Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 三菱日立横浜2015引退選手-1-

今年も残念なお知らせの季節になりました。
今年引退されるのは7名。高井・佐々木・瀧・池田・本間・頓所選手小山田マネです。

三菱日立パワーシステムズ横浜硬式野球部
2015年シーズンを終えて
http://www.mhps.com/baseball/

年齢順にまいりましょうか。

151112-01.jpg佐々木勉選手は、都市対抗で3度優勝の三菱ふそう川崎から2009年に移籍。他県チームからもオファーがありましたが、「神奈川で戦いたい」 という思いで三菱重工横浜の誘いを受けてくれたそう。
ただ、競合チームは都市対抗常連。こちらは久しく都市対抗に出ていなかったチームですし、決めるには相当悩んだんだことと思います。そこはやっぱり、補強で顔なじみの渡部英紀選手の存在が大きかったのかな。

初オープン戦で高いネットを超えて消えた打球、あれはいったいどこまで飛んだのでしょう。
相手の度肝を抜くような飛距離、特大ホームランの頼もしさったらなかったですね。伸びやかな手足でのフルスイング、本当にかっこよかったです。

151112-02.jpg     151112-03.jpg

そして佐々木選手の加入で、若手選手も活性化。2009年は悲願の都市対抗出場、みごと第一代表も勝ちとりました。
記憶に新しいところでは、2014年日本新薬戦、9回表2死2ストライクと追いつめられながらの同点ホームラン。あれは鳥肌ものでした。スタンドも大熱狂でしたね。

151112-04.jpgチーム1の長身で、男前な勉さんですが。弟気質でしょうか、時々いたずらっ子な一面も。
例えばこれは、ある日のハイタッチ。ベンチに戻ってくる皆は、手が届かないのでジャンプを強いられてました(笑)。

今年は年男。でも本塁打の飛距離は、衰えるどころか年々伸びていて驚異でした。まだまだいけると思っていたので、今回のことは残念という前にただただびっくりです。
ともかくも。三菱横浜を選んでくれて、ありがとう。楽しかったです。

......................................................................................................................................................

151112-05.jpg本間章平選手は、Y校こと横浜商業から2003年に入社。三菱重工横浜がクラブ化していた時期にようやく入ってきた新人ですから、期待と希望の星でした。
でも入部早々の県春季大会で、ショートの守備につき大暴投。見るからに緊張してましたから、無理ないかなあ。それがきっかけで、イップスに陥ってしまった時期もあったよう。

151112-06.jpgやがてそれも克服し、次なる課題はスイッチヒッター転向。もともと打撃に自信のあるほうではなかったようなので、俊足を生かして左でも打ってみたらどうだろうという望山監督の指導のもと。
結局は左オンリーとなりましたけど、これが大正解。おもしろいように長打量産となりました。2007年は大活躍でしたね。

また2008年には、人数不足のため外野手転向。センターを走り回りました。
練習の後に職場へ戻って残業なんて日もあったようですが、左打ちも外野守備もひたすら練習でモノにした頑張りやです。

151112-07.jpg近年は、足のスペシャリストとして代走専門に。でも代走起用するようなチャンスがなかなかありませんでしたねえ。

今年で13年目。
同期の廣瀬雅人投手が6年でリタイアしてしまったあと、正直言って本間選手がここまで長くやれるとは思っていませんでした。廃部危機を乗り越え、日本選手権・都市対抗と全国の舞台も経験して、波乱に満ちた13年だったのではないかと思います。



コメント

※要請がありましたので、今朝いただいたコメントは削除させていただきました。
大変申し訳ありません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>じぃ~さん。
一部まずい表現がありましたので、申し訳ありませんが非公開にさせてください。
おっしゃりたいことはよく分かります。
管理者にだけ表示を許可する

  ※画像認証をお願いしてましたが、設定変更しました。このまま送信されます。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages