Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 べ杯/七十七ー三菱日立横浜2

久しぶりのベーブルース杯、久しぶりの大垣北球場。
七十七銀行ー三菱日立パワーシステムズ横浜の対戦。スタメンです。
三菱日立横浜は大野享輔投手、七十七は鈴木貴也投手。

160501-06.jpg

160501-07.jpg     160501-08.jpg

森脇慶太マネージャーは、先攻後攻決めのジャンケン8連敗だとか。「先攻のほうがやりやすいよ」 と言ってくれる選手もいるそうですが、本人けっこう悩んでました。たかがジャンケン、されどジャンケン。

で、さっそく先攻効果。1回表、先頭・中西良太選手が左中間へ2ベース。栗林遥野選手は四球。

160501-09.jpg竹内啓人選手の捕手前送りバントは、送球より足が速く内野安打。いきなり無死満塁です。

こういうチャンスを逃すのが近年の三菱日立横浜でしたが、今日は常道翔太選手がライト前タイムリー。2者生還、2-0

160501-10.jpg    160501-11.jpg

160501-12.jpg

ゲッツーの間に竹内選手が還り、さらに1点。3-0

3回にも中西選手がヒット、栗林選手が四球、そして竹内選手が送りバントという1回とまったく同じ攻撃で、今度は1死二三塁。常道選手は犠牲フライ。中西選手がタッチアップして、4-0。早くも3打点の常道選手です。いいですねえ4番。

160501-14.jpg     160501-15.jpg

その後は交代した植松良太投手に押さえられ、このまま4-0で終わりかなと思った8回表
竹内選手が、センターオーバーの二塁打で出塁。長い攻撃が始まりました。

160501-16.jpg    160501-17.jpg

対馬和樹選手はレフトポール際へ2ランホームラン。これで盤石の6-0

160501-18.jpg    160501-19.jpg

160501-20.jpgこのあと、七十七は投手交代が裏目。影浦雅人投手は三振ひとつ奪っただけで、下位打線に3四球。2死満塁で、代わった東谷優投手も四球で押し出し。途中交代の平尾泰勢選手が還り7-0

160501-21.jpg栗林選手はタイムリーヒット、前田雄気選手が生還。8-0。なおも2死満塁継続中。

160501-22.jpg竹内選手はこの回2本目の長打。先ほどよりさらにセンター深いところへ、走者一掃の三塁打。11-0

160501-23.jpg   160501-24.jpg

160501-25.jpg常道選手もヒットで12ー0。さらに盗塁を決めて2死二塁。

160501-26.jpgとどめは、対馬選手が1イニング2打席連続ホームラン。今度の打球は緑色のフェンス直撃、ゴーンと音が響きました。
14-0。この回だけで10点です。1試合で10点だって、そうそう見たことないのに。
ベンチにも笑顔がはじけて、こんな良い雰囲気を見るのはとても久しぶり。

160501-27.jpg 160501-28.jpg 160501-29.jpg

160501-13.jpg大野投手は初回こそエラーと四球で満塁のピンチを招きましたが、あとはまったく危なげなく散発3安打。

守備陣もゲッツーなどで盛り上げます。今日は守備のリズムもとても良かったですね。

160501-30.jpg    160501-31.jpg

160501-32.jpg前田雄気捕手が積極的に声を出し、若手野手を引っ張って。内野手たちも、さかんに大野投手に声をかけてました。全体的に、伸びやかに野球をやっているなという感じ。
会心の8回コールドです。

160501-34.jpg


明日もこの勢いで中日ドラゴンズ二軍にぶつかってもらいたいものですが、去年の京都大会ではコールド勝ちの翌日コールド負けということもありましたねー。そういえばこの時も1イニングで11点取ったらしい。去年の轍を踏まぬよう、引き締まった試合を見せていただきたいものです。
個人的には、東海大相模からのドラフト1位・小笠原慎之介投手のプロ姿を見てみたいな。

七十七銀行 0-14 三菱日立パワーシステムズ横浜
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40029/17744.html



コメント

管理者にだけ表示を許可する

  ※セキュリティの関係で、コメント訂正・編集は不可になりました。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages