Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 桐生第一、今日初戦

春に挑む・桐生第一2年ぶりセンバツへ 選手紹介/4/群馬 毎日新聞
http://mainichi.jp/koshien/articles/20160318/ddl/k10/050/051000c

二枚看板の一翼担う 青木快人投手(2年)
高校生では少数派のアンダースロー。高校入学後、サイドから手首のスナップを利かせて投げる才能を佐藤秀太郎コーチや福田治男監督に見いだされ、野手から転向した。継投戦略が中心の現チームで、主戦の内池翔投手(2年)と並ぶ二枚看板に成長した。

昨秋の公式戦は全9試合中7試合で登板。県予選初戦で2回を投げて3失点と悔しい思いをした。「中途半端はだめ」と悟り、できる限り上体を倒して低い位置から投げることを心がけるようになった。今では指が地面につくこともあるほどの超絶サブマリンだ。

父和宏さんは社会人野球の三菱重工横浜の元4番打者。尊敬する父の期待に応えたい。「一球一球全力で投げる」と意気込む。


父・青木和宏さんは、三菱重工横浜が都市対抗初出場したころの主力打者。当時は田中姓でしたので、田中和宏で覚えてる方もいらっしゃるかもです。ご結婚で青木姓となり、その後主将も務められました。
選抜高校野球は、いよいよ今日本番。快人くんはアンダースローになられたのですね。撮りたい心がそそられるなあ。青木家期待の三男坊。どんな試合になるでしょうね。今日の第3試合です。

練習試合で調整 桐生第一、あす本番/群馬
http://mainichi.jp/koshien/articles/20160319/ddl/k10/050/039000c

【追記】
桐生第一の課題は守備力かなあ。初日で舞い上がっていたかもしれませんね。初戦敗退は残念でしたが、終盤の追い上げはなかなか楽しかったです。得点差がいくらあっても、高校生のメンタルだと一気の逆転劇もありますからねえ。
青木快人投手も早々に見ることができ、登板時にはTVの前で正座でした(笑)。下半身もしっかりした感じで、これから先がまた楽しみですね。

そうそう、捕手のブロックが走塁妨害適用を初めて見ました。1点を争う試合では、このへんが勝敗の分かれ目になる場合もあるかもしれませんね。



コメント

ありがとうございました。
夏に向けて、しっかり頑張ってほしいもんです。
正直、もうちょっと見たかったですが・・・(笑)

>父・和宏さん
応援お疲れさまでした。
反省点もいろいろ見つかって、夏に向けて良い経験になったことかと。
登板が見られて嬉しかったですが、確かにもう少し長く甲子園にいたかったですね。
管理者にだけ表示を許可する

  ※セキュリティの関係で、コメント訂正・編集は不可になりました。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages