Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 都市対抗西関東第2代表戦/金港-三菱横浜2

一夜明け、第2代表戦はデーゲーム。金港は2日連続の炎天下で、ちょっと気の毒です。

ノック

挨拶両チームともグレーのユニフォーム。色味が若干違いますが、見分けがつきにくいです。

金港クラブ-三菱日立パワーシステムズ横浜のスタメン。
金港の先発マウンドは菊沢竜佑投手、三菱横浜は鶴田祥平投手。前回と同じですね。

スタメン

鶴田     菊沢

1回裏、中西良太選手がヒットで出塁。盗塁・進塁打で三塁まで進むも、無得点。

坂上・斉藤2回表。金港はエラーの走者を出しますが、盗塁失敗。

2回裏、2死から前田雄気選手がレフトへ二塁打。菊沢投手とは相性がいいのか、4回にも二塁打、5回は四球。前回対戦も通算すると、5打数4安打うち二塁打3と大当たり。対菊沢投手としては、前田選手が4番でいいんじゃないかと思うほどです。

前田  新海・前田

頓所頓所裕一選手の打球を追いかけたライト斉藤景介選手が、足がもつれたのか転びます。しめた!三塁打!と思ったのに、打球は起き上がれないままのライトのグラブにストライク。三塁へ到達した頓所選手は、アウトがしばらく信じられないようでした。なかなかの珍プレーでしたねえ。今日の運は金港にあるのかと思うような、イヤなプレーでもありました。

斉藤  渡部・頓所

しかし3回裏、2死から瀧諒太選手がセンター前、五十嵐大典選手はライト前ヒット。エンドランがかかっていたので、瀧選手は三塁へ。

瀧・佐藤・田中2死一三塁。続く佐々木勉選手の打球は、サード強襲打。瀧選手がホームインして1-0

ベンチ

五十嵐坂上真世選手のライト前ヒットで五十嵐選手が二塁から還り、2-0
中軸の4連打。いい感じです。

金港ベンチ4回表。金港は2番からの打順で、四球・ヒット・二塁打・エラーで追いつきます。2-2

佐々木・坂上なおも1死三塁ですが、鶴田投手も踏ん張ります。セカンドゴロを打たせ、安定の二遊間が4-6-3のゲッツー。
逆転されるとまた一気にムードが金港へ流れそうでしたので、同点止まりで良かったです。

圓垣内5回裏、また2死から佐々木選手は四球、坂上選手はセンター前で一二塁。
圓垣内学選手のセンターオーバー二塁打で、2者還り4-2と突き放します。

坂上・佐々木  佐々木・坂上

佐々木6回裏にも。2死から四球の走者をふたり置いて、佐々木選手の打球はレフトへ。打ち損ねたような表情の佐々木選手でしたが、レフトフェンスに一直線。二塁打となり、瀧・五十嵐選手が還り6-2

川口  五十嵐・瀧

菊沢投手はここで降板。左腕・谷村淳樹投手に交代します。

そして8回裏。中西・瀧選手が四球で出塁。ライトフライの間に1死一三塁。
金港は四日市投手に交代です。一塁走者・瀧選手の盗塁で、2死二三塁。

坂上坂上選手の打球はライト線への二塁打で、2者生還。8-2

斉藤  斉藤・中西

四日市・圓垣内さらに圓垣内選手はレフト前へタイムリー。坂上選手が二塁から生還して9-2
代表戦でなければ、ここでコールドゲームです。

三塁側スタンド大いに沸く三塁側ベンチ上。特に、池田政人選手の同僚 「チーム池田」 の皆さまが、応援を盛りあげてました。池田選手が交代して守備についた時も、すごい声援で圧倒されましたねえ(笑)。

所属する部課の代表としてグラウンドに立つ、それも社会人野球の側面だと思います。

福地8回9回は福地元春投手が登板。4連続三振かと思うと連続四球という極端な投球内容でしたが、無失点に抑えました。

佐々木最後はショートゴロで試合終了。
3時間近い試合。西日を受けて、影が長く伸びます。

15安打の他、6四球もことごとく得点に繋げました。2死からでも連打、最後までしっかり攻撃の手を緩めず得点できたことは、去年と同じ轍を踏むことなく良かったと思います。
ただ、残塁11はまだまだ改善の余地ありですよね。

スコア

挨拶



圓垣内・新海【今日のおまけ】
とても珍しい圓垣内選手の盗塁。
1回目の打席はファインプレーに阻まれましたが、3安打3打点の活躍。次は企業相手に打ちまくるところが見たいな。


コメント

本大会迄にもっとテンション上げないと試合はとても厳しいような気がします。頑張れ野球部諸君

>元三菱横浜元応援団さん
強豪相手ほどモチベーションが上がる三菱横浜ですから、
初戦はまた優勝候補を引くことを期待します(^^)
管理者にだけ表示を許可する

  ※セキュリティの関係で、コメント訂正・編集は不可になりました。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages