Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 都市対抗を振り返る 4

長崎の応援曲ということで今回演奏された 『錨を上げて』 。
これ、かつては横浜でも演奏してました。いつ頃からやらなくなったのでしょうか。クラブ化されて、録音応援になったあたりからですかね。生演奏が復活した際にも、横浜はすでに造船というより原動機事業が主力になってましたし。
久しぶりに聴いて、懐かしかったです。

170812-42.jpg

女子チアリーダーは大学生の助っ人。吹奏楽もそうなのかなと思ってましたけど、坂上コーチ・亀川投手などが所属するMHPSエンジニアリングからいただいた社内報によれば、こちらの社の方たちも演奏に参加していらっしゃったとか。へー。「あの速いテンポを聴くと原曲が物足りなくなる」 と、ファンの間でも話題になってましたよ。お疲れさまでした。

170812-43.jpg


亀川裕之投手引退などを佐々木勉選手と話した際、「これで2009年日産との延長戦を知るのも、もう自分と村山だけ」 と。ああ、確かに。ただ村山選手も、あの頃はベンチに入っていただけでした。
そういえば、三菱ふそう川崎・日産自動車の戦いぶりを知る選手も、そのおふたりだけになりましたねえ。ここ何年か神奈川の戦績はジリ貧、神奈川恐るるに足らずという感じですが、豪打ふそう・機動力の日産がなくなった影響は、残ったチームにとっても大きいですよね。彼らとの戦いでどれだけレベルアップできていたことか。

そういう意味では、後藤隆之監督率いる三菱重工長崎がこれまでの神奈川と違う野球を持ちこんでくれて横浜と融合したことは、神奈川球界にとっても喜ばしいこと。東芝さんも危機感が良い方向に作用して、久しぶりに決勝神奈川対決なるかという期待を抱かせてくれました。

ここを通過点に、さらなる切磋琢磨を見せてくれると嬉しいです。
チーム内での競争も、チーム同士の高め合いも。



コメント

都市対抗初出場のころの三菱横浜はチアーリーダーを務めることが入社条件(今なら大問題なのでしょうが)。その中でも人気者は「カヨちゃん」で父は「試合がだめでも所員たちが帰らないのは勤労のカヨちゃんのおかげだ」と評していました。大谷翔平選手のお母さんでございます。

>SATOSHI さん
翔平投手のお母さまは、人気者だったらしいですよね。
徹さんとのご結婚の際には、悔しがった方多数だとうかがいました(笑)。
管理者にだけ表示を許可する

  ※画像認証をお願いしてましたが、設定変更しました。このまま送信されます。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages