Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 TBSドラマで社会人野球

昨日今日は、さいたまでコンサートでございまして。
5階席でのんびり見るはずが、演出の都合で席がつぶされ3階席に誘導。ここって関係者招待席じゃん?なVIP席。でも4階席の床に阻まれ、音がこもってイマイチ。ラッキーなのかアンラッキーなのかよく分かりませんでした(笑)。


で、今日から始まったドラマ 『ルーズヴェルト・ゲーム』。
原作小説のほうは一昨年、この対談を目にした後に読んでみました。

第83回都市対抗野球:社会人野球の魅力とは
作家・池井戸潤さん、スポーツジャーナリスト・青島健太さん対談
 毎日新聞
http://ama-baseball.mainichi.jp/kurojishi/news/20120713ddm010050033000c.html

小説は、正直言ってそんなに面白いと思いませんでした。冒頭からして監督・主力を引き抜くという無茶な設定や、また彼らがあからさまに敵意むきだしで、社会人野球にこんな人いないわという感じ。もっと大人で紳士なんだけどな。
また話の本筋からして、会社の危機に無頓着な野球部の場面よりも、必死に新製品と戦う開発部のほうがずっとかっこいい。

ただまあ帰宅して録画を見てみたら、ドラマ1回目としてはそれなりに面白かったです。意外と野球の場面も楽しかったし。
三菱横浜戦のことはコメント欄で教えていただいてましたので、どんなかなーとワクワク。のっけから佐々木勉選手のホームランが映るあたり、知らずにリアルタイムで見たら大騒ぎしたでしょうねえ(笑)。
原作には社会人野球の魅力を感じなかったけれど、ドラマではうまく描いてくれるといいな伝わるといいなと思いながら、見ていきたいと思います。


コメント

三菱横浜の映像が出ていたのを機会に、見始めてしまいました。
互いにいがみ合う、企業チームってのが嘘っぽいですね。
あと、会社の状況を考えずに、野球部内の論理で盛り上がる部員の描き方が、
ちょっと共感できないなと思ってしまいました。
三菱横浜もクラブチーム化の時期を知っている選手がいなくなり、
自分達は野球をやってさえいればいいんだ、と思ってしまわないことを
願いたいと思います。

あと、勝ち続けて都市対抗に出て、優勝したら莫大な費用がかかって
しまうよな、とも突っ込みたくなりました(笑)

>フタゴノチチさん
コメントありがとうございます。
今日3回目の放送も、ツッコミどころがいろいろありましたねえ。
誰の立場にたって見れば共感できるのかが、やっぱりよく分からないドラマです。
三菱横浜もクラブチーム時代とはだいぶ雰囲気が変わったと思いますが、
職場との結びつきは忘れてほしくないですね。
管理者にだけ表示を許可する

  ※セキュリティの関係で、コメント訂正・編集は不可になりました。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages