Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 べ杯/三菱日立横浜-西濃2

160503-01.jpg地元・西濃とあって、応援席はご家族などでにぎやか。ネット裏にも地元高校生が大挙観覧。
ただここまで中日・七十七に2敗の西濃。一昨年都市対抗覇者ですが、ちょっと元気がありません。

三菱日立パワーシステムズ横浜-西濃運輸。スタメンです。
西濃は嶽野雄貴投手。三菱日立横浜は亀川裕之投手。

160503-02.jpg

160503-03.jpg     160503-04.jpg

160503-05.jpg1回表、ヒットの中西良太選手がすかさず盗塁。送球がそれ、悠々セーフ。
栗林遥野選手の送りバントで三塁へ。

160503-06.jpg竹内啓人選手は強いピッチャーゴロ。中西選手は三本間に挟まれ、三塁タッチアウト。
2死一塁となり、チャンスは消えたかと思いましたが。

常道翔太・対馬和樹選手は連続四球で、2死満塁。久保晧史選手がライトへタイムリーヒットで2-0。新人、よく打ってくれました。結果的に得点はこれだけ。

160503-07.jpg    160503-08.jpg

160503-14.jpg6回表にはヒット・送りバント・ヒットで1死一三塁のチャンスをつかむと、なんとスクイズ。でも転がった球はあまりにキャッチャー前で、本塁憤死。
9回にも同じ選手が送りバントを失敗しましたので、「帰ったらバントの特訓です」 と渡部英紀コーチ。

どうしても欲しかった追加点ではありますが。ただ大量点は要りません。それより無失点に抑えることが、とにかく今日は大事。そういう緊張感の中で試合は進みました。

160503-09.jpgこちら向きに、もみくちゃの旗。強風吹き荒れた大垣北球場。揺れるボールに難儀した野手たちですが、ノーエラー。大事に大事にフライを処理しました。そして、ゴロもひとつひとつ丁寧に。

160503-10.jpg  160503-11.jpg  160503-12.jpg

160503-13.jpgこういう崖っぷちの試合で、本当に頼りになる亀川裕之投手。今日も7回を投げ、内野安打1本だけのピッチング。時に手痛い一発を食らうこともある亀川投手ですが、今日の向かい風ではホームランはまずないだろうと、その点でも安心。

160503-15.jpgそして引き継いだトクナガ投手も、二塁を踏ませぬピッチング。
9回裏。ヒットの走者にヒヤッとするも、ゲッツーで切り抜けます。虎の子の2点を守り、よくぞ逃げ切ってくれました。

160503-16.jpg    160503-17.jpg

160503-18.jpg

三菱日立パワーシステムズ横浜 2-0 西濃運輸
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40029/17780.html


人事を尽くして天命を待つ。
JR東海が5失点以内で勝てば、希望はついえます。が、3連勝したい三菱岡崎も必死の攻撃。まずい守備もあり点の取り合いとなり、5-5になった時点でどちらが勝っても三菱日立横浜ワイルドカードの望みは継続。

次なる問題は、長良川球場の第3試合。失礼ながら、2連敗の三菱名古屋がJFE西日本に勝つ確率は低いなと。ならばせめて名古屋が3点取ってくれないものかと。そんな悲観的なことしか思えませんでした。しかもJFEは陶山投手。彼も屈指の名投手です。3点なんて無理だわと、かなり諦めの境地で速報を眺めてました。

ところが互いに譲らずゼロ行進。…このままタイブレークに入れば三菱日立横浜のワイルドカード確定、ということに気づきます。零点で行けと願いながら更新を繰り返すうち、名古屋が2点ホームラン。これはさらに喜ばしい展開。
ただ一応JFEサヨナラの可能性も疑いながら、ドキドキしながら速報を更新させました。長良川に行けば良かったと後悔しました(笑)。

予選2位でワイルドカード確定。明日準決勝の相手はNTT東日本。9時試合開始です。

ブロック別成績一覧
http://www.jaba.or.jp/taikai/2016/jabataikai/pdf/behai_b.pdf


コメント

管理者にだけ表示を許可する

  ※セキュリティの関係で、コメント訂正・編集は不可になりました。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages