Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 三菱日立横浜2015引退選手-2-

瀧諒太選手の入部経緯は、2007年に書いた通り。→[#0 瀧選手の誕生日]

瀧選手のターニングポイントは、やはりこのケガだと思います。入社3年目の2006年都市対抗予選、三菱ふそう川崎戦。バントヒットを試みた際、悪送球でファーストと交錯。頸椎捻挫で全治1ヶ月の重症を負いながら、補強選手として選出され無理を押し。

ムチウチ状態なのに無理を重ねたことで右肘にまで影響して、療養や手術を繰り返し。けっこう長い時期を断続的に棒に振りました。あのケガさえなければ今頃は…と思いますけど、とにかくいつも一生懸命な瀧選手ですから、あの事故がなくてもきっとどこかで同じようにケガをしていたんじゃないかなとも思います。

151114-01.jpgこれは1年目の都市対抗予選ですが、ヘッドスライディングしょっちゅうですし。無茶なプレーをするたびに、またケガをするんじゃないかとヒヤヒヤしっぱなしでした(笑)。

151114-02.jpg劣勢の試合で意地のホームランなんていうのも、負けん気な瀧選手らしい打撃でした。
2012年途中から主将に。低迷時期のチームなので責任を背負いこんで、天真爛漫な笑顔が消えていくのが寂しかったですねえ。

151114-03.jpg今年もまた春先、試合中に負傷して。
今年で辞めるつもりだと薄々聞いてましたが、最後の試合ではお父さまにもご挨拶いただき、ああ本当なんだ、と。大田スタジアムの整備終了後、スタンドに向けて帽子を振っていた時は晴れ晴れとした笑顔でした。
入部経緯に書いた通りイレギュラーな入社なので、退部=退社かと今後を心配しましたが、社には残れるそう。今所属しているのは不動産部門だそうで、「これから宅建取って頑張ります」 と生き生きとした表情で語ってくれました。前向きな瀧選手が戻ってきたなという感じでした。

......................................................................................................................................................

池田政人選手の経歴はこんな感じ。→[#9 池田選手の誕生日]
派手な経歴なのに、もっとプレーでアピールすべきなのにと、ちょっと歯がゆく思ってました。大阪人なのにわりと控えめで。

151114-04.jpgもともとショートですが、途中から外野手の練習もするようになり。代打などで選手が底をついた際、最後の最後に内外野ともに守れるスーパーサブな選手でした。
本人いわく 「最後が似合う男」。

151114-05.jpg地方大会ではショートを守る機会もあり、実はけっこう池田選手の守備は好みです。動きがなめらかで、正統派ショートという感じ。
都市対抗ではあまり守備機会がなかったので、事業所の皆さんに見ていただけなくて残念でした。

151114-06.jpg冬場のランニングでは、いつも高井一樹投手とワンツーフィニッシュ。足が速くて、オフの練習では主役になることも多々でした。グラウンドで主役になる日を待ってましたけど、佐々木勉選手の壁は厚かったですねえ。

今年のシーズン終盤には、腰を痛めてベンチ外なんてことも。

151114-07.jpg最後の試合の画像を見直している時、池田選手が平尾選手と握手しているコマが目にとまりました。瀧選手ばかりをレンズで追っていたけれど、池田選手もこの時すでに引退を決めていたのですね。



コメント

管理者にだけ表示を許可する

  ※セキュリティの関係で、コメント訂正・編集は不可になりました。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages