Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 県春季/東芝-三菱日立横浜

4-8で負けました。詳細はのちほど。

【23:50追記】
では、東芝-三菱日立パワーシステムズ横浜の試合を振り返ります。
11時半開始予定が昨日同様もっと早まるかと思いきや、11時50分試合開始。ENEOSがクラブチームをコールドに出来ないなんて珍しい。8回の満塁で金港クラブがよく粘りました。

日なたはコートいらないくらいでしたが、日陰に入ると途端に寒い。寒の戻りで風が冷たく、今年は桜もまだの保土ヶ谷球場です。

スタメンです。
先発マウンドは、三菱日立横浜・鶴田祥平投手。東芝・埜口卓哉投手。
去年まで東芝の4番だった服部選手が、8番。新人が4番抜擢です。

スタメン

鶴田    埜口

松本・前田1回裏、東芝の攻撃。鶴田投手が立ち上がり乱調。四球とヒット2本で1死満塁。
さらに四球ふたつで押し出しの2点。

佐々木・栗林相変わらず1死満塁。ゲッツー崩れの間に三塁走者が還り、1点追加。0-3
早くも 「終わったな」 という感じ。

ロマンスキ2回表
新加入のロマンスキ選手が低めの球を力で持っていき、ライトポール際へソロホームラン。三菱日立横浜が息を吹き返す、大きな1点でした。1-3

瀧3回表。瀧諒太選手がレフト前ヒット。
前田雄気選手が送り、五十嵐大典選手はライト線への二塁打。瀧選手が還り2-3

前田 五十嵐 瀧

佐々木
そして佐々木勉選手がバット一閃。滞空時間の長い打球は、バックスクリーンへの2ランホームラン!

一気に逆転4-3
さすが勉さん。美しいバッティングです。

石川   渡部・佐々木

三菱日立横浜ベンチ


東芝ベンチ中盤は淡々と進み。
7回裏、四球・犠打・ライト前タイムリーで、東芝が同点に追いつきます。4-4

佐々木・松本なおも攻める東芝ですが、松本幸一郎選手は盗塁失敗。
ただこれ、ちゃんとタッチできてないようにも見えます。スイングの判定とか内野安打とか、微妙な判定も散見した試合でした。

亀川8回裏は亀川裕之投手がマウンドへ。盤石の継投。でも同点でのリリーフって、亀川投手あまり得意じゃないような印象もあります。
死球・ヒットで1死一二塁。

亀川石川桜太選手のピッチャーゴロは1-6-3のゲッツーとなるところでしたが、ショートの悪送球かファーストの捕球ミスか、どちらかにエラーがつきました。
その間に二走・大河原正人選手が、三塁を蹴りホームイン。4-5と逆転を許します。

村山・石川  大河原・前田

村山和泉将太選手はファーストの横を破る二塁打。1点追加、4-6
四球で走者をため、服部政樹選手の右中間二塁打で2点追加。4-8と思いがけない大差がつきました。


中西・五十嵐  小川・前田


最終回は代打攻勢。坂上真世選手・竹内啓人選手の連打で1死一二塁としますが、無得点。埜口投手は10奪三振での完投でした。
ヒット数は互角でも、三菱日立横浜は与四死球7。鶴亀リレーにしては、らしくない試合でした。

スコア


両チームともホームユニフォームでの決勝は、ENEOSが優勝だそう。おめでとうございました。


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>じぃ~。さん
ごめんなさい、今回も非公開にさせていただきました。
おっしゃることはごもっともだと思うのですが、
コメント欄でそういった内容はご遠慮いただきたく、お願いします。

素晴らしい~

勉さんのHR画像にめっちゃ感激です。
どうやったら、こんなピンポイントでカッコイイシーンが撮れちゃうんでしょう。
素晴らしすぎる(^^♪。

と、思うと同時に若手もがんばれ~(^^)/。

>みやさくらさん
ありがとうございます。
バッティング撮るの下手なんですけど、あれは我ながらジャストタイミングでした。
次は圓垣内選手のホームランが撮りたいです(^^)
管理者にだけ表示を許可する

  ※画像認証をお願いしてましたが、設定変更しました。このまま送信されます。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages