Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 スポニチ/三菱日立横浜-JR東海

遅ればせながら、12日の試合を振り返ります。

幟地表付近はそれほどでもありませんでしたが、上空はかなりの強風。スタンド上段にくくりつけたMHPSの幟が、もみくちゃになるほど。その影響を受けて、守備に苦労した試合でした。

三菱日立パワーシステムズ横浜-JR東海のスタメンです。
先発マウンドは、JR東海・加藤智弘投手。三菱日立横浜・松田浩幸投手。新人です。

スタメン

加藤     松田

1回表。中西良太選手がサード横を抜く二塁打。そして五十嵐大典選手も左中間二塁打。中西選手が還り、ふたりであっさり1点先取。1-0

中西 五十嵐 上村・中田

さらに圓垣内学選手も、レフトオーバーの二塁打。五十嵐選手が還り、2-0。目の覚めるような攻撃です。

圓垣内   渡部・五十嵐

佐藤・平尾しかしその裏。JRも連続二塁打で1点返します。2-1

5回表。中西選手がセンター前ヒット。そして盗塁。タッチをかいくぐってセーフ。

中西   中西・花島

竹内啓人選手がファースト頭上を越えるヒットで1死一三塁とし、圓垣内選手はレフト犠牲フライ。中西選手がタッチアップ、3-1

圓垣内   中西・中村

6回表。平尾泰勢選手の高く上がった打球はファウルかと思われましたが、ライト線ギリギリに入り、ライトがバウンドの目測を誤ります。平尾選手は悠々三塁打。

佐藤   平尾

栗林栗林遥野選手はライト前タイムリーヒット。平尾選手が還り、4-1。着々とリードを広げます。

一塁側ベンチ

松田投手は5回を投げ、5安打1失点。最後は3者連続三振を奪うなど、上々の先発デビューでしょう。

小林6回裏は小林寛投手に交代。
去年後半から横手投げに取り組んでます。前日は好投だったようですが、この日は四球と本塁打でまず2点献上。

圓垣内   三塁側ベンチ

さらにヒットで2死一塁。そしてこれまた高く上がった打球が風にどんどん流され、セカンドが捕球できずタイムリー三塁打。一塁走者は長駆生還。4-4の同点に追いつかれました。

五十嵐・坂上   池田・対馬

高井7回から高井一樹投手。久しぶりの公式戦マウンドかと思いますが、相変わらずストレートがきれいです。
ただ8回には四球・犠打・二塁打で1点取られ、4-5と逆転を許します。

9回表。併殺打で2死走者なしの崖っぷちから、中西選手がセンター前ヒット。投手のモーションを盗んで楽々盗塁。代打・伊藤慎悟選手は四球で、2死一二塁。

中西   花島・中西

竹内選手はセンター前ヒット。なんとか5-5の同点に追いつきました。

竹内   中西・中村

タイブレーク9回は鶴田祥平投手が抑え、タイブレークへ。
三菱日立横浜は、今日3安打の1番・中西選手から。JRは3番・中田亮二選手からの打順を選びました。

園田・中村10回表。中西選手はまたもセンター前へ弾き返し、三塁走者帰還。6-5
タイブレークでの得点を見るのは、かなり久しぶり。

稲津・前田しかし10回裏。ピッチャー返しで6-6
さらに、サードゴロで本塁送球するも間に合わず、6-7xでサヨナラ。ヒット数は増えてないようなので、記録はフィルダースチョイスだったでしょうか。

スコア

途中までは双方ともヒット8本得点4とまったく互角でした。
負けはしましたが、二桁ヒットは明るい兆しかな。1勝2敗で予選リーグを終えました。
優勝は富士重工業。おめでとうございます。


コメント

管理者にだけ表示を許可する

  ※画像認証をお願いしてましたが、設定変更しました。このまま送信されます。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages