Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 九州大会を振り返る前に

都市対抗代表決定リーグ戦が始まる前に九州大会を振り返りたかったのですが、書きたいことがありすぎて時間切れ。都市対抗予選が終わってからゆっくり振り返ることにします。

180524.jpg


九州大会では多くの方にお声がけいただき、ありがとうございました。「三菱の社員なんですか?」 ともよく尋ねられましたが、いえいえ、そうではありません。
PC版には簡単なプロフィール載せてますし、以前にもちょこちょこ書いたことがあるのですけど、じゃあ改めてまとめてみようかと。

昔、カメラマン仕事の傍ら川崎球場でアルバイトをしていた時、都市対抗野球に出会いました。それまでもスポニチ大会などは見にいったことがあったのですが、都市対抗予選は別格。プロ野球とも高校野球とも違う楽しさ。東芝・日産・鋼管などのプレーと、応援の迫力には圧倒されましたねえ。
仲の良い叔父がキャタピラー三菱勤務だったので、スリーダイヤ繋がりで三菱重工横浜・三菱自動車川崎に親近感。さらに、知り合いだった長尾投手が入社したこともあり、三菱横浜がいちばん好きなチームになりました。

試合撮影したり練習見にいってる時に、当時の臼井監督の九州弁がなんとなく気になって。
「監督は、ご出身九州ですか」 「福岡」 「あ、うちの母も福岡です」 「嘉穂郡ってわかる?」 「うちも嘉穂です」 なんて調子で突き詰めていったら。実家がすぐご近所で、監督のお父上とうちの祖父がイトコだと判明。先述した叔父が、臼井監督の家庭教師をしていたこともあるそうな。うわ、世間は狭い。
「さとーさんは俺の親戚だから丁重に扱え」 と、田中強志マネージャーにお達しがあったという話を、つい先日聞きました。強志さんにはひとかたならぬお世話になりましたが、そんな裏話があったとは。

ただその後、体壊して写真業を断念し、会計方面へ転職。その間10年近く多忙で、社会人野球とは縁の薄い時期もありましたが。
2001年、三菱横浜のクラブ化が心配で、また足繁く球場へ通うようになりました。厳しい状況なのにとても楽しそうなチームを見て、撮りたい心がかきたてられ再びカメラを手にもしました。今勤めている広告会社に転職したのもその頃です。
そして廃部の危機に際し、最後の1年を記録しようとブログを開設。しかしやがてチームは危機を乗り越え、ブログもそのまま現在に至る、って感じですね。

遠く離れたご家族やお知り合いに、元気でやってますよと伝えられたらいいな。仕事で見にこられない皆さんに、野球部こんなふうに頑張ってますよと伝えたいな。──そんな思いで、日々つらつらと。皆の笑顔をこれからも追いかけていきたいと思いますので、今後ともよろしくおつきあいください。



コメント

ありがとう😊

サトーさんの三菱横浜⚾️野球部愛の履歴を
改めて確認できました⤴︎
これからも、宜しくお願います🙇🏻‍♂️

都市対抗優勝経験どころか予選突破も四苦八苦のチームが激戦地・神奈川で存続してきたのも、サトーさんはじめいろんな人たちの支えがあったからですね。

>浜の大魔神さん
温かく迎えてくださる皆さんのおかげで、これまで続けてくることができました。
こちらこそこれからもよろしくお願いします。

>ビンさん
ブランクの後も、強志さんが副部長で関わっていてくれたのが大きかったですね。
強豪がどんどんなくなっていく中、生き残ってくれているチームに感謝です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>21:27コメントの方
鹿児島の方かな。事務局のほうからもお話聞きましたよー。
指宿ではお目にかかれず残念でした。
しっかり活躍してくれればどんどん話題にしたいと思ってますので、
遠く離れていても、応援の念を送ってあげてください(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>00:05コメントの方
はい、じゃあ次の機会を楽しみに。
勉強の励みになるような活躍をしてもらいましょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いやー長い間ありがとうございます。 私との関係も、数十年になるわけで・・・社名が変わったりチーム名まで変わったりと、いろいろ有りましたね。
これからも温かい目(レンズ)でチームを見守っていってください。^^:

>サスケさん
いろいろありましたねー。
サスケさんの先頭打者ホームランとか、今でもくっきり覚えてますよ。
あの時代からすると、補強選手を取るなんて考えられないですよね(笑)。
管理者にだけ表示を許可する

  ※セキュリティの関係で、コメント訂正・編集は不可になりました。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages