Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 県春季/三菱横浜-東芝

佐々木勉選手の満塁ホームランなどで、7回コールド7-0で勝ちました。
野村亮介投手が7回無失点。
2時からエネオスと決勝です。

・・・・・・・ * ・ * * ・ * * * * * ・ * * ・ * ・・・・・・・

【23:00追記】
第1試合のENEOS-相模原クラブが1時間半で終わってしまい、試合開始は30分繰りあがり。

とりあえず得点経過のみ。
三菱日立パワーシステムズ横浜-東芝戦のスタメンです。
スコアボード表記はMHPS、アナウンスは 「三菱日立パワーシステムズ横浜」 でした。

スタメン

先発投手は、東芝・佐藤翔太投手、三菱横浜・野村亮介投手。
佐藤投手は、マリナーズの岩隈投手のように右手を隠す投げ方。
野村投手は昨年の春に同じカードで5回ノックアウト、その雪辱を果たしました。

佐藤     野村

チーム自体も、昨春5回コールド負けのお返し成る。

両チームとも毎回走者を出すものの、前半はゼロ行進。ボール先行や四死球が多く、得点が入らない割に時間のかかる展開です。

前田得点が動いたのは、5回裏
前田雄気選手の打球をサードがはじいてエラー、その間に二塁到達。
伊藤慎悟選手のショート内野安打で無死一三塁。村山正誠選手もセカンドエラーで、前田選手が還り先取点。1-0

坂上・伊藤中西良太選手の犠打で1死二三塁。
坂上真世選手がセンターへ犠牲フライ、伊藤選手が還り2-0

そして7回裏
村山・中西選手がセンター前ヒット、坂上選手が一塁手のフィルダースチョイスで1死満塁。瀧諒太選手のファーストゴロで本塁封殺されるも、まだ2死満塁。
佐々木勉選手の打球は、低い弾道ながらバックスクリーンへ満塁ホームラン! 6-0

佐々木  石川

佐々木  走者一掃


圓垣内さらに五十嵐大典選手が四球で出塁。ワイルドピッチで一挙三塁へ。
圓垣内学選手の打球は、高々とショート上方。あー、チェンジだなと思いきや。サード・ショート・レフトが追いますが、ボールは3人のあいだにポトリ。2死ですから当然スタートを切っていた五十嵐選手がホームを踏み、7x-0で試合終了。

五十嵐

今年の公式戦初観戦とあって、「今年もよろしくお願いします」 とスタンドでいつもお目にかかる方々とご挨拶。まるで正月のようでした。そして試合は、まさかのコールド勝ち。企業チームにコールド勝ちなんていつ以来でしょう、記憶にないや。気持ちよかったですねえ。まさに盆と正月がいっぺんに来たような試合でした。
東芝さんは、エラー3に与四球5。らしくない守備でしたね。

スコア

挨拶

http://www.jaba.or.jp/score_book/5/50031/12855.html


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>マロンさん
コメントありがとうございます。
いよいよですねー。
学生時代から応援している選手が双方にいると、どちらを応援していいのか困りますね(笑)。
管理者にだけ表示を許可する

  ※セキュリティの関係で、コメント訂正・編集は不可になりました。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages