Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 三菱横浜の2012年を振り返る

このところ極寒でしたが、今日は比較的暖かな大晦日です。
28日は親会社主催の50周年記念納会が大々的に開催され。29日は、休日出勤して年内にやるべき仕事を何とか終わらせて。ようやく自分の時間が持てるようになりました。年賀状はまだまだ作成途中ですが、とりあえずそれより先に三菱重工横浜野球部の今年1年を振り返りたいと思います。

高井・池田新年最初の練習日。
恒例のグラウンドランニングでは、今年も高井一樹選手強し。池田政人選手とのワンツーフィニュッシュとなりました。

松井・小池・田城これも恒例となっている、海の公園での砂浜練習。
こういった練習は斉藤裕次郎コーチが主体となっておこなってましたから、来年は高安健至・渡部英紀コーチがこれを踏襲するのか、また違う練習をなさるのか、どんな感じになるのかな。

瀧兄弟2月には、県内の中学野球部を指導にも行きました。12月にも再度おこなったようですが、詳細不明。

また来年1/26には、金沢Gで後援会向けの少年野球教室が久しぶりに開かれるそうです。

前田・福田3月のスポニチ大会では、福田芳幸投手が公式戦デビュー。JR九州相手に好投でした。
亀川裕之投手まで注ぎこむ盤石の継投と、佐々木勉選手の値千金の一発で宿敵JR九州に勝利。今年も頼りにしてますの佐々木選手でしたが、4月のケガと無理を押しての出場が祟ってか、以後の打撃が振るわなかったのはご本人にもチームにも痛かったですね。
大会自体は2勝1敗、得失点率の関係で予選突破はならず。

前田・松下・矢島・高安県春季大会は優勝。
前田雄気選手が、企業チームからまさかのホームラン。今年前半は打も守備も良かったですねえ。これなら高安捕手の後継を任せても大丈夫じゃないかなと、頼もしく思いました。

4月。初めて行った長野大会は、両球場ともとにかく桜がきれいで。今年2度目の花見を満喫しました。
この大会も2勝1敗。今度は得失点率の関係で、予選1位通過。決勝トーナメントは見られませんでしたが、予選も準決勝もちょっと審判団がねー。まあ誤審で勝つ試合もありますけれども、やっぱり互いにすっきりと終わる試合が見たいですよね。

長野オリンピックスタジアム  長野県営球場裏


藤原・小池・木戸なんとなく調子が上がらない感じで迎えた都市対抗予選。しかし東芝との第1代表戦は、また延長16回の名勝負となりました。
1-1で迎えた10回裏、3安打目の前田捕手に代えて代走小池裕貴選手で勝負に出たんですけどね。両チームとも2点目がなかなか奪えず。最後はボークという思わぬ決着。
JX-ENEOSにも完敗で、今年は代表権を逃しました。

久しぶりに補強選手を供出することに。
東芝には門西明彦・亀川裕之投手と、瀧諒太選手。
特に亀川投手は豪打・Honda戦の先発を任され、大会本塁打記録がかかる西郷泰之選手への投球が注目されました。ほれぼれする投球内容でしたねえ。

瀧弟・門西  亀川


こちらは、JX-ENEOSに補強された渡部英紀選手と鶴田祥平投手。
10年連続表彰が悲願の渡部選手だっただけに、その夢が叶ってホッ。期間中は、ENEOSの若手選手たちに優勝経験を伝授する役目を担っていたようです。
鶴田投手は最後の最後で登場し、好投でENEOS優勝への流れを作りました。
ENEOS優勝で、来年は3チームが本大会へ。ほぼ無風の予選となりそうですね。

井領・渡部  鶴田

夏季練習チームにとっては、都市対抗を逃した長い夏。敗退した補強選手たちも帰ってきて、早速練習に参加です。

前田そんな時期の紅白戦で、前田捕手が鎖骨骨折。せっかく正捕手の座を手にしかけたのに、なんたる不運。
ちなみに、折ったわけでもない腕を吊っているのは、このほうが楽だからだそうです。なるほど、腕って結構重いんですね。

暗雲を含んで始まった日本選手権予選。でもまだ正捕手は渡さないとばかりに、高安捕手が頑張ってくれました。第一関門のセガサミー戦を、亀川-鶴田投手の完璧な継投で封じ。

かずさ-三菱横浜ただかずさマジックとの代表戦は、あちらの勢いに負けました。
瀧優介投手が2度もコンタクトレンズを落としてしまい、両チーム呉越同舟で探すというめずらしい場面もありつつ(笑)。この時見つけてくれたかずさ・沖崎選手は、来年からマネージャー就任だそうです。目端の利いたマネージャーになれそうですね。

歓喜の輪セガサミー戦で死球を受けた瀧選手を欠き、それでなくても勝ち抜くのはかなり難しいと思われた敗者復活戦へ。
しかし無理と思う時ほど妙な強さを発揮するのが三菱横浜。亀川-鶴田投手の頑張りに打線も奮起。見事、明治安田生命・東芝相手のワンデーマッチを勝ち抜き代表権を得ました。

亀川選手権本大会では、チーム初の開幕戦。
NTT西日本相手に、0-0のままタイブレークとなる投手戦となりました。11回を投げぬいたのは、亀川投手も初めてじゃないのかなあ。今年も、彼は本当にすばらしかったですねえ。

負けはしましたが、野村亮介投手も来年への財産となるマウンドでした。楽しみですね、矢島崇コーチ。

そして、優勝は秋もENEOS。大城基志投手が夏も秋も最優秀選手の称号。
神奈川の中で戦っていると、差はほんの紙一重なんですけどね。ものすごく厚い紙一重です。

来年はケガなく、つつがなく1年が戦えますように。
さすれば結果はおのずとついてくると思います。

今年も1年ありがとうございました。来年はまた1/3から再開します。
皆さま良い年をお迎えください。


コメント

管理者にだけ表示を許可する

  ※セキュリティの関係で、コメント訂正・編集は不可になりました。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages