Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 都市対抗西関東/三菱日立横浜-ENEOS 2

では、昨日の三菱日立パワーシステムズ横浜-JX-ENEOS戦を振り返ります。

今年の第一代表戦はあるのか、ヘリコプターはもしかしたら今年は飛ばないのかと思いきや。代表リーグ戦初戦に先立ち、いつものセレモニーがおこなわれました。

新聞社挨拶でも風が強く舞っていて、新聞社からの挨拶状はスタンドへ落下。係員が探しにいきます。
こんなの初めて見ました。
まあアナウンス用の原稿は別に用意されていて、係員が探している間に読みあげられました(笑)。

始球式球始球式のボールも、下からの風にあおられてなかなか落ちてこず。こちらは何とか外野グラウンドに落ち、無事始球式終了。
いつもは本部の方がダイレクトキャッチにいきますが、今年はそれがなくて残念でした。あれ、けっこう楽しみです。

両チームのスタメンです。
JX-ENEOS・江口昌太投手。三菱日立横浜・松田浩幸投手。

スタメン

江口    松田

1回表。四球で2走者を出しますが、4-6-3のゲッツーで切り抜けます。こういうのって意気上がりますよね。

糸原・佐々木  坂上・村山

圓垣内2回裏。四球・死球・死球で無死満塁。
1回にも暴投があった江口投手。再度の暴投で、圓垣内学選手が還り1-0
走者もそれぞれ進塁。無死二三塁。

渡部・佐々木村山正誠選手のライト犠牲フライで、佐々木勉選手がタッチアップ。2-0
五十嵐大典選手も三塁へ。

対馬・日高対馬和樹選手の打席で、3度目の暴投。五十嵐選手が還り、3-0。ノーヒットで3点です。

江口・大城・和嶋初対戦の江口投手とあって、打ちあぐみそうだなと思ってましたけど、自滅。ENEOSは早くも大城基志投手を投入です。
元監督の望山一生さんがおっしゃってましたが、コントロールに苦しんでいるのにインコース要求したら可哀想だよね、と。それですっぽ抜けちゃったのではないだろうかと。なるほど、バッテリーの息が合ってなかった感じでしょうか。望山さんらしい見立てです。

3回裏。竹内啓人選手・ロマンスキ選手が連続二塁打。センター田畑秀也選手がダイビングキャッチを試みますが、わずかに及ばず。

竹内   田畑

ロマンスキ   山田

渡部・竹内今日も渡部英紀コーチの腕が回ります。竹内選手が還り、4-0

ENEOSベンチしかし4回表。ENEOSは山﨑錬選手のヒット・四球・進塁打のあと、代打・斉賀洋平選手のタイムリーで4-1

鶴田5回表。ENEOS打線がさらに松田投手に襲いかかります。長短打で1死満塁。犠飛で4-2
2死一三塁の場面で鶴田祥平投手に交代。ブルペンから颯爽と走ってきた鶴田投手でしたが。

柏木秀文選手にレフトスタンドへの3ランを打たれ。4-5と逆転を許します。今年よくあるシーンです。

柏木   ENEOSベンチ

圓垣内・高橋雨がけっこう降り出した5回裏。ENEOSは沼尾勲投手に交代。圓垣内選手がセカンド悪送球で出塁。そして牽制悪送球と進塁打で三塁へ。代打・常道翔太選手のタイムリーで5-5の同点に追いつきます。

常道   圓垣内

しかしピリッとしない鶴田投手は、6回表にも長短打を浴び2点献上。5-7

鶴田   対馬・糸原

高田7回表。高田投手に交代。
雨はやむ気配なく、ぬかるんだマウンド。高田投手の踏み出した右足がすべって、踏ん張りがきかないようでした。

降雨中断シートがかぶせられ、降雨中断です。

コラレス強風でめくれたシートを見て、走って直しにきたコラレス投手。土の部分が隠れるようにだけ直して戻っていきます。これ普通の日本人なら、きちんと元通りに直すと思うんですけどね(笑)。アバウトです。

応援団長「応援団何かやれ」 と客席からヤジ。応援団長がドラムを叩きつつ、応援曲合唱。
応援団の皆さまもお疲れさまでした。
マイクは、女性より男性のほうが元気があっていい感じでしたね。 

30分待って本部協議。どうあっても成立させて、明日の再試合にはしたくない模様。シートが一旦剥がされ整備されますが、再度シートをかぶせてまた 「試合再開までしばらくお待ちください」 のアナウンス。雨の中を傘さしつつ、1時間以上待ちました。

本部   整備

若干小やみになったところで無理矢理再開したものの、各ベースはこんな状態。ユニフォームも泥々です。

対馬 一塁ベース 田畑

高田投手も気の毒なくらいにストライクが入らず、8回表にはヒットと5連続四死球と暴投で、3点献上。5-10。この雨では無理からぬこととも思いますが、相手も条件は同じですのでねえ。

圓垣内大粒の雨と同時に細かい雨も舞っていて、傘の中の望遠レンズが曇ります。撮ってもこんな状態ですので、諦めの境地。
佐々木選手の打席はコンパクトデジタルの動画で撮影してみましたが、まさか意地のホームランが録れるとは。
ファイル形式等々の問題で残念ながら貼れません。 

最終スコアです。6-10で敗戦。22時過ぎには電源が切られ、応援団も口ラッパ。
この試合もある意味、神奈川予選の伝説になるのでしょうか。

スコア


コメント

管理者にだけ表示を許可する

  ※セキュリティの関係で、コメント訂正・編集は不可になりました。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages