Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 すべては想定の範囲内

160326.jpg三菱日立パワーシステムズ横浜の大明神・鶴さん亀さんは、ボールボーイとバット引き。決勝に進めば出番もあったのでしょうが、亀川裕之投手は裏方だけで終わっちゃった県春季大会でした。

東芝戦は、守備の乱れが全てでしたねえ。守備のミスをまず見たことのない五十嵐大典選手。それだけに、チームに焦りが走りミスの連鎖となってしまったのが痛かったなあ。
そしてそのほころびを一気にこじ開ける東芝の攻撃。往時より少々元気がないとはいえ、強豪の伝統は生きていると思いました。

第1試合JX-ENEOS戦で、ショート渡邉貴美男選手が打球をジャッグル。でも落ち着いて送球するのを見て、良い選手はフォローがうまいなと思ったばかり。仕事でもトラブった時の対応の仕方で、評価がむしろ上がることだってありますよね。
東芝も都市対抗でゲームセット間際、大河原正人選手の落球で延長戦突入なんてこともありました。でもそこで浮き足立たず、しっかり突き放して勝ちました。
「ミスをしない」 を前提にするよりは、ミスをした後のカバーをどうするか。 「すべては想定の範囲内」 という器の大きなチームが見たいです。



コメント

うん、うん!
納得ですねぇ。ミスは誰でもどんな時でも起こりますから、ミスを責めるのではなく
その時の対処を練習の中に取入れ何度も、何度も繰り返し練習をして身体に覚えさす事が大事ですよね。浮足立つこと自体対処出来てない、練習してない証拠ですね。

>じぃ~。さん
もちろんノーエラーに越したことはないのですけど、なかなかそうもいきませんしね。
体も心も、何があっても動じないような練習も積み重ねてもらいたいです。
ドンマイ!と言える前向きなチームであってほしいですね。
管理者にだけ表示を許可する

  ※セキュリティの関係で、コメント訂正・編集は不可になりました。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages