Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 長野大会を振り返る

180429-01.jpg今年新調のパーカーを着た、常道翔太選手と奥村政稔投手。シャープなデザインで、なかなかかっこいいです。

180429-02.jpg長野オリンピックスタジアム。1998年冬期長野オリンピックの際、開会式などで使用された場所。
桜の形といわれる球場外観ですが、全景をちゃんと見ると桜というより蓮の台座みたいですね。

180429-03.jpg

180429-04.jpg中から見ると、舞台の書き割りのような張りぼて感がちょっと残念。

180429-05.jpgソメイヨシノはすっかり終わってましたが、球場周囲の八重桜が満開。きれいでした。

長野県営球場のほうは、入口にある紅白のハナミズキが満開。バスの道すがらもハナミズキの街路樹が多かったですけど、別に市の花ではないみたいです。ちなみに市の花はリンゴ。

180429-06.jpg   180429-07.jpg

180429-08.jpg特に暑かった土日。以前来た時はこのあたりで雨風をしのぎながら試合開始を待ってました。今回は暑さしのぎ。ここにビニールシートを敷いて観戦のご家族連れもいたりして。

一塁側ベンチ上から三塁側ベンチ上までずっと、ネット裏2メートルくらいの幅でコンクリート部分は立ち入れず。正面からの撮影は絶望的ですが、その横の柵は低く、見やすい球場です。撮りたかったなあ、ここで胴上げ。

180429-09.jpg

180429-10.jpgベンチ前に水を撒く森脇慶太マネージャー。柵が低いからこそ撮れる絵で、こんな絵面は他球場ではなかなかお目にかかれません。

8回に点灯。でも照明塔より、向こうの建物に反射する西日のほうがまぶしかったです。

180429-11.jpg

180429-12.jpg地方大会などでチームを分割する時は、高安健至コーチがいつも留守番組を見ていました。今回は高安コーチも含めかなりの人数を連れて、必勝態勢で獲りにきた長野大会。しかし。

まあ予選落ちの理由はいろいろ考えられますけど、それら反省点を踏まえて来週は九州大会。旧長崎の皆さんには、少なくとも審判へのストレスは軽減されるのではないかな。どうかな。四国も長野も、審判さんの目を慣らす機会が少なくて技能向上的には気の毒ではありますが、それはそれとして。選手権代表をかけた戦いですので、おかしなジャッジに点数や勝敗を左右されたくないですよね。

そして長野大会はトヨタ自動車が優勝。決勝の先発が佐竹功年投手って、うわ、トヨタさんも本気の本気で勝ちにきましたね。MHPSと佐竹投手の対戦、一度見てみたいなあ。

西濃運輸 2-3 トヨタ自動車
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40005/22162.html


コメント

管理者にだけ表示を許可する

  ※セキュリティの関係で、コメント訂正・編集は不可になりました。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages