Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 1D系と5D系

衝動買いの顛末をば。

野村右の画像は、野村亮介投手の秒10コマ連写。
でもこの10コマ連写より、5D3で撮影した動画から切り出したほうが、リリース前後がより詳細。なので最近は、動画から連続写真作成することのほうが多いです。 
こういう使い方ができるとは思いませんでしたねえ。

ただ初戦の金港戦では5D3だけで前半撮ってたら、動作のもっさり具合が結構ストレス。後半は1D3に持ち替えて、その軽快な動作に改めて惚れ直しました。でも帰宅してPCに取りこんでみると、5D3フルサイズセンサー画像の美しさもまた格別。

メリットデメリットを比較するとこんな感じ。

1D3:1.3倍のAPS-Hセンサー・望遠に有利、秒10コマ、操作性に優れる、重い
5D3:フルサイズセンサー・広角に有利、秒6コマ、動画、高感度、軽い(といっても950g)


どちらのカメラも甲乙つけがたく一長一短。もともと用途の違うカメラだから当然ですけどね。

待てよ。──ということは、1D3の操作性と5D3の美しさを併せ持つ最新機1Dxにいくと幸せになれるんじゃない?──なんて、にわかに思い始めてしまい。ただ1Dxにしても完璧とは言えないし、費用対効果を考えるとポンと買える金額でもありません。時価60万円なり。
ネット上で見比べながらああでもないこうでもないと悩んでいるうちに、1D3の後継機1D4の中古が目にとまりました。あ、そうだ。これには動画機能がついてるし、1D3より高感度だからドームで来月使うにも丁度いい

1D Mark IVてなことで、店頭に現物見にいき即決。
我ながら衝動買い。
中古に一抹の怖さはあるけれど、三脚ねじの痛み具合や設定からして、前所有者は風景撮りではないかと。それなら、そんなに酷使されてない…はず。

見た目は単純に、Mark IIIのプレートがMark IVに変わった程度です。早く撮りにいきたーい。


コメント

管理者にだけ表示を許可する

  ※セキュリティの関係で、コメント訂正・編集は不可になりました。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages