Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 2018東京六大学-社会人対抗戦

三菱日立パワーシステムズが、4年ぶりに六大学-社会人対抗戦に出場します。
今年は高安健至コーチの母校・慶應大学と対戦。

2018東京六大学-社会人対抗戦 東京六大学野球連盟
http://www.big6.gr.jp/game/shakaijin/2018/2018shakaijin_schedule.html

3/31 (土) 13:30 慶大-MHPS 神宮球場

いつもは会社の昼休みにちょこっと見にいく程度でしたが。今回は土曜日なので、しっかり見られます。

 東芝の監督人事

先週話題にしそびれたことが幾つか。
東芝公式サイトではまだ発表してませんが、毎日新聞が記事にしてるのでそろそろこちらに触れましょう。

180128.jpg今季の東芝は、工藤監督から平馬淳監督に交代。良くも悪くもものすごくしぶとくて個性的な選手だった彼のことですから、どんなチームに改革してくることか。中野コーチ・椎葉コーチも退任だそうなので、新任コーチはどうなるのかな。
今年の東芝はまた怖そうですね。

指導者に聞く 日本一だけでは満足せず 東芝監督・平馬淳氏
https://mainichi.jp/ama-baseball/articles/20180125/ddm/035/050/046000c

 少年野球教室

今年も少年野球教室がおこなわれました。
市内の少年野球チームや個人参加のお子さんたち、総勢154名だそう。盛況です。

180127-01.jpg


180127-02.jpg選手と一緒にウォーミングアップ。
最後は甲斐翼投手とハイタッチ。

180127-03.jpg森脇慶太マネージャーは、あちこちで動画撮影。すっかりインスタグラマーと化してました。

先日の雪で、内野には霜柱。キャッチボールの頃にはすっかり溶けて、グラウンドコンディションはイマイチ。主な練習は芝生の上でおこなわれました。

180127-04.jpg

180127-05.jpg

全員の写真は貼れませんが、何名かベタ貼り。
ゴロやフライの守備練習。龍幸之介選手はここでも熱く指導。ブレません。

180127-06.jpg   180127-07.jpg

180127-08.jpg   180127-09.jpg

180127-10.jpg 180127-11.jpg 180127-12.jpg


180127-15.jpgバッテリーは、ブルペンでの投球練習や芝生でスローイング練習など。
奥村政稔投手たちはグラブとボールを使って、ゲームのような足腰強化練習。楽しそうでした。

180127-16.jpg   180127-17.jpg

180127-13.jpg   180127-14.jpg

180127-18.jpgこちらは低学年担当かな。
低温注意報の昨今ですが、風もなく暖かくて良かったですね。

180127-19.jpg   180127-20.jpg

次の練習に移るまで、しばしマッタリ&ほのぼの。

180127-21.jpg   180127-22.jpg

片手にバット・片手にグラブで、ノックとキャッチの二刀流。

180127-23.jpg   180127-24.jpg

暴投にも軽やかにジャンピングキャッチの栗林遥野選手。

180127-25.jpg 180127-26.jpg 180127-27.jpg

渋谷ロバート選手が、バッティングのデモンストレーション。
下がぬかるんでいるため、お子さんたちはスタンドからの見学です。

180127-28.jpg

180127-29.jpg次はバックスクリーン前に場を移して、質疑応答。
その前に、日陰の雪と戯れるお子さんたち。
一面の銀世界、どんな感じだったんでしょうね。見たかったなー。

マイクを持って森脇マネが司会。質問では、今年も渋谷選手が人気でした。しかしプロフィールを問われ 「甲子園常連のPL学園出身」 と冗談で応答、思いきりすべってました。

180127-30.jpg   180127-31.jpg

「甲子園に出場したことある人」 「結婚してる人」 などなどの挙手ものや、「守備が上手くなるには」 「速く走るには」 「150キロ投げるには」 などの指導ものまで、あれこれ質問タイム。
最後は平野智基主将の挨拶で締めました。

180127-32.jpg

今日は中望遠レンズしか持っていかなかったので、この人数だと正面から入りきらず。横から1枚。

180127-33.jpg

参加記念品を選手たちが配ります。最後は渋谷選手とハイタッチ。

180127-34.jpg   180127-35.jpg

180127-36.jpg今日配られたのは、三菱重工のロゴ入り下敷きと鉛筆。野球とともに勉強も頑張りましょう。

今日は亀川裕之さんと瀧諒太さんもグラウンド来訪でした。また来てね。

  2018年度選手権対象大会出場チーム他

JABA公式。今年はキャンプ日程がなかなか発表されないなあと思っていたら、日程と併せて一気に掲載されました。

2018年春季合宿一覧
http://www.jaba.or.jp/topics/2018/pdf/gassyuku.pdf
三菱日立パワーシステムズの春季合宿は、今年も指宿。
飛行機苦手なのでこれまで二の足踏んでましたが、今年は見にいこうかと。当然陸路。時間を有効に使うには仕事終わって夜行列車というルートも楽しそうですが、岡山広島あたりで一泊して翌朝始発で向かったほうが体が楽そうです。
ただ、思い描いた日程に休暇が取れるかがちょっと微妙でして。このところ親会社の都合に振り回されております。

2018年都道府県連盟主催
http://www.jaba.or.jp/taikai/2018/kenren/index.html
県春季大会は3/16から6日間。いつもより1日多いですけど、どんな組み合わせになるのかな。企業チームは、例年通り日程終盤に登場ですよね。
県交流戦・県秋季大会は、8月中旬・下旬で日程調整中だそう。

2017年日本選手権対象大会
http://www.jaba.or.jp/taikai/2018/jabataikai/index.html
今年のMHPSは、4月の四国大会・長野大会、5月の九州大会に参加。
長いこと会ってない友人が愛媛におりまして。「四国へ行きたい」 の念願がようやく叶ったのですが、今年は高知開催。高知から愛媛松山まで、JRだと4時間もかかるという。何それ。横浜から広島まで行けちゃうじゃん。
高速バスだと2時半。四国は中央を山が分断しているので、移動がなかなか厳しいですねえ。

長野はまた桜の時期だと嬉しいなあ。
九州は、最終新幹線の関係で第3試合の最後まで見られず日帰りということも、2013年にありましたが。指宿の旅を調べていて、岡山・姫路あたりからの夜行列車があることが分かったので、第3試合が19時過ぎても大丈夫(笑)。

2018年地区連盟主催大会
http://www.jaba.or.jp/taikai/2018/chikuren/index.html
伊勢松阪大会は、今年も西関東から1チーム参加。今のところ未定。
大田スタジアムが改修で使用できないため、関東リーグは大宮・浦安などでもおこなうようです。

第89回 都市対抗野球大会|2次予選大会一覧
http://www.jaba.or.jp/taikai/2018/toshitaikou/yosen_2.html
西関東予選は5/19・22にトーナメント。5/25~27に代表決定リーグ戦。昨年と同じ形です。リーグ戦で三つ巴になった場合は、6/1からトーナメントをおこなう予定だそうです。

第44回 社会人野球日本選手権|最終予選
http://www.jaba.or.jp/taikai/2018/syakaijin/saisyu.html
こちらも大田スタジアムが使用できないため、関東予選は群馬の太田球場にて。わ、遠すぎてつらい。これはもう、選手権対象大会で優勝していただくしかないですね。

 雪だるま

皆さま無事帰宅できたでしょうか。
夕方にはかなりの遅延や改札入場規制など、あちこちの駅で混乱しているようですね。

都内でも昼前から雪が降りだし、早めの帰宅令が社内に配信されました。最寄り私鉄がまだ通常運転なことを安心しているうちに、神奈川県内のJRが軒並み運休の報。慌てて仕事をたたんで帰ってきました。ただまあその時点では、ちょっと大げさなネット情報だったようです。

暗くなる前に帰り着いたので、当然カメラを手に近所の公園へ。吹雪が楽しい(笑)。
カラーで撮ってもモノクロの世界。

180122-1.jpg


180122-2.jpg早くも雪だるま。これは海外の方が作ったものかな。日本人だと2段ですけど。

雪だるまといえば、日ハム・新垣勇人投手の2年前のツイートを思い出します。とても可愛い東芝雪だるま。

新垣勇人 Twitter
https://twitter.com/hayato_arakaki/status/688976668556275712


180122-3.jpgあ!そうだ!と、頭にメガホンを乗せてみたMHPS雪だるま。
まだまだ雪が激しく降り続いているので、小さめのしか作れませんでしたけど。

 神奈川高校野球ベストナイン投票/昭和編

昨日は、元東芝選手のお店で新年会。おいしい料理をいただきながら、都市対抗初出場時代などの昔話に花が咲きました。

店長さんは、横浜商業(=Y校)で甲子園にも出ているそう。その県決勝の相手が神奈川工業と聞き、え!あの時の?という感じ。1990年。神奈川県ではまず滅多にない、公立校同士の決勝戦でした。決勝戦だけ横浜スタジアムに応援に行ったなあ。
松下安男MHPS後援会事務局長は、あの牽制の名手桐蔭・志村亮投手と甲子園で対戦しているのだそう。初耳。「塁に出たら絶対リードするなよ」 という指示が監督から出たそうです。


その志村投手も候補。神奈川新聞での高校野球特集で、昭和のベストナイン投票がおこなわれてます。締め切りは4/30。
左は好投手ばかりで、選びきれません(笑)。

神奈川高校野球ベストナイン 昭和編 カナロコ
http://www.kanaloco.jp/article/302686

 野球教室

三菱日立パワーシステムズ野球部恒例の県教育委員会との連携事業、訪問中学野球教室が本日おこなわれました。

今年は横浜市・川崎市・秦野市・横須賀市の4ヶ所。川崎市をちょっとだけのぞきにいこうかと思っていたのですが、残業続きで睡眠不足。昼過ぎまで起きられませんでした(^^; AB型は睡眠不足に弱いのであります。

各地の様子がインスタグラムにアップされてます。県のページにもそのうち載るかな。
https://www.instagram.com/mhpsbaseball/
KDAC ケイダック 具体的連携事業
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/p501090.html


昨年12月には、鹿児島県徳之島高校でも後藤隆之監督が野球教室をおこなったそうです。
そして来週は少年野球教室。

 渋谷選手の連続写真

誰がいちばん伸びしろがあるかといえば渋谷か甲斐だろうと、先輩たちが口を揃えます。
渋谷ロバート選手のティーバッティングは、隣にいる村山正誠選手がギョッとするほどの迫力ある打球音。これはもう天性のものですね。
控えめな性格に見える渋谷選手。良い意味で目立ち根性が芽生えたら、その伸びしろを活かすことができるかな。

昨年末に約束した渋谷選手のバッティングフォーム撮影を、昨日少々。
その動画から連続写真を作成してみましたが、背景がゴチャゴチャしてたので、上半身切り抜いて空の色を背景に。いやー、これが想定をはるかに上回る手間でした。次の機会は背景がめんどくさくない場所で(^^; 

180114.jpg


※スロー再生・コマ送り再生をその場で見たいというご要望があれば、いつでもどうぞ。

 この時期ならではの練習

予報では最低気温マイナス2度。起床時はかなり気温が下がってましたけど、昼間はそれなり。風がなかったため、意外と寒くはなかった金沢Gでした。

先日の神奈川新聞コラムで新潟出身の作家さんが、正月の新潟の曇天と神奈川の青空の対比について書いてましたが、新潟出身の五十嵐大典選手も同じような話を。新潟では氷点下7度とかしょっちゅうで、「冷たいどころじゃなく骨が痛い」 のだそう。想像がつかない寒さです。

180113-01.jpg器具を使ってのアップなど、練習は早くも通常営業。
今日はJABAの指導者講習会。後藤隆之監督と斉藤裕次郎コーチはそちらへ出席だったようで、不在でした。

今年も迫力の全員ダッシュでは、中西良太選手が飛びぬけて加速。故障箇所にメスを入れ昨年終盤は棒にふりましたが、今年は出番を増やしたいですね。

180113-02.jpg

半数は筋トレへ。残った半数はポール間ランニング10本。

180113-03.jpg鶴田翔士選手と対馬和樹選手。対馬捕手は昨年は体重が増え飛距離も伸びたことから、今年は体重3ケタを目指しているそうです。腰の切れが悪くならない程度の増量でよろしく。

180113-04.jpg佐々木玄捕手と田中宏章投手。新人コンビ…と言いたくなりますが、もう2年目ですね。今年は下が入りませんので、彼らの世代が突き上げていくしかない。頑張れ。

180113-05.jpgバックスクリーン前を走る本多裕哉投手と松田浩幸投手。
スローガンの横断幕が取り外されています。今年はどんなスローガンでいくのでしょう。小耳に挟んだ感じでは、選手案の中から選ばれるみたいですが。

180113-06.jpg左腕を突きあげて気合いを入れる三小田章人投手と、淡々と走る大野享輔投手。バラエティに富んだ投手陣。今年は誰がいちばん目立つかな。

河野凌太選手・矢野幸耶選手のペアは、河野選手がずっと引っ張っている感じでしたけど。最後の1本だけは矢野選手が猛烈スパート。1枚の画像じゃ収まりきらないほどの差をつけてゴール。置いていかれた河野選手は、あっけにとられた表情でした。

180113-07.jpg 180113-08.jpg 180113-09.jpg

完走後ガッツポーズの龍幸之介選手。その龍選手とタッチの園田崇人選手。選手たちと一緒になって走っていた高安健至コーチは、大きく両手を広げてゴールイン。皆さんナイスランでした。

180113-10.jpg   180113-11.jpg

180113-12.jpg


そして野手陣は坂上真世コーチにノックを受けます。ティースタンドに置いたボールに当てた選手から一抜け。ところがこれが当たらない当たらない。

180113-13.jpg

対馬捕手、惜しい! 加治前竜一選手も惜しい! 惜しいボールのたびに、一同から歓声。

180113-14.jpg   180113-15.jpg

置いたボールではなくスタンドに当たった選手もいましたけど、もちろんそれはNG。
惜しかった鶴田選手の軌道を合成してみました。バックネット前には、当たらなかったボールがたくさん。

180113-16.jpg

180113-17.jpg「当てるとしたら矢野だな」 の声が選手から。正解。ただひとりのストライクでした。

180113-18.jpgこの時期恒例の守備練習。ひたすら体を虐めます。

捕手・内野手・外野手などいくつかのグループでおこなうので、どれも撮りたくてチョイスに迷ってしまいます。

180113-19.jpg

180113-20.jpg   180113-21.jpg

180113-22.jpg居残りノックを受けていた常道翔太選手と二橋大地選手。
やがて、一塁ベースのところに置いた防球ネットへの送球まで含め、5球連続ノーエラ-で終了ということになり。常道選手は早々に終了。

180113-23.jpgところが二橋選手は4球目が鬼門。何度やっても3球目か4球目で送球ミス。「試合で2回守備機会があったら、そのあと交代だな」 と坂上コーチも苦笑でした。
ヘトヘトになりながらも何度もトライして、やりきった二橋選手は充実の笑顔。背中から湯気が立ちのぼってました。

名手といわれる選手にうかがうと、やはり自分から求めてきつい練習をやりきったことが自信になり、試合での成功体験にも繋がったという話をよく聞きます。俺のところに飛んでこい、絶対アウトにしてやると、ピンチで打球を呼べるくらいになったら一流ですよね。

 和氣選手が神戸高砂へ

180111-01.jpg和氣暉親選手が、1/1付けで神戸高砂へ異動。

三菱重工は2018年度事務系新卒採用はおこなわないと報じられ、野球部の新人採用もなかなか厳しい模様。そんな中、人数の多いMHPSから人数の少ない神戸高砂へと、活躍の場を移すことになりました。
今年のMHPSは、兼任コーチ2名を含め選手37名。

2018年シーズンより1名の移籍選手が加入しました! 三菱重工神戸・高砂硬式野球部公式サイト
http://mhikobe-stand.mhi.co.jp/topics/2018011102.html
移籍選手について 三菱日立パワーシステムズ硬式野球部
http://www.mhps.com/baseball/topics/20180112.htm


神戸高砂とは、昨年の日立大会で対戦しました。和氣選手は9番サードでスタメン。もともとはショートです。

180111-02.jpg   180111-03.jpg


背番号は4から2へ。
年末のOB会では、「皆とドームで対戦するのを楽しみにしています」 と挨拶されました。ぜひ再会したいですね。

 MHPS2018始動

どんより曇った空の下。三菱日立パワーシステムズ野球部2018年の始動です。

と言っても、今日は体慣らしの自主練習程度だそう。
9時からのミーティングのち、選手たちはグラウンドで思い思いにジョギング。

180108-01.jpg


180108-02.jpg常道翔太・松田浩幸・園田崇人選手ら、2015年入社同期組。最初からとても仲良かったですが、相変わらずつるんでます。その右を走ってる奥村政稔投手も、同い年ですね。

180108-03.jpgところどころで雑談に花も咲きます。話題はもっぱら休暇中のこと。
こちらは右から、2010年入社同期の五十嵐大典・鶴田祥平選手。左側の村山正誠選手もほぼ同年代。

五十嵐選手のお宅では、奥さまやお子さんが次々具合が悪くなってしまい、看病や子守に追われたそう。それは正月どころじゃなかったですね。
インフルエンザが流行中だと報じられてます。乾燥してますので、今夜は恵みの雨かも。

寮住まいの皆さんは全員帰省されたのかな。九州に戻って、旧長崎野球部の方々と会われた選手もいらっしゃったとか。昨年の戦績には安心してもらえたでしょうか。

キャッチボールする選手は半分くらい。

180108-04.jpg


さっそくティーバッティングやペッパーをおこなう方々も。左上から右へ、八戸勝登・二橋大地・佐々木玄・龍幸之介選手たちです。

180108-05.jpg  180108-06.jpg

180108-07.jpg  180108-08.jpg


180108-09.jpg11連休中ひたすら引きこもって長い距離歩いてないので、久しぶりに歩いたら膝が痛い(笑)。
守備のうまい選手は膝の使い方が柔らかいよなあと、村山選手や鶴田翔士選手の捕球を見ていて思いました。

180108-10.jpg


180108-11.jpg誰もいなくなったグラウンドで、最後まで走っていた平野智基選手。
長崎で若き主将をやっていた時は、年上の選手たちがかなり盛り立ててくれたそうな。今年は中堅どころ。どんな主将になられるでしょうか。

コーチ陣が口を揃えておっしゃるのは、「今年が正念場」。
去年そこそこ結果が出たからといって、気を緩めたらやられる。ベスト4の翌年に完全試合食らったこともあるし…、と兜の緒を締めるコーチたちでありました。
ですね。まだまだ伸びしろの多い選手たちを、しっかり鍛えてやってください。

180108-12.jpg【今日のおまけ】
後藤隆之監督は、まだグラウンド周囲をご覧になったことがないのだそう。レフト側の丘から見た海は、なかなかの風景ですよ。
これはネット裏方向の海。釣り人が結構います。

 明日は初撮り

今年はまだ初詣にも行っておらず。
外出は賀状投函するためだけで、それもすぐ目の前にあるポストまで。
駅伝見てるか、決算業務や画像いじりでPCに向かうかで、ひたすら引きこもりの11連休であります。

明日は三菱日立パワーシステムズ野球部の練習はじめ。
傘マークが心配でしたが、雨は午後からっぽいですね。
久しぶりにカメラ持ってお出かけです。ちゃんと社会復帰できるかしら(笑)。

 『K100 神奈川高校野球』

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

180103-2.jpg元日の朝刊一面。いきなりの高校野球特集に面食らいました。
今年で第100回大会となる、夏の高校野球。神奈川の歴史を追いかける連載企画。昨年から予告は目にしてましたけど、まさか元日の一面にもってくるとは。さすが神奈川新聞、力入ってるなあ。

その1回目は、東海大相模・原辰徳選手のインタビューを交えて。
華やかな伝説だけじゃない、原貢監督が三池工高から移ってこられての苦労話など、かなり突っこんだ話もあれこれ。連載が終わったらぜひ書籍にまとめていただきたい、と思うような内容でした。次回以降も期待。

16歳、運命受け入れ 東海大相模 原辰徳 (上) 神奈川新聞
http://www.kanaloco.jp/article/301415



180103.jpg駅伝を見ているだけで、今年も三が日が終わってしまいました。
元日のMHPSは、優勝候補と目されながら1区25位でどうなることかと。井上大仁選手の13人抜きなどもあり、最終的には8位。よく盛り返しましたねえ。

箱根は神奈川大・東海大の下馬評が高かったものの、優勝にはかなり遠い成績。勝負事はやっぱりやってみないと分からないですね。

 1月の誕生日

今月誕生日を迎える皆さまです。おめでとうございます。

1/10 平野智基捕手
180101-1.jpg
1/26 浜屋将太投手
180101-2.jpg


180101-3.jpg1/1 鈴木亮さん
1/3 池田雅人さん
1/7 中野佐資さん
1/13 松井勇樹さん
1/14 奥野雅弘さん
1/24 高橋保さん
1/25 長谷知雄さん
1/28 成澤慎二さん

 | HOME | 


TOTAL Pages 1