Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 都市対抗/東芝-NTT西

東芝の夏も終わってしまいました。
そして、関東全滅。ベスト8に関東ゼロは都市対抗史上初のようです。

亀川東芝-NTT西日本戦。
先発を任されたのは亀川裕之投手。NTT西とは何度かエース同士の戦いを演じているので、向こうも手の内分かっているのではないのかな。まあ井川良幸捕手とだと、また違った配球になりましょうか。

立ち上がりは一三塁と走者をにぎわすものの、無失点に切り抜けます。 
一塁を守るのは竹内啓人選手。ここだけ見ると、赤い三菱日立パワーシステムズ横浜。

亀川・竹内

東芝ベンチ1回裏、東芝の攻撃。金子聖史選手の犠牲フライで1点先取。1-0
拍手の東芝ベンチです。右端は松田選手と竹内選手。

亀川ピッチャー返しや、バント。今日は亀川投手の守備機会数多し。いやらしいNTTの攻撃です。

予選よりは体調も戻っている雰囲気でしたが、5回あたりで臨界点の兆し。そろそろ交代かも。

永松しかし6回表もマウンドに向かった亀川投手。ヒット・犠打・ヒットで1-1に追いつかれます。

そして7回のマウンドへも。いや、もう限界超えてるでしょ。継投に入るべきでしょ。
ヒットの走者を出し、犠打で送ったところで、工藤監督がボールを持ってマウンドへ。

松田・工藤・亀川誰で繋ぐのかと思ったら、コールされたのは松田浩幸投手。亀川投手は笑顔でグラブタッチしてあとを託しますが、1年目の新人には荷の重い場面ですよねえ。

松田力の入ったフォームで、制球が定まりません。ヒット・四球で1死満塁。大量点の予感。

梅津・井川そして永松孝太選手が、走者一掃の右中間三塁打。1-4。大歓声の三塁側です。

さらに四球を出したところで、今岡一平投手に交代。東芝さんは投手の質量とも豊富と思っていましたけど、故障者でも多いのか、今日は継投がかなり後手です。
 
竹内竹内選手は、今日は残念ながら3三振。
このフライは惜しかったですね。セカンドへの二塁打になりそうだったのですけど。

NTT・浜崎浩大投手が、スミ1完投。
タイムリーヒットを打たせない、すばらしい投球内容でした。

スコア


東芝 1-4 NTT西日本
http://www.jaba.or.jp/score_book/1/10000/16405.html
http://ama-baseball.mainichi.jp/kurojishi/86/game/game.html?id=0902


コメント

選手起用については監督の心、観衆知らずですが、亀川投手が万全には見えなかった状況から7回あたまから松田投手か、あの場面で変えるなら右投手というのがセオリーだったのではないでしょうか。
投げてみないとわからないのは皆同じなので、あくまで結果論ですが。

しかし、ベスト8に関東勢がゼロというのは想定外でした。
高校・大学野球と同じく、社会人も全国で戦力が拮抗してきたということかもしれません。

ありがとうございました。
今日からはまたライバルです(笑)

>ひまんじさん
本田メダルを胸にした亀川投手を、今年は期待しておりました(^^;
今朝の毎日新聞に手厚いケアをしてくれていた記事があり、
東芝さんの懐の深さに感服しました。
であればこそ、亀川投手も無理を押しての登板だったのだろうと思います。
でもせめて7回は、目先を変えるためにも右投手でいってほしかったですね。
こちらこそまたよろしくお願いしますですが、
日本選手権予選では対戦したくないです(笑)。
管理者にだけ表示を許可する

  ※セキュリティの関係で、コメント訂正・編集は不可になりました。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages