Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 「こころの玉手箱」

日経新聞夕刊16面のコラム 「こころの玉手箱」 、今週はJXホールディングス会長です。
今日は「ふたつのボール」 という副題で、何気なく読んでいたら興味深い話の数々。

まずは入社時の合宿研修で、目覚まし代わりに 「力と希望」 が大音量で流れて跳び起きた話。社歌はないのに、野球部の応援歌はあることに驚かれたご様子。
都市対抗最多優勝の野球部と7年連続優勝したこともあるバスケット部は社技といっていいほど重要なもので、時間があれば必ず応援に駆けつけ 「力と希望」 を皆と一緒に歌うそう。田澤純一投手やバスケットの渡嘉敷来夢選手など、世界に羽ばたいた選手がいるのも誇りだとか。で、そのバスケットチームがサインしてくれたボールと田澤投手のサインボールが秘蔵の品だ、という内容でした。

都市対抗の頃になると、代表チーム社長のコメントが毎日新聞に載りますが、どこか取って付けた感もあったりして。ENEOS会長の今日のコラムは、企業スポーツへの愛情がじんわり伝わってくるコラムでした。



コメント

良いお話です。
私はプロだけが全てではないという認識なので、こういう話は良いですよね。

神奈川はかつて、日産やいすゞ、ふそうもあっただけに寂しいであります。
企業スポーツ縮小の流れはさみしいです。

>HRNさん
企業とスポーツが一体となったエピソードですよね。
社会人野球隆盛時代は企業もとても元気だったと思いますが、
企業自体が生き残るのに必死な時代になっちゃいましたねえ。
管理者にだけ表示を許可する

  ※画像認証をお願いしてましたが、設定変更しました。このまま送信されます。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages