Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 三菱横浜2011引退選手 -1-

引退選手の挨拶が野球部公式webにはまだ載っておりませんが、ブログに書いていいよと解禁いただきましたので、そろそろ寂しい話題にまいりましょう。
今年引退されるのは、後藤明彦外野手、ゴンザレス投手、斎藤圭太投手です。

在籍年数順で、まずは後藤明彦選手。今年は13年目のシーズンでした。
松下安男監督と同じ鹿児島の樟南高(旧鹿児島商工)出身。右投げ右打ちの外野手です。グラブ使いの柔らかさで、監督の評価が高かったように思います。

松下・後藤      後藤

昨年春先、外野守備中にグラブを芝に引っかけて、左手親指のあたりを骨折してしまった後藤選手。白い包帯の下、患部はボルトを埋めて固定しているとか。
そのボルトはずっと埋めたままなのかと尋ねたら、いずれ外すとのこと。どのくらいしたら外せるのかとの問いには、「引退したら」。 再度手術をしないといけないので、そこからの復帰ではシーズンが終わってしまうから、と説明してくれました。
──それって今年で引退ということなのかな。どことなく覚悟の漂う表情を見て、そんなふうに思いました。

ただその年のオフ、来年もこの人数+新人1名で戦うと決まり。引退を思いとどまったらしき後藤選手は、ボルト除去手術を受けました。直後の左手を拝見したら、腫れて縫い跡が痛々しかったですけど、「異物感がなくなった」 とご本人的には晴れ晴れとした表情でした。
今年は1年完全燃焼を決めていたのではと思いますが、こんな震災の年になってしまったのは残念でしたねえ。


コメント

管理者にだけ表示を許可する

  ※画像認証をお願いしてましたが、設定変更しました。このまま送信されます。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages