Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 県交流戦/三菱日立横浜-ENEOS

8回裏。一気に失点を喫し、0ー7xでコールド負けでした。



160820-01.jpg空の青がきれいです。第1試合は途中ドシャ降りで中断もあったらしいですが、第2試合は好天。そこそこ涼しいナイトゲームでした。

スタメンです。
JX-ENEOSは斎藤俊介投手。三菱日立パワーシステムズ横浜はカイル・トクナガ投手。
ENEOSは、渡邉貴美男選手・谷田成吾選手を国際試合選出で欠いています。

160820-02.jpg

160820-03.jpg     160820-04.jpg

160820-05.jpg三菱日立横浜は、初回に久保晧史選手がホームランかと思うような伸びのライト線二塁打を放ったりしましたが。
終わってみれば散発4安打。6回以外は毎回三振。三塁が踏めませんでした。

前半は投手戦というか貧打戦というか、淡々とした試合。ENEOSも、走者を出しても2死から。なかなか打つ手がありません。
このままだと0-0でタイブレークかな(笑)、なんて思ったくらい。

得点が動いたのは6回裏、ENEOSの攻撃。
山田敏貴選手がヒットで出塁。進塁打で二塁へ。松本大希選手はライト前ヒット、山田選手は本塁突入。常道翔太選手が渾身のバックホーム。送球がややそれ、山田選手跳ぶ!

160820-06.jpg    160820-07.jpg

160820-08.jpg足はまだホームに届いてません。対馬和樹捕手のミットは背中にタッチしているのですけどねえ。まあこの時の球審の位置からでは、見えなかったでしょうねえ。
かくしてENEOSが先制、0-1

とっぷり暮れた8回裏。急に得点が動きます。
三菱日立横浜は小林寛投手をはさみ、高田一仁投手に交代。
ENEOSは糸原健斗選手からの打順、四球・犠打・死球・ヒットで1死満塁。

160820-09.jpg代打・石川良平選手の打球は高々とフライ。よし打ち取った、インフィールドフライかなと思ううちに、レフト伊藤慎悟選手が必死に走ってきます。え?レフトの打球? でも間に合いそうにない。
ショート和氣暉親選手もあわてて向こう向きに追いかけ、グラブを差しだしますが、どう見ても無理な体勢。打球はグラブの向こうに落ちました。記録はヒット。走者ひとり還り、0-2。なおも1死満塁。

犠飛で0-3。センターオーバー三塁打で走者一掃0-5。四球・死球でまたも満塁。
打者一巡。いつになったら終わるENEOSの攻撃。

160820-10.jpg三菱日立横浜は藤本鈴也投手に交代するも、あっさりライト前へ打ち返され2者生還。両軍ベンチから選手がゾロゾロ出てきます。え? あ、コールド成立ですね。0-7x
1点を争う試合だったのに、思わぬ幕切れでした。

160820-11.jpg

4回から照明が点灯しましたが、周囲より明るいはずのマウンド上すら、かなり高感度にしないと撮れないくらいの暗さ。ちなみにドームの都市対抗でISO2000~2500、この日はISO3200~6400くらい。薄暗くて、外野手は可哀想だったなー。

三菱日立パワーシステムズ横浜 0-7x JX-ENEOS
http://www.jaba.or.jp/score_book/5/50100/18821.html




【追記】
そして今日21日の決勝戦でもENEOSが東芝に勝ったとか。3ラン一発だけの効率的な攻めだったようですね。おめでとうございます。

JX-ENEOS 3-0 東芝
http://www.jaba.or.jp/score_book/5/50100/18828.html



コメント

管理者にだけ表示を許可する

  ※画像認証をお願いしてましたが、設定変更しました。このまま送信されます。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages