Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 静岡大会/パナ-MHPS 3

12時6分から始まった、パナソニック-三菱日立パワーシステムズ戦。 [ここまでの経過]
8回裏、コールド負け寸前だったMHPSが6-8と猛迫中。しかもまだ無死一二塁というところで──。

170406-35.jpg中盤から降り出した雨が一段と激しくなり、中断。時に15時18分。大粒の雨の中、シートが張られます。

170406-36.jpgグラウンドは、見る見るうちに田んぼ状態。
わー。これ、続行は無理でしょ。
でも打ち切りにするにも、30分は待機しないといけません。

こういう場合サスペンデッド(一時停止、後日再開)に出来るんだっけ?

170406-361.jpgスタンドにいた冨里悠選手に尋ねてみたら、「試合は成立してるので、7回の1-6で終了でしょう」 とのこと。
あ、そうか。ルールブックの“正式試合”の項にそういえばそんな規定があったっけ。表裏完了した回の得点で決するんですよね。裏のMHPSが追いつかない限り、8回の得点はお互いなかったことになるのでしたね。うーん、この猛攻がチャラになるのは、いかにも惜しい。
帰宅してルールブックを見たら、照明の故障や同点がらみでないとサスペンデッドにはできないんですね。

浜松球場は屋根がないため、階段下に一旦避難しました。集まった観客の皆さんも、一様に興奮の面持ちです。いやあ、こんな試合になるとは思ってもみなかったですよねえ。いろいろ魅せてくれますねえMHPS。

ただあのグラウンド状態で、続きができるとも思いませんでしたけど。
そのうちアナウンスが聞こえます。え?聞こえなーい。何?やる?やれるって言ってる?
中断から20分。スタンドに出てみると、雨はほとんど上がってます。グラウンドもさきほどの水浸しではなく、あちこち水たまり状態に。水はけいいなあ浜松球場。どうやらアナウンスは、これから整備するという内容だった模様。じゃあ、この隙間をぬって昼食。

170406-37.jpg球場整備の方に混じり、森脇慶太マネージャーやベンチアウトの選手・交代した選手たちも整備に駆り出され、スポンジで水を吸い取ります。

170406-38.jpgヤマハの選手がいっぱい。
打ち切りでパナソニック勝利確定すると、次の試合で勝ってもブロック2位のヤマハ。しかしMHPSが逆転勝ちとすると、1位の目が出てきます。
絶対この試合を続けさせようと、整備にものすごく頑張ってくれたのだとか。MHPSとしては複雑な思いだったでしょうけど(笑)、ありがとうヤマハさん。

「16時45分を目処に試合再開します」 とアナウンス。もう何時だって待ちますよの気分です。こんなワクワクさせてくれる試合、滅多にありません。

170406-39.jpg選手たちも戻ってきました。これから打席に入る久保晧史選手や加治前竜一選手は、リラックスした表情。

16時48分。1時間半の中断をはさみ、8回裏無死一二塁で再開です。

170406-40.jpgパナソニックは安部健太投手に交代。
久保選手は大きなセンターフライで、二塁走者・八戸勝登選手がタッチアップ。1死一三塁。

170406-41.jpgそして加治前選手。2本目のバースデータイムリーヒットはレフト前。
八戸選手が悠々生還、7-8。あと1点!

170406-42.jpg    170406-43.jpg

常道翔太選手のヒットから始まった8回の攻撃。2度目の打席は四球。これにもベンチは拍手とガッツポーズ。もう一球一球に拍手と歓声で、そのたびにベンチを撮るのが楽しかった終盤でした。

170406-44.jpg    170406-45.jpg

1死満塁。パナソニックは左の榎本亮投手に交代。

170406-46.jpg後藤隆之監督が出て、代打を告げます。さきほど代走の江越海地選手に代わり、右の大砲・対馬和樹選手。

対馬選手の打球はセンターへ高々。タッチアップには充分。鶴田選手がスタートを切り、同点のスライディング。8-8! 追いつきました! 待機しているヤマハ選手たちも拍手です(笑)。

170406-47.jpg    170406-48.jpg 

170406-49.jpg


170406-50.jpg2死一二塁から、村山正誠選手。
はじき返した打球は右中間を越え、フェンス際を転々、三塁打。加治前選手がガッツポーズを作りながらホームインし、次打者・園田選手と思いきりタッチ。常道選手も長駆生還。10-8! 逆転!逆転!

170406-51.jpg    170406-52.jpg

殊勲の村山選手に向けて、ベンチはお祭り騒ぎです。ヤマハの選手たちまで、村山選手に向けてガッツポーズ(笑)。嬉しいやら、おかしいやら。何というか、いいなあ社会人野球。

170406-53.jpg


170406-54.jpg9回表。照明がともりました。2時半には終わるかなと思った試合が、もう5時です。

マウンドには鶴田祥平投手。久々の躍動感。ENEOSに補強された時のような、完璧な投球です。ベンチは相変わらず一球一球に拍手と声援。

170406-55.jpg    170406-56.jpg

170406-57.jpgライトフライ、セカンドフライ。そして最後はセカンドへのライナー。久保選手ががっちりつかんで試合終了。
中断をはさんで5時間5分。今日も全員野球でした。諦めないってすごいなあ、野球って怖いなあ楽しいなあ、と思わせてくれた試合でした。

170406-58.jpg    170406-59.jpg

170406-60.jpg

170406-61.jpg


次の東海理化-ヤマハは、17時41分から始まったナイトゲーム。東海理化が勝てば、MHPSがブロック1位。寒さに震えながら見てきましたが、一時は逆転されながらも、MHPS勝利で息を吹き返したヤマハが再逆転。グラウンド整備を頑張ってくれた、善行の勝利と言っていいかもしれません(笑)。
この結果、ヤマハとMHPSが2勝1敗で並び、当該対戦に勝ったヤマハがブロック1位。

2日順延となった最終日は今日となり、決勝は東京ガス-ヤマハでおこなわれ、東京ガスが勝ったそう。おめでとうございます。

第64回 JABA静岡大会 組合せ
http://www.jaba.or.jp/taikai/2017/jabataikai/pdf/shizuoka.pdf


コメント

管理者にだけ表示を許可する

  ※セキュリティの関係で、コメント訂正・編集は不可になりました。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages