっと気になったのが、今回見出しにある 「他力本願」。
弊社に僧侶の娘がおり、先日彼女が言うには。──他力本願とは仏教用語で、阿弥陀如来が救済することを言い、決して人任せという意味ではない。以前広告に他力本願という言葉が使われたことがあったが、宗教方面から抗議が入った──。
確かに辞書にもそう書いてありますね。自分も誤用してたなあと思ったばかりなので、気になりました(笑)。

【追記】
「載ってましたね」 と後藤監督に話を振ったところ、ご存じなかった様子。本誌送られてこないのでしょうか。

 9月の誕生日

今月誕生日を迎える皆さまです。おめでとうございます。

170901-01.jpg
9/8 渋谷ロバート選手 

170901-02.jpg
9/15 冨里悠捕手

170901-03.jpg
9/16 伊藤慎悟選手

170901-04.jpg
9/22 佐々木玄捕手

170901-05.jpg
9/23 前田雄気捕手

170901-06.jpg
9/23 平尾泰勢選手

170901-07.jpg
9/24 久木田雄介選手

170901-08.jpg
9/28 江越海地選手


170901-09.jpg9/1 飯塚富司さん(パ審判)
9/2 門西明彦さん
9/5 来嶋慎也さん   
9/11 安達義春さん・門間真さん・佐藤潤一さん
9/12 里木雅彦さん・塩澤伸之さん
9/16 石垣健志さん


 | HOME | 


TOTAL Pages 1