Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 形から入る

初代応援団長・渡辺氏と、昔話に花を咲かせながら練習観覧。

先日こんな主旨のことを、高安健至監督がおっしゃってました。
まず、声を出すところから始めてみようかと。元気だから声が出るんだろうけど、声を出すことで元気になるというのもあるんじゃないだろうか。コミュニケーションや、考えることにもつながるし。順序が逆かもしれないが、形から入るのもありじゃないか──。

今日は選手たちの挨拶が、これまでの倍の音量。おっ、腹から声が出てるなあという感じ。
先週はミーティング中心だったらしいですが、さっそく実践にうつしたのかな。

ティーバッティング本数がかなり増えたティーバッティング中も、大声の雄叫びや悲鳴が響いてました。疲れてくるとだんだん音量が小さくなる選手もいましたが、佐々木勉選手は最後まで声もフォームもブレませんでしたねえ。やっぱり、ふそうで厳しい練習を積んでいただけあるなあ。

前田雄気選手は、「4番!」 とか自分を鼓舞しつつ、かなり気迫のこもったバッティング。トスもスピーディーで、周囲をあおりながら、なかなかのリーダー資質を見せてました。
投手はひたすらランニング。外野のポール間を走ったり、ファウルゾーンでダッシュしたり。

どんぐり午前中はさわやかな陽気。
道端にはどんぐりがいっぱい落ちてました。いきなり秋ですね。

渡辺さんのおっしゃってた清工建設の投手、帰宅して名簿を見てみましたが、日大卒なら佐々木二三男投手かな。選手17名しかいない清工が第一代表戦。奇跡的でしたよね。


コメント

管理者にだけ表示を許可する

  ※画像認証をお願いしてましたが、設定変更しました。このまま送信されます。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages