Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 北海道東北大会/雨天順延

雨です。とりあえず今日はホテルでゴロゴロ休養。
窓の外から、けっこうな雨音が聞こえます。向こうのビルは霧でかすんでます。

170513.jpg

2009年に優勝した時も、一日順延したことを思い出します。あの時も 「雨よりも霧がひどくて中止」 と、松下監督がおっしゃっていましたが。
東北は霧が多いのでしょうか。それとも吉兆でしょうか。

吉兆と言えば、今年のJABA大会は意外と決勝トーナメント1位が優勝できず、順位によらず予選3日目までに進出を手中にしたチームの優勝が多い感じがします。何となくいい感じ(笑)。

まだ全試合終わらないと分かりませんが、他ブロックをザッと見回した感じでは、MHPSは3位か4位になりそうな雲行きかな。

 北海道東北大会/MHPS-室蘭 1

前提をおさらいしておきましょう。
第2試合で七十七銀行がTDKに勝つと、七十七が3勝で1位確定。
TDKが4点以上取って勝つと、2勝1敗が3チームになる可能性が生まれ、さらに総失点数の関係でMHPSが息を吹き返します。ただTDKさんは七十七には分が悪いという事前の話もあり、七十七の好投手から4点というのもハードルが高い話。

が、奇跡が起きました。
誰もが悲観的だった、TDKの大差勝利。これが結構な点の取り合いとなり、TDKが4点目のホームを踏んだ時には、思わず小さくガッツポーズ。結局七十七-TDK戦は9-4でTDK勝利となりました。

これで2勝1敗がまず2チーム確定。
総失点はTDK12、七十七が13。MHPSは今のところ7。なので、第3試合でMHPSが室蘭に4失点以内で勝てば、ブロック1位確定。5失点でも、今度は得失点率差の比較で、微妙ですが1位の確率高し。
TDKさん、アシストありがとう! 浜松でMHPSの大逆転を応援してくれた、ヤマハの気持ちがよく分かりました(笑)。

ただ、この時点ではTDK1位の可能性も残ってます。
MHPSが6失点以上すれば、総失点でTDKのほうが上位。
もしくはタイブレークに突入すれば、MHPSは4-4+3=3ポイントとなり脱落。TDKと七十七が4ポイントで並び、総失点の少ないTDKが1位。


ということで始まった、三菱日立パワーシステムズ-室蘭シャークス戦。
打撃好調ですし少なくとも2・3点は取れるだろうと思っておりましたが、室蘭の投手も良く、これがかなり手こずりまして。
初回にヒットで出塁の鶴田翔士選手が暴投・牽制悪送球で進塁し、さらに暴投で本塁まで還ってきた1点のみ。ちなみにこれは全部、久保晧史選手の打席時の出来事でした。

1点もやれない試合じゃキツイからTDKさんさらに点を取ってくれと願い、それが叶ったのに、結局は1点もやれない試合になりました。
このあとはいろいろ微妙な判定もありつつの。後半は、室蘭が塁に出るたびにドキドキ。特に8回9回は、この土壇場で追いつかれたら、タイブレークで勝ったとしても予選敗退決定。もう、あの金港戦並みに生きた心地がしませんでした。怖かった(^^;

しかし虎の子の1点を守り抜き、みごと完封リレー。総失点7でブロック1位を決めました。
先発・亀川裕之投手と、リリーフの本多裕哉投手です。

170512-01.jpg  170512-02.jpg

三菱日立パワーシステムズ 1-0 室蘭シャークス
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40060/20219.html

 北海道東北大会/TDK-MHPS 1

初回に、エラーなどから3点先行された三菱日立パワーシステムズ。
こちらの攻撃は残塁祭り。2度の満塁を含め何度もスコアリングポジションに走者を送るものの、まったく得点できず。昨日同様、歯がゆい展開。野球部公式ツイッターも 「あと1本が…」 と、うめいたほど。今日の担当は松下さんでした。

しかし8回表。河野凌太選手が四球を選んだところから、反撃が始まりました。
代打・竹内啓人選手のタイムリー二塁打で1点返し、さらに無死満塁。ここで鶴田翔士選手が、左中間深々タイムリー二塁打。4-3と逆転! さすが!
戻ってきた走者3人とタッチする後藤隆之監督、斉藤裕次郎コーチ。代打・代走策もドンピシャでしたね。

170511-01.jpg


全部で打者12人を送る猛攻。この回一挙7点。コールド負け寸前から引っくり返した静岡大会、パナソニック戦を思い出した方も多かったようです。

TDK 3-7 三菱日立パワーシステムズ
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40060/20195.html

これで1勝1敗。
明日の第2試合七十七銀行-TDK戦で、七十七が勝てば3勝0敗。万事休す。
しかしもしもTDKが4得点以上で勝ち、第3試合でMHPSが完封勝利すれば、2勝1敗が3チームになりポイントも同点。総失点数でMHPS1位の可能性も。
もしくはTDKがコールド勝ちでも、ポイントでTDKとMHPSが並び、同じく総失点数でMHPS上位の可能性。

もっぱらTDK頼みの限られた条件なので、難しいとは思いますが。ただ去年のベーブルース杯でも、とってもピンポイントな条件を幾つかクリアして、奇跡のような準決勝進出だったんですよね。今度はどうでしょう。


【今日のおまけ】
170511-02.jpg右側の方は、あの日ハム大谷翔平投手のお父さま、大谷徹さん。大谷家のご長男は、トヨタ自動車東北のコーチ兼外野手。その応援に奥さまとご一緒に。
早めに来られて、古巣三菱重工横浜(現MHPS)も観戦。そのあと松下安男事務局長と一緒に撮らせていただきました。

松下さんは、大谷投手入社に向けて動いた時以来の再会かな。自分は大谷さんが野球部在籍時以来ですが、覚えていてくださって嬉しかったですねえ。
野球部OB会にもいつか来てくれるといいな。

 北海道東北大会/七十七-MHPS

今日は東北勢が全勝。選手権確定しているHondaとはいえ、コールド負けなんて驚き。

三菱日立パワーシステムズも敗戦。
昨年のベーブルース杯では14-0という大差で破った七十七銀行ですが、残念ながら今日は四球とエラーに乗じて一気にたたみかけられました。
都市対抗予選に向けてさらにいろいろ試している感じかと思いますが、塁はにぎわすものの、あと1本がでない歯がゆい展開だったようです。

七十七銀行 4-2 三菱日立パワーシステムズ
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40060/20183.html

あとは残りの2試合を勝った上で、2勝1敗が3チームになることを祈るしかないですね。
今日は気温も試合も寒かったみたいですが、明日は暖かくなりますように。

 都市対抗西関東予選組合せ

都市対抗西関東予選の組み合わせが発表になりました。
ABC3ブロックに分かれ、まずはクラブチーム同士が戦い、勝者が企業チームに挑みます。
三菱日立パワーシステムズはBブロック。初戦は以下の通りです。

第88回 都市対抗野球大会西関東予選
http://www.jaba.or.jp/taikai/2017/toshitaikou/pdf/nishikanto_2.pdf

5/27(土)11:30 MHPS-(サザンカイツ-マルユウの勝者) 横浜スタジアム

これに勝つと、代表リーグ戦。Aブロック勝者との対戦です。
昨年同様5/29・30に連勝すれば第一代表。
各チーム1勝1敗の場合は、6/6からのトーナメント戦になります。

5/29(月)18:00 Aブロック1位(東芝を想定)-Bブロック1位(MHPSを想定)
5/30(火)18:00 Cブロック1位(ENEOSを想定)-5/29勝者
5/31(水)18:00 5/29敗者-Cブロック1位


昨年は東芝戦で五十嵐大典選手がサヨナラヒット。これで勢いに乗りました。
今年はどんな展開になるでしょうね。早くもドキドキします。


5/10の一時雨予報は夜になってかららしい、という現地情報をいただきました。ありがとうございます。ただどうせ行くならやっぱり石巻球場にも行きたいと思いはじめてしまい、体調とも相談して5/11に向かうことにしました。もし決勝トーナメントに進めた場合、2往復するよりは行きっぱなしのほうが楽ですもんね。
10日は仕事に専念しつつ、吉報をお待ちしております。


 『GRAND SLAM』 No.49

今さらながらの話題。もうかれこれ1ヶ月以上前ですが、『GRAND SLAM-グランド・スラム-』 49号が発売になってます。

170506-1.jpg三菱日立パワーシステムズのページは選手名鑑と、チーム紹介ページがさらに見開き。なにしろ名鑑だけで1ページ半使っちゃってますしね(笑)。
この取材は多分2月のキャンプ中、まだまだこれからという時期だと思いますが、読んでいる今の時点ではもうすっかりチームはまとまってきているので、その裏付け記事としておもしろく読みました。

名鑑のほうでは、『GRAND SLAM』 誌的には横浜の在籍年数はそのままに、長崎は転籍扱い。なんだかちょっと違う気はするけれど、神奈川10年表彰などを考えるとそうなっちゃうか。ちなみに坂上真世コーチは、一光から移籍して今年で神奈川10年目です。表彰対象ですね。

好きな略し方ではないけれど、自分的には「ハマショー」 といえば浜田省吾。静岡県民にとっては浜松商業だそう。ところで浜屋将太投手のニックネームは 「はましょう」 だとか。あ、なるほど確かに。
先日は常道翔太選手も 「ツネショー」 と言われてたりしてましたが、「しょう」 の付く選手わりと多いですねえ。


170506-2.jpg本の話題ついでに、こちらは今年の 『公認野球規則』。何年かおきに購入してますが、去年条文の番号が大幅に変わりましたのでどうにも不便で、今年は買わなくちゃと思っていて。しかし横書きだとなぜか頭に入りにくいですねえ。通勤時に改めて読み直してますけど、簡単に眠くなります(笑)。

2017年野球規則改正 
http://www.jaba.or.jp/topics/2017/pdf/kisokukaisei.pdf


今日はNTT東日本とのオープン戦に行くつもりでしたが、疲労蓄積と昨日の暑気あたりで気持ち悪くて起きられず。昨日首脳陣には、寝坊しなかったらの意味で 「起きられたら行きますね」 と申し上げたのですが。体調崩した成田選手に 「お大事に」 なんて書いておきながら、自分も体調崩すというお粗末ぶりでした(^^; 
東北大会のために体力回復しておかなくては。
オープン戦ではありますが、NTT戦の連敗は止まったみたいです。

 練習は嘘をつかない

170505-01.jpg金沢Gの桜をろくに見ないうちに、すでに青いさくらんぼになってました。

本日正午の気温は横浜22度だったようですが、嘘だあ!という感じ。チームの皆さんも 「暑い…」 と音を上げるくらい、メチャクチャ暑かったです。
昼夜の寒暖差がきついせいか、体調崩す人も増えてますね。成田昌駿選手は発熱して寝こんでいるそう。お大事に。

170505-02.jpgこのごろ自分的に絶賛度急上昇の鶴田翔士選手ですが、成長度も急上昇なのだとか。こちらへきてからの練習量がものすごいそうです。
村山正誠選手も守備・打撃とも好調ですが、彼も今年はよく休日に来て練習してると聞いたことが。
うーん、やっぱり練習は嘘つかないってことですねえ。

ということで、今日の練習風景。
いつもと違う方向から、総勢43名のダッシュ。今日は野手だけ、さらにダッシュを追加。

170505-03.jpg

170505-04.jpg

キャッチボールのあとに全員集合。そして各ポジションへ散る野手たち。走り方に元気があふれていて、かっこいいです。

170505-05.jpg


170505-06.jpg今日は外野手特集をば。ノッカーは坂上真世コーチ。ボール出しは甲斐翼投手。
奥村政稔投手が、中間地点で送球を受ける係。終わったあと、外野手たちが 「奥さん、ありがとうございます」 と口々に。奥さん?誰の奥さん?と一瞬考えてしまいました(笑)。

170505-07.jpg   170505-08.jpg   170505-09.jpg

170505-10.jpg   170505-11.jpg   170505-12.jpg

170505-13.jpgその奥村投手に向けてでなく、カメラ目線でこちらに送球動作の中西良太選手。び、びっくりするじゃないか(笑)。

江越海地選手のじゃまをする、いたずらっ子な龍幸之介選手なども。

170505-14.jpg   170505-15.jpg   170505-16.jpg

170505-17.jpg   170505-18.jpg   170505-19.jpg

170505-20.jpg中西選手はそのあと内野手に混じってサルさんのノックも受けてましたが、内野手よりさらに腰が低くていい感じでしたねえ。

170505-21.jpgグラウンドは乾いてカラカラ。
全体練習後は、スプリンクラーで芝にも散水。
X攻撃なんてのがバレーボールにあったなあと、なんとなく思い出したりして。

170505-22.jpg

170505-23.jpgこのスプリンクラーは手動で回転。何がトラブったのか、バックスクリーン前のスプリンクラーが暴発状態。手こずっているのは八戸勝登選手。

170505-24.jpg誰かがホースで撒いた水に、逃げ惑っていた選手たち。これは逃げそこねた八戸選手。今日は、水もしたたるいい男って感じですね。

170505-25.jpg童心に返って水と戯れていた選手たち。

ここには写ってませんが、二橋大地選手は思いきり水を浴びせかけられてしまい、大憤慨でした。まあ水圧で子どもが大ケガしたニュースなんかもありましたから、冗談はほどほどに。

170505-26.jpg   170505-27.jpg

170505-28.jpg後藤隆之監督も一緒に、芝生の掘られたところに土を足したり、草むしり。グラウンドのメンテナンス中。

170505-29.jpg個人練習では。渋谷ロバート選手と塩見泰史選手は、サルさんに見てもらって送球練習。


170505-30.jpg【今日のおまけ】
「日立大会中に二人目が生まれたんですよ」 と嬉しそうな五十嵐大典選手。おー、それはおめでとうございます。
一姫二太郎だそう。奥さまは新潟にお里帰りで、対面したのは1週間後だったとか。毎週新潟通いは大変そうですが、日に日に可愛くなるのを見るのは楽しみですね。

前へ << | HOME |  >> 次へ


TOTAL Pages 307