Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 日立大会/住金鹿島-三菱横浜2

では、写真とともに予選最後の試合を振り返ります。

BブロックのHondaが全勝、しかも2試合コールド勝ち。
そんな他ブロック結果を踏まえ、このあと鹿島との勝敗でどうなるのかというと。
勝てばブロック1位。全体で2位となり、明日は会瀬球場で(日立-JR)の勝者と対戦。
負けるとブロック2位。でも9失点までならワイルドカード、市民球場でHondaと対戦。
日立-JRと戦いたいか、Hondaと戦いたいか。さあ、どっち(笑)。

でも得点を調整するような器用な野球を三菱横浜に求めると、コールド負けもしかねません。その場合はポイントで及ばず、ワイルドカードも逃して予選敗退。
──ただ、とにかくコールド負けさえしなければ準決勝進出、というゆるい条件でプレイボール。
会瀬球場は得点板だけなので、スタメンは下記の通りです。

新日鐵住金鹿島
 6福盛 4中嶋 7堀越 3三村 9中倉 5岩永 DH鮫島 2日美 8藤本 P石崎
三菱日立パワーシステムズ横浜
 7中西 3村山 8五十嵐 6佐々木 DH圓垣内 2対馬 4池田 9伊藤 5栗林 P鶴田


鶴田       石崎

先発マウンドは、鹿島・石崎剛投手と横浜・鶴田祥平投手。
特に石崎投手は4者連続空振り三振と、すばらしい立ち上がりでした。しかし四球を出すと、急に崩れはじめ。鹿島のスタンドで 「またか」 という声が聞かれました。好不調の波が激しそうです。3回途中であっさり石川清太投手に交替。

栗林・鶴田4回表。鶴田投手も四球で走者を出し、犠打で1死二塁。さらに四球×2で満塁。三振で2死満塁。
DH鮫島哲新選手の打球は、レフト前タイムリー。ひとり還り、ふたり還り…。

中西・佐々木  対馬・中嶋

栗林・中倉しかしファーストランナーが三塁タッチアウト。この3アウトのほうが2点目ホームインより早かったということで、認められたのは1点だけ。レフト中西良太選手の送球かな、佐々木勉選手が中継に入られたのかな、好判断でした。0-1

圓垣内4回裏。先頭の圓垣内学選手がセンター前ヒット。
そして対馬和樹選手の強振は、ライトフェンスオーバーかと思うような大飛球。捕球しようとしたライト中倉裕人選手が、フェンスに激突してしまいます。

対馬  中倉

圓垣内打球のゆくえを見て、渡部英紀コーチの腕がぐるぐる回ります。走れ圓垣内!

日美・圓垣内が、センターのバックアップがすばやく、本塁手前で悠々アウト。圓垣内選手はけっこう足早いんですけどね。鹿島の守備をほめましょう。
ちなみに中倉選手は最後まで出場されました。 

福盛・堀越・中嶋・対馬5回表。三塁線を抜かれる二塁打・単打のあと、中嶋辰也選手のレフト越え3ランが飛びだし、0-4
敗色濃厚、しかもさらに大量失点しそうな予感。ちょっとイヤな感じです。

野村ここで野村亮介投手に交代。後続を断ちます。
6回もしっかり3人で抑えました。

対馬6回裏。この回から登板の山井佑太投手から、対馬選手が今度は左中間方向へのホームラン。ようやく点が入りました。1-4

堀越・藤本  ベンチ

7回表。エラー・四球・死球で2死満塁のピンチ。しかも打順は4番打者。ここで満塁ホームランでも出ようものなら、この回でコールドもあり得ます。ヒヤヒヤハラハラ。

池田・佐々木・堀越何とかショートゴロを打たせ、セカンドに送られて無事チェンジ。肩に力の入る終盤です。

石田7回裏には石田祐介投手が出てきました。これはもう負けを覚悟するしかないなあと思いきや。

中西先頭の中西選手がレフトへホームラン。中西選手といえば足を活かした打撃なので、この長打は予想外でした。

中西会瀬球場はこのアングルが好きです。金網が低くて、撮りやすい球場です。

村山正誠選手は四球。五十嵐大典選手の打球は、ショート頭上を越えるポテンヒット。

福盛  五十嵐

五十嵐・平尾この日は結果として3本のヒットを放った五十嵐選手。流れをつなぐことが出来て嬉しそうです。


対馬佐々木選手が四球で無死満塁。
対馬選手のレフト前タイムリーで2者生還。4-4の同点に追いつきました。

日美・五十嵐  五十嵐・村山

本間先ほどの回に代走し、そのままライトの守備に入った本間章平選手。みごとセンター前タイムリー、さらに2者を迎え入れます。6-4。逆転!

日美・佐々木  日美・対馬

対馬・佐々木還ってきた対馬・佐々木選手とタッチを交わしたあと、殊勲の本間選手に向けてガッツポーズを送る選手も多数。この回、打者一巡で一気に息を吹き返しました。

4回の得点機を逸したことで流れを相手にやってしまったかなと、悔いていた渡部コーチ。皆で流れを引き寄せてくれたことに、感謝していらっしゃいました。

福地9回表は福地元春投手がマウンドへ。
しかし先頭の日美雄大選手に、いきなりホームランを浴びます。6-5。これでまた分からなくなりました。

中西  鹿島ベンチ

本間さらに四球・単打・四球で1死満塁。
とりあえずコールド負けは回避できたから、最悪逆転されても明日はあるんだよね?と、思いがあれこれよぎります。

最後はサードゴロ。栗林遥野選手からセカンド池田政人選手、ファースト村山選手に送られダブルプレー。反射神経が追いつかず、栗林選手は撮れなかったのが残念。

池田・堀越  村山・三村

試合終了 

挨拶

西日に照らされて長い影。
右端の細谷享市部長は、今日4/15が誕生日です。おめでとうございます。

スコアボードの横に見えるのは、JR東日本の選手のよう。もし三菱横浜が負けてワイルドカードとなったら、JR東日本は予選落ちでした。9回表は彼らもハラハラしたでしょうね(笑)。それが優勝してしまうのだから、これもまた運なのでしょう。

スコア

駐車場バスに向かう選手たち。
4点も先行されたらこれまでならまず諦めていたのに、思いがけない逆転劇でした。前の試合でも3点ずつ取ってますし、得点能力が上がったのは頼もしい限りです。

対馬4打数4安打と、殊勲の対馬選手。2年後のさらなる成長が楽しみですね。


渡部・石田【今日のおまけ】
試合前。隣のグラウンドで語らう渡部コーチと、鹿島の石田投手。日産自動車出身の石田投手は、都市対抗予選の応援に来てくれたり三菱横浜選手たちとの親交も深く。
逆転は嬉しい。でも自分としても石田投手は好きな投手だけに、あんなふうに打ちこまれるのは見ていて複雑でしたねえ。


コメント

お久しぶりです

ルーキー対馬捕手、HR込みの4-4でしたか。かなり楽しみですね。

因みに、JABA九州同組のJR九州。従来からの投手力に加え、今季は課題の?野手陣世代交代の意図からか、ルーキーが結構使われて、活躍してますよ。

>いりりんのブログさん
対馬捕手は噂に違わずパンチの効いた打撃ですね。
このまましっかり育ってほしいと思います。
日立・鹿島さんの新人も活躍されてましたが、JR九州もですか。
今年は若獅子賞候補がいっぱいいそうですね。
管理者にだけ表示を許可する

  ※セキュリティの関係で、コメント訂正・編集は不可になりました。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages