Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 三菱日立横浜の2015年を振り返る

さて、今年も三菱日立パワーシステムズ横浜の1年を振り返りましょう。

151230-01.jpg雨に泣かされたスポニチ大会。JR東海戦は、佐々木勉選手の満塁ホームランが降雨ノーゲームで幻に。これが今年のケチのつきはじめでしたねー。
Honda戦も雨で、試合開始を遅らせたり中断の末にコールド負け。1勝2敗で予選通過できず。

151230-02.jpg県春季大会から外国人3選手が選手登録。東芝戦でロマンスキ選手は早速ホームランを放りこむなど、パワーを見せつけました。
その後佐々木選手の2ランで逆転するも、抑えの亀川裕之投手が乱調。失策も含むとはいえ、四死球や長短打で一挙4点を奪われ敗退。
やばいぞ。目先の敗戦以前に、大黒柱・亀川投手が通用しないで夏の予選大丈夫なのか。

雨で順延順延の静岡大会は1勝2敗。コールド勝ちコールド負けの大味な京都大会は2勝1敗で、予選落ち。瀧諒太選手が肉離れ、佐々木選手が肋骨骨折など、都市対抗予選に向けて暗雲漂う地方大会になりました。

151230-03.jpgそして迎えた都市対抗予選。クラブチームには圧勝。ヒヤヒヤさせられることの多い金港クラブ戦も、21-0。打つわ打つわのヒット25本。竹内啓人選手がホームラン含む6打数5安打。佐々木選手も肋骨の痛みがむしろプラスに働いたか、無理に外角球を追いかけず満塁ホームランやヒット量産。
新人・常道翔太選手や園田崇人選手も公式戦初ホームランでした。写真は常道選手です。

3チームのリーグ戦、雨中のENEOS戦は負け。ともに暴投の目立った試合でした。

151230-04.jpg崖っぷちの東芝戦は、東芝外野手のまずい守備もあり5-1と勝利。亀川投手はソロホームラン一発だけの好投でしたが、時折マウンド後ろで屈伸。本調子ではないことがうかがえました。それでもここぞで相手をねじ伏せるあたり、やっぱりさすが大黒柱です。
これで1勝1敗の三巴。代表決定は1週間後のトーナメントに持ちこまれることになりました。得失点差での1点が祟り、三菱日立横浜は2位通過。

151230-05.jpg1位東芝への挑戦権をかけて、3位ENEOSとの試合も亀川投手の先発。まただましだまし投げている風情でしたが、7回途中で腰痛勃発。降板後同点に追いつかれたものの、ロマンスキ選手の3ランで勝利。治療後はベンチで声援を送る亀川投手でした。

151230-07.jpg翌日の第一代表戦は完敗。
第二代表戦も、ENEOS1点リードで9回裏。しかし引退花道であろうENEOS沼尾勲投手登板が大誤算。四死球3の満塁になり、竹内選手にも死球。同点に追いついた瞬間は大盛り上がりです。ただ4番5番が凡退。延長戦は、渡邉喜美男選手に3ランを打たれて負けました。

今年投手層の薄い三菱日立横浜に、連勝や3連戦はそもそもきつい。信頼できる亀川投手を起用する試合はそこじゃないだろう、という思いにとらわれたトーナメントでした。

151230-06.jpg代表権は得られなかったものの、リリーフ連投の高田一仁投手が試合ごとに調子を上げてきたのは収穫ですね。今年つかんだものを、来年はしっかり磨きあげて臨んでくれることを願います。

6選手が2チームに補強された夏。東芝・ENEOSともに2回戦敗退となりました。

151230-08.jpg日本通運との日本選手権予選代表戦。ここも亀川投手の先発。散発3安打9回無失点と、期待以上の投球です。しかし味方も得点ならず、延長タイブレークへ。
暴投が怖いリリーフ高田投手に、タイブレーク満塁からの投球は荷が重い。かといって他に誰がの台所事情。押し出し四球の1点に泣きました。

151230-08.jpg県秋季大会関東選手権など秋の公式戦では、平尾泰勢選手がスタメンに。下積みが長かったですが、ようやく花開きそうかな。

亀川投手に頼りきった1年。
投手2名・野手3名をくわえ、来年はどんな布陣で戦うことになるのでしょうか。



コメント

管理者にだけ表示を許可する

  ※画像認証をお願いしてましたが、設定変更しました。このまま送信されます。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages