Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 関東選手権/三菱日立横浜-日通

青空すじ雲が美しい秋空のもと。
三菱日立パワーシステムズ横浜-日本通運の試合が始まりました。

東芝・JX-ENEOSがすでに公式戦を終えていることを思うと、まだ戦えるのは幸せなことです。1試合でも多く戦ってほしかったけど、でもあっけなく終わってしまいました。

挨拶

スタメンです。ここは本気モードでくるかと思いきや、あら、スコアボードに佐々木勉選手の名がない。オープン戦と同じようなスタメンです。
先発マウンドは、日通・高山亮太投手。三菱日立横浜・トクナガ投手。



    

関本・対馬2回表。ヒット2本+送球エラーの1死二三塁から、根岸昂平選手の犠牲フライで関本憲太郎選手が還り、0-1

2回裏。ヒットの平尾泰勢選手を栗林遥野選手が送り、2死二塁から対馬和樹選手はセンター前ヒット。

平尾 栗林 対馬

木南・平尾渡部英紀コーチの腕が回り、二塁から平尾選手が本塁突入。ギリギリでしたが、捕手の足の間に思いきりよく突っこみました。1-1の同点。

しかし4回表。サードゴロ併殺で2死にした直後、ヒット・盗塁・松本雅俊選手の二塁打で1-2と勝ち越されます。

今日は失策が3ながら、併殺も3。
5回には1死満塁のピンチでピッチャーゴロ。1-2-3のゲッツーで防ぎます。

対馬   渡部・トクナガ

鶴田6回から鶴田祥平投手の登板。
2四球とヒットで2死満塁。

竹内ゴロをサード竹内啓人選手が捕球。そのまま塁を踏み無失点。

村山・栗林・大谷7回にはヒットの走者を盗塁で刺し、エラーで出した走者はゲッツーでしのぎます。この回も塁は賑わいますが無失点。
今年の鶴田投手はなかなかビシッと抑えてくれなかったなあ。

8回には前田雄気選手のヒットのあと、佐々木選手が代打なんて見せ場もありましたが、敬遠気味に歩かされ。

結局そのまま1-2で試合終了。1点差だけど、惜しくない試合。9安打+エラー3で2点しか取れない日通打線が決め手に欠けただけで、5・6点取られておかしくありませんでした。そしてそれ以上に三菱日立横浜打線が重症。2回以外は3者凡退も多く、ヒットも散発。高山投手にいいように手玉にとられてしまいました。今年見慣れた試合です。

スコア




コメント

管理者にだけ表示を許可する

  ※セキュリティの関係で、コメント訂正・編集は不可になりました。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages