Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 都市対抗/MHPS-鈴鹿 2

では三菱日立パワーシステムズ-Honda鈴鹿戦を振り返ります。

ポール際まで埋めた一塁側スタンド。このあと外野も1ブロック埋まってました。教育委員会から横浜市内のご家族ご招待があったようで、小学生くらいのお子さんにはホームランが分かりやすいですね。…だからというわけでもないでしょうが、の試合展開でした。

180715-03.jpg

三塁側は真っ赤に埋まる、さすがの特定シード。第1試合のHonda熊本に引き続き、応援の方も多かったことでしょう。ここまで狭山・熊本と2連敗。鈴鹿はHondaチーム最後の砦です。

180715-04.jpg

今年から、選手紹介は顔写真付き。出身校も紹介されているので、「へー、神奈川大なんだ」 とか、相手チームでも親しみがわきますね。最近のJABAはいろいろ頑張ってると思います。
ということで、スタメンはこちら。先発マウンドは大方の予想通り、MHPS・奥村政稔投手、鈴鹿・平尾奎太投手。

180715-05.jpg

180715-06.jpg   180715-07.jpg

180715-08.jpg1回表は奥村投手がピシャッと3人で押さえ、1回裏
八戸勝登選手がさっそくレフトへヒットで出塁。

そのあと2者連続キャッチャーファウルフライでチャンス逸したかと思いましたが…。

龍幸之介選手がライト上段へ2ランホームラン! 打球が大きすぎて、追い切れませんでした。2-0。補強選手たちも一緒になって、エルボータッチで喜びあいます。

180715-09.jpg   180715-10.jpg

180715-11.jpg

2回3回と先頭打者をヒットで出しつつも、そのあとを踏ん張る奥村投手。春の地方大会でも見慣れた展開です。

180715-12.jpgそして要所で三振を取るたびに、ガッツポーズや拍手で盛りあがるベンチ。いつもいつも、彼らはとってもポジティブ。

スミ2のまま得点動かず。
しかし5回裏、1死から二橋大地選手が低めをすくい上げてレフトへソロホームラン!

180715-13.jpg   180715-14.jpg

拍手をしながら塁を回り、戻ってきて龍選手と喜びあう二橋選手。同期のふたりが打ちました。貴重な追加点です。3-0

180715-15.jpg   180715-16.jpg

180715-17.jpg   180715-18.jpg

6回表。ヒットの走者を出してしまったあと、おあつらえ向きにセカンド正面のゴロ。しかしゲッツーを焦ったか、久保晧史選手が見事なトンネル。チェンジになるどころか、一気に一三塁のピンチになりました。

180715-19.jpgショックを隠せない久保選手。そこへ 「1アウト1アウト」 と、レフトからここまで声をかけにくる龍選手。彼は気配り上手です。

180715-20.jpg犠牲フライで1点取られはしましたが、それ以上は三振で食い止めました。
グッとこぶしを握ってガッツポーズの奥村投手。笑顔で皆のもとへ向かいます。

180715-21.jpg   180715-22.jpg

以前なら力んで三振を取りにいき、痛打を浴びたり四球になったりしたようですが、この日はとてもクレバーな大人の投球。相手を頭脳的にかわして、チームプレーに徹した配球だったと思います。奥村投手にとって褒め言葉になるか分かりませんけど、トヨタ・佐竹投手と同じくらい冴えた内容。レベルアップしたところを見せてくれました。

6回裏、鈴鹿は補強の川脇輝生投手に交代。
取られたら取り返す。龍選手の打球はまたもライトへ。フェンス最上部に当たって跳ねて、ボールはグラウンドへ。惜しいという顔で、龍選手は二塁止まり。あれ、ホームランじゃないの?

180715-23.jpg  180715-24.jpg  180715-25.jpg

塁審のホームランコールに、走り出す龍選手。満面の笑顔で、ベンチにガッツポーズです。

180715-26.jpg  180715-27.jpg

180715-28.jpgしかし鈴鹿の甲元監督から、ホームランではないのではないかと抗議。審判団が集まって協議しますが、改めて球審からホームランのコール。

東京ドームは、緑のラバーフェンスの上に黄色いバーと金網が二段構え。金網を超えたラバーフェンスの最上部で跳ねたように見えましたが、TVのスローモーションで見ると内側か外側かは判別できず。厳密にはそのへんどうなんだろ。

180715-29.jpgここで鈴鹿は瀧中瞭太投手に交代。いい投手でしたねー。MHPS打線、手も足も出ず。7回には3者連続三振。瀧中投手が先発だったらと思うと、ゾッとするような好投でした。

180715-30.jpgMHPSも継投に入ります。
7回表、走者2人を出し2死になったところで、後藤隆之監督がボールを持ってマウンドへ。奥村投手はこれ以上ない笑顔で、左澤優投手にあとを託します。

180715-31.jpg去年も補強に選ばれた左澤投手。ただその時はあまりピリッとしない内容でした。今日は完璧なリリーフ。1回1/3をピシャッと抑えてくれました。

180715-32.jpg9回は本多裕哉投手。死球の走者を出しますが。
最後は6-4-3のゲッツー。最後のアウトを取ったファースト二橋選手が嬉しそうです。

180715-33.jpg   180715-34.jpg

180715-35.jpg   180715-36.jpg

180715-37.jpg   180715-38.jpg

後藤監督の勝利インタビュー。とにかく初戦はエースの投げ合いになりますし、とにかくここを突破したいと戦前におっしゃっていた監督。幾分ホッとされたことでしょう。

180715-39.jpg
画像はハメコミ合成です

3本のホームランで全得点なんて、MHPSにしては珍しい内容の試合になりました。これはこれで楽しかったけど、次戦は繋ぐ野球が見たいです。
次はMHPS横浜にとっては天敵のNTT東日本。でも長崎が加わってからは互角なんですよね。昨年優勝チームに対して、どのような戦いになるでしょうか。
7/19の第1試合、10時半プレイボールです。今度は三塁側。



コメント

管理者にだけ表示を許可する

  ※セキュリティの関係で、コメント訂正・編集は不可になりました。

 

 | HOME | 


TOTAL Pages