Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 県秋季大会/ENEOS-三菱日立横浜1

延長10回からタイブレーク。11回まで戦い、1-2xで負けました。
※当初0-1と記載しましたが、訂正しました。失礼しました。m(_ _)m
代打・池辺選手がレフト前サヨナラタイムリー。さすがです。
詳しくは後ほど。

http://www.jaba.or.jp/score_book/5/50082/14704.html

・・・・・・・ * ・ * * ・ * * * * * ・ * * ・ * ・・・・・・・

とりいそぎ、JX-ENEOS-三菱日立パワーシステムズ横浜の得点経過を振り返ります。
スタメンです。先発マウンドは、三菱日立横浜・野村亮介投手、ENEOS・船本一樹投手。

スタメン

野村    船本

ネット裏意図的にぼかしてあります。
今日の保土ヶ谷球場ネット裏には、スカウトさんの姿が。2球団かな、3球団かな。
TVカメラも来てましたが、またTBSのドラフト特番とか資料映像かしら。TBSでは多分1位指名の中継だけなので、指名全選手を見るためにスカイAの契約をするべきか。今年は10/23の17時からです。

野村そのスカウトさんたちの注目を浴びる野村投手。立ち上がりは四球の走者を出しますが、後続は三振。

瀧両チーム通じて初ヒットは2回表、瀧諒太選手のライト線二塁打。

三菱日立横浜は、中盤まで散発3安打。いずれも2死からの走者で、得点に繋がらず。

野村ENEOSの安打数が途中で減り、三菱日立横浜のエラーが増えました。2回裏のピッチャーライナー内野安打が、エラーに訂正されたのでしょうか。

田畑・瀧そのピッチャーライナーを打った田畑秀也選手は、二塁盗塁。これが捕手の悪送球となり、三塁進塁。

ENEOS絶好の得点機でしたが。後続を抑えられ、得点ならず。

ENEOSも散発で、四球でもらった好機も生かしきれませんでした。いつもワンチャンスをモノにするENEOSなのに、らしからぬ攻撃。

山崎・瀧8回表。三菱日立横浜は、ようやく先頭打者が安打で出ました。でも当たりが良すぎてシングルヒット止まりだったのが痛かったですね。結局ゲッツーで、これまた得点ならず。

小林8回裏は小林寛投手。足利大会や県交流戦の惨敗が脳裏に浮かびます。四球を出した時は 「またか」 と思いましたが、今日は試合を壊すことなく無難に抑えました。今日のような投球で、少しずつ信用を築いていけるといいですね。

9回の攻防。ENEOSが大城基志投手、三菱日立横浜は鶴田祥平投手。両投手ともに譲らず、0-0のまま。

大城    鶴田

高安・大久保引き分け? いや、10回からタイブレーク。
両監督が打順を持ち寄ります。三菱日立横浜は3番から、ENEOSは1番から。

平尾代打・平尾泰勢選手は、レフトへの犠牲フライ。途中出場の本間章平選手が還り、1-0。タイブレーク先攻だと無得点が多い三菱日立横浜でしたが、ようやく1点です。 

本間   スコア

ベンチ


前田・対馬しかしENEOSも、井領雅貴選手のライト犠牲フライであっさり1-1の同点。

試合は11回にもつれこみます。再度1死満塁から、三菱日立横浜は2者三振。

池辺そして11回裏、ENEOSの代打。
そうです、この人がいました。池辺啓二選手。

外角をうまく流し打ち。レフト前に落ちました。
1-2xでENEOSがサヨナラ勝ち。

鶴田・池辺  本間

対馬・松本  ENEOS

スコア

試合内容についてはまた後日振り返ります。


コメント

いや、ビックリです!
先程、ヤフーニュースを見ていたら[野村クン]を中日が上位指名との記事が・・・^^;
もうそんな時期なんですね。確かに今年急成長した子ですが、あと1年。会社に恩返しをしてからでも遅くはないと思いますが・・・

でも、声が掛かると、すぐにでも行きたいよなぁ~
(自分もそうだった!結局1年待ったが、あの1年って大きいんだよなぁ)

>サスケさん
まだ21歳ですから、指名機会はあと数年ありますけれどもねえ。
サスケさんの時も他に指名候補がいて、
2人は出せないということで1年見送りになったようでしたが。
もし上位指名だったら、行かせてあげたいですね。
管理者にだけ表示を許可する

  ※セキュリティの関係で、コメント訂正・編集は不可になりました。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages