Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 長野大会/フェデックス-MHPS 2

では、悪夢のようなフェデックス戦を振り返ります。

お久しぶりの長野オリンピックスタジアム。横長の照明塔とスコアボードが特徴的な球場です。この大会で土曜以降使用できないのは、読売-中日戦の準備があるからだとか。

180420-01.jpg

180420-02.jpg登録は一応26名ですが、選手が守備についてしまうとスカスカのフェデックスベンチ。相変わらずクラブチーム並みの運営に、最初は同情を禁じ得なかったのですが、試合が進んだら同情してるどころではありませんでした。

試合開始挨拶時点で、この日の結果を予想した方がどれほどいたでしょうか。

180420-03.jpg

フェデックス-三菱日立パワーシステムズ戦。スタメンです。
フェデックス・辻村亮介投手。体がちょっと流れぎみな変則左腕。国立静岡大出の新人です。MHPSは2年目の荒川一輝投手。

180420-04.jpg

180420-05.jpg    180420-06.jpg

180420-07.jpg荒川投手が簡単に3者凡退で終わったあとの、1回裏
先頭・八戸勝登選手がヒットで出塁。犠打・四球で1死一二塁と先制チャンスを作りますが、無得点。

2回裏には、小野寺颯人選手のヒットと2四球で2死満塁になるも、無得点。

180420-08.jpg3回表。センターへ抜けようという当たりにショート鶴田翔士選手が追いつきますが、ボールを弾き打球はセカンド守備位置あたりまで転々。記録は内野安打でも良さそうに思いましたけど、エラーがつきました。

180420-09.jpg荒川投手の制球が急に定まらなくなり、長井涼捕手が後ろにそらさないだけで精一杯。四死球で満塁。
4番・北沢篤史選手にもカウントを悪くし、ストライク取りにいって打たれるのなら押し出しもやむなし。0-1

180420-10.jpg仕切直しの5番・城之内隆世選手は、レフトへ二塁打。やられた。
2者生還、0-3

180420-11.jpg2死二三塁で藤本鈴也投手に交代。
しかし、丸山陵司選手にも左中間へタイムリーヒット。相次いで2者生還。0-5。信じがたい5失点です。

180420-12.jpg   180420-13.jpg

次打者にもヒットを打たれ打者一巡。なおも2死一二塁。あと1アウトがなかなか取れません。

鈴木正信選手はボテボテの内野安打になりそうなところを、セカンド久保晧史選手がダッシュして何とかアウトに。ヘッドスライディングで執念を見せるものの、このイニング2度目のアウトになった鈴木選手でした。

180420-14.jpg   180420-15.jpg

180420-16.jpg一方、フェデックス辻村投手も制球定まらず、3回裏にも四死球で満塁。しかしここも攻めきれません。

180420-17.jpg4回裏。1死二三塁から、河野凌太選手の強いゴロをファーストが捕球。そのままベースを踏んで2死。
ここで二塁走者がベースを離れてしまい、ランダウンプレー。押し出されそうになった三塁走者が今度は挟殺対象になり、ショートにタッチされてアウト。

得点圏に毎回走者を送るのに、全然点が奪えません。

180420-18.jpg5回表、フェデックスの攻撃。無死一塁から、サードゴロがセカンドに送られ、まず1死。一塁転送しようとして握りそこね落球──。
まあタイミング的にもゲッツー取れたかは微妙でしたが、これが完全捕球してなかったとエラー判定されオールセーフに。ああ、今回もわけの分からない判定。

ここで本多裕哉投手に交代。さらに四球とヒット2本で0-7

180420-19.jpg   180420-20.jpg

ちょっと待て。序盤の5点だからコツコツ返していけばと思っていたのに、この点差だと7回裏までで終わりじゃないですか。

6回裏。代打・対馬和樹選手がセカンド・ショートの頭上を越すヒットで出塁。

180420-21.jpg   180420-22.jpg

先ほどの回から守備交代の栗林遥野選手もヒット、八戸選手は今日3つめの四球で1死満塁。
久木田雄介選手のライト犠牲フライで対馬選手がタッチアップ。ようやくの1点です。当面のコールド負けは防ぎました。1-7

180420-23.jpg   180420-24.jpg

8回は右の出羽祐平投手の代わり端、対馬選手がまたヒットで出塁。きました、無死の走者。昨年静岡大会パナソニック戦のような、終盤の大逆転を期待してしまいます。

180420-25.jpgしかし栗林選手の長打性ライナーを、セカンド藤森要選手がジャンプ一番好捕。対馬選手は戻り得ずゲッツー。ツキもありません。

180420-26.jpgひとつ明るい兆しは、昨年後半を棒にふった三小田章人投手が、マウンドに戻ってきたことかな。これからに期待です。

180420-27.jpg9回裏。先頭・久木田選手がレフト線三塁打。今度こそ大逆転といきたかったところですが、久保選手のタイムリーによる1点のみ。

2-7。コールド負けしなかっただけまだマシという、何とも悲惨なスコアボードです。
それにしても辻村投手の制球もひどかったし、術中にハマったというわけでもなし。10安打8四死球で2点しか取れないって、悪い夢としか思えない。どっと虚脱感の試合後でした。ちなみに14残塁。

180420-28.jpg



コメント

昔の三菱は3回までで8残塁なんて試合もありました。フェデックスといえば神奈川工出身の投手がいたかと。背中からボールが出てくるような投げ方をしていた選手です。

>ビンさん
残塁は伝統ですね(笑)。
『GRAND SLAM』 を見ると、マネージャー兼投手さんが神奈工でした。
管理者にだけ表示を許可する

  ※セキュリティの関係で、コメント訂正・編集は不可になりました。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages