Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 県秋季大会/東芝-三菱日立横浜

県秋季大会、東芝-三菱日立パワーシステムズ横浜戦。

12時前に東芝Gへ着いたら、入口駐車場にバスはなく球音もナシ。え!? 今日は東芝Gだと思いこんでたけど、開始時間だけじゃなく球場も変更になってたっけ? 慌てることしばし。
JABAサイトで球場変更のないことを確認し、バスが遅れているのかしらと首をひねりつつグラウンドへ向かったら、三菱日立横浜の選手たちは思い思いにウォーミングアップ中。ホッ。
今日はバスをチャーターせず、皆の車に分乗してきたのだそう。なるほど、経費節減ですね。

三菱日立横浜季節はすっかり秋。
今年は何名の選手が上がるのか気がかりです。この顔ぶれで戦えるのも残りわずか。あと何試合見にいけるかな。

スタメン表示もアナウンスもないので、一巡するまでは打順とポジションを書きとるのに必死。撮るのはだいぶおろそかでした。

三菱日立横浜
DH園田 6栗林 5竹内 9常道 3平尾 4村山 7中西 8五十嵐 2対馬 P福田
東芝
8小川 6松本 DH松永 5金子 4吉田 7佐藤 9大河原 3服部 2井川 P福本


三菱日立横浜・福田芳幸投手、東芝・福本翼投手が先発マウンドです。福本投手は1年目。

福田     福本

福田投手は立ち上がりイマイチ。
1回裏。連打・犠打・死球で1死満塁。バッテリーエラーと吉田潤選手のタイムリーで0-2

2回表。平尾泰勢選手がバット一閃、レフトへ大きなソロホームラン。
1-2と追いかけます。

平尾  佐藤  平尾・渡部

3回表にはヒット・四死球で2死満塁のチャンスをつかみますが、4番常道翔太選手は初球凡退。こういうところで打ってこその4番。頑張って育ってほしいなー。

ピリッとしない福田投手は、3回裏吉田選手に2ランを浴び1-4

高田さらに2死二塁になったところで、高田一仁投手に交代。今年は本当によく使われますね。



対馬・佐藤ですが、服部政樹選手のタイムリーで二塁から佐藤旭選手が還り、1-5

4回表。2死二三塁から対馬和樹選手の左中間タイムリーで平尾・中西良太選手が生還。3-5と食い下がります。

対馬   井川・中西

4回裏。高田投手は、常に塁上に走者を背負う形。4本のヒットと1四球でさらに2点追加。3-7。これは勝負あったな。

小林5回裏から小林寛投手。火に油を注ぐことの多い小林投手でしたが、今日は消火のピッチング。

村山交代した5回は全部セカンドゴロ。村山正誠選手がひたすら捕っては一塁へ送球。

6回裏は四死球の走者を出しますが、対馬捕手が牽制で二塁走者を刺し。
7回裏は、ライト常道翔太選手が本塁へ好返球。三塁を回ろうとする走者をコーチが慌てて制止。好守備に助けられ、なんとか0点で抑えます。

常道8回表。東芝は野田雄大投手に交代。
栗林遥野選手は打撃妨害、竹内啓人選手はライト前、そしてこの常道選手のレフト前ヒットで無死満塁。

平尾平尾選手の打球は左中間深いところ。さっきと同じような放物線。──行った?

フェンス越えの高さは若干足りないながらも、走者一掃には充分な距離。3点入る──。

小川──と思われましたが、センター小川裕生選手が追いついて、ジャンプ一番ナイスキャッチ。
観客席騒然のスーパープレーです。
栗林選手が慌てて三塁に戻り、タッチアップの1点止まり。4-7

ここで3点入っていればねえ、一気にイケイケになれたのですけど。今日はこの小川選手のプレーに負けたといっても過言ではないかも。

佐々木・金子8回裏。ヒットの走者を犠打で送ろうとした東芝。小林投手が判断良く二塁へ投げますが、ちょっと送球が足りず、この回からショートに入った佐々木勉選手が一生懸命伸びて捕球。

終盤は見ごたえのある守備が随所にあり、結果は4-7でしたが、意外と楽しかったです。
県順位的には今日の結果は大勢に影響なく、明日のENEOS-東芝戦が正念場ですとか。

試合終了

スコア

東芝 7-5 三菱日立パワーシステムズ横浜
http://www.jaba.or.jp/score_book/5/50082/16905.html



コメント

お伺いいたします

失礼します。ロマンスキ選手が最近出ていない様なんですが、どうしたのでしょうか……? 突然の質問で申し訳ありません。

>金沢さん
コメントありがとうございます。
最近見ませんね。帰国したという噂もあります。
管理者にだけ表示を許可する

  ※画像認証をお願いしてましたが、設定変更しました。このまま送信されます。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages