Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 日立大会/住金鹿島-MHPS

先取点をあげたものの、スミ1はイヤだなあと思いながら速報をリロード。

今日の野球部公式ツイッターは、おそらく矢島崇さん。4-0となりホッとしたのもつかのま、一波乱あるところがやはりこのチーム。後半のハラハラする状況を伝えてくれました。

新日鐵住金鹿島 4-7 三菱日立パワーシステムズ
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40009/19769.html


明日は一日空きます。16チームで2球場だと、どうしても5日間になり空白日ができてしまいますね。観戦する側としては4日間で終わってくれたほうが予定を立てやすいけれど、チームとしては連戦になるより歓迎なのかな。どうなんでしょ。

 東北大会組合せ

浜松の話題はまだありますが、とりあえずこちらを先に。

北海道・東北大会の組み合わせが発表になりました。
三菱日立パワーシステムズはDブロック。対戦相手は以下の通りです。

第59回JABA北海道大会兼第48回JABA東北大会 組合せ
http://www.jaba.or.jp/taikai/2017/jabataikai/pdf/touhoku_hokaido.pdf

5/10(水)14:00 七十七銀行-MHPS    仙台市民球場
5/11(木)11:30 TDK-MHPS         仙台市民球場
5/12(金)14:00 MHPS-室蘭シャークス  石巻市営球場
5/14(日) 8:30  準決勝・決勝         仙台市営球場



さて、どうしよう。もちろん全部ぶっ通しで見たいけれど、仕事の兼ね合いでそうもいきません。どういう日程で見にいこうかなー。

しかし前回、石巻球場は石巻駅からバスで行きましたが、今回検索しても徒歩30分ルートしか出てこない。タクシーで行くしかないのかな。
そして仙台のホテル。金曜土曜は料金が倍に跳ね上がり、特に土曜は軒並み満室。これっていわゆるインバウンドの影響なのでしょうか。楽天の試合があるわけでもないしなあ。
そのへんも含めて、観戦日程要検討です。久しぶりの東北、楽しみ♪

※コメント欄で教えていただきました。日曜に国際ハーフマラソン開催だそう。

 静岡大会/パナ-MHPS 3

12時6分から始まった、パナソニック-三菱日立パワーシステムズ戦。 [ここまでの経過]
8回裏、コールド負け寸前だったMHPSが6-8と猛迫中。しかもまだ無死一二塁というところで──。

170406-35.jpg中盤から降り出した雨が一段と激しくなり、中断。時に15時18分。大粒の雨の中、シートが張られます。

170406-36.jpgグラウンドは、見る見るうちに田んぼ状態。
わー。これ、続行は無理でしょ。
でも打ち切りにするにも、30分は待機しないといけません。

こういう場合サスペンデッド(一時停止、後日再開)に出来るんだっけ?

170406-361.jpgスタンドにいた冨里悠選手に尋ねてみたら、「試合は成立してるので、7回の1-6で終了でしょう」 とのこと。
あ、そうか。ルールブックの“正式試合”の項にそういえばそんな規定があったっけ。表裏完了した回の得点で決するんですよね。裏のMHPSが追いつかない限り、8回の得点はお互いなかったことになるのでしたね。うーん、この猛攻がチャラになるのは、いかにも惜しい。
帰宅してルールブックを見たら、照明の故障や同点がらみでないとサスペンデッドにはできないんですね。

浜松球場は屋根がないため、階段下に一旦避難しました。集まった観客の皆さんも、一様に興奮の面持ちです。いやあ、こんな試合になるとは思ってもみなかったですよねえ。いろいろ魅せてくれますねえMHPS。

ただあのグラウンド状態で、続きができるとも思いませんでしたけど。
そのうちアナウンスが聞こえます。え?聞こえなーい。何?やる?やれるって言ってる?
中断から20分。スタンドに出てみると、雨はほとんど上がってます。グラウンドもさきほどの水浸しではなく、あちこち水たまり状態に。水はけいいなあ浜松球場。どうやらアナウンスは、これから整備するという内容だった模様。じゃあ、この隙間をぬって昼食。

170406-37.jpg球場整備の方に混じり、森脇慶太マネージャーやベンチアウトの選手・交代した選手たちも整備に駆り出され、スポンジで水を吸い取ります。

170406-38.jpgヤマハの選手がいっぱい。
打ち切りでパナソニック勝利確定すると、次の試合で勝ってもブロック2位のヤマハ。しかしMHPSが逆転勝ちとすると、1位の目が出てきます。
絶対この試合を続けさせようと、整備にものすごく頑張ってくれたのだとか。MHPSとしては複雑な思いだったでしょうけど(笑)、ありがとうヤマハさん。

「16時45分を目処に試合再開します」 とアナウンス。もう何時だって待ちますよの気分です。こんなワクワクさせてくれる試合、滅多にありません。

170406-39.jpg選手たちも戻ってきました。これから打席に入る久保晧史選手や加治前竜一選手は、リラックスした表情。

16時48分。1時間半の中断をはさみ、8回裏無死一二塁で再開です。

170406-40.jpgパナソニックは安部健太投手に交代。
久保選手は大きなセンターフライで、二塁走者・八戸勝登選手がタッチアップ。1死一三塁。

170406-41.jpgそして加治前選手。2本目のバースデータイムリーヒットはレフト前。
八戸選手が悠々生還、7-8。あと1点!

170406-42.jpg    170406-43.jpg

常道翔太選手のヒットから始まった8回の攻撃。2度目の打席は四球。これにもベンチは拍手とガッツポーズ。もう一球一球に拍手と歓声で、そのたびにベンチを撮るのが楽しかった終盤でした。

170406-44.jpg    170406-45.jpg

1死満塁。パナソニックは左の榎本亮投手に交代。

170406-46.jpg後藤隆之監督が出て、代打を告げます。さきほど代走の江越海地選手に代わり、右の大砲・対馬和樹選手。

対馬選手の打球はセンターへ高々。タッチアップには充分。鶴田選手がスタートを切り、同点のスライディング。8-8! 追いつきました! 待機しているヤマハ選手たちも拍手です(笑)。

170406-47.jpg    170406-48.jpg 

170406-49.jpg


170406-50.jpg2死一二塁から、村山正誠選手。
はじき返した打球は右中間を越え、フェンス際を転々、三塁打。加治前選手がガッツポーズを作りながらホームインし、次打者・園田選手と思いきりタッチ。常道選手も長駆生還。10-8! 逆転!逆転!

170406-51.jpg    170406-52.jpg

殊勲の村山選手に向けて、ベンチはお祭り騒ぎです。ヤマハの選手たちまで、村山選手に向けてガッツポーズ(笑)。嬉しいやら、おかしいやら。何というか、いいなあ社会人野球。

170406-53.jpg


170406-54.jpg9回表。照明がともりました。2時半には終わるかなと思った試合が、もう5時です。

マウンドには鶴田祥平投手。久々の躍動感。ENEOSに補強された時のような、完璧な投球です。ベンチは相変わらず一球一球に拍手と声援。

170406-55.jpg    170406-56.jpg

170406-57.jpgライトフライ、セカンドフライ。そして最後はセカンドへのライナー。久保選手ががっちりつかんで試合終了。
中断をはさんで5時間5分。今日も全員野球でした。諦めないってすごいなあ、野球って怖いなあ楽しいなあ、と思わせてくれた試合でした。

170406-58.jpg    170406-59.jpg

170406-60.jpg

170406-61.jpg


次の東海理化-ヤマハは、17時41分から始まったナイトゲーム。東海理化が勝てば、MHPSがブロック1位。寒さに震えながら見てきましたが、一時は逆転されながらも、MHPS勝利で息を吹き返したヤマハが再逆転。グラウンド整備を頑張ってくれた、善行の勝利と言っていいかもしれません(笑)。
この結果、ヤマハとMHPSが2勝1敗で並び、当該対戦に勝ったヤマハがブロック1位。

2日順延となった最終日は今日となり、決勝は東京ガス-ヤマハでおこなわれ、東京ガスが勝ったそう。おめでとうございます。

第64回 JABA静岡大会 組合せ
http://www.jaba.or.jp/taikai/2017/jabataikai/pdf/shizuoka.pdf

 静岡大会/パナ-MHPS 2

170406-01.jpg初めての浜松球場。
まずは本塁と一塁の間で撮りたいところですが、球場にはめずらしく網が白い。画面にうっすら白いボケが写りこんでしまうため、ここから撮るのはきびしそう。

170406-02.jpg三本間の延長線上あたりなら網の色は問題なかったので、とりあえず今日はここから。ただ柵と網に間隔があるため、一塁方向へレンズを振ると網にピントを完全に持っていかれて難儀しました。これ、悪送球でセーフ!の場面なんですけどね(^^;

パナソニック-三菱日立パワーシステムズ。12時6分試合開始です。この試合が終わったら、次の試合を見ながら昼食とろう、と思っていた試合前。

170406-03.jpg

スタメンです。最初の頃は9番だった龍選手が6番に。竹内選手の9番は 「お?」 という感じ。
先発マウンドは、MHPS大野享輔投手。パナソニック藤井聖太投手。
 
170406-04.jpg

170406-06.jpg      170406-05.jpg

1回表の守備は、走者を出すも牽制球でチェンジ。

170406-07.jpg1回裏。四球の八戸勝登選手を鶴田翔士選手が送り、加治前竜一選手はレフト前にバースデータイムリーヒット。八戸選手が還り1-0

170406-08.jpg    170406-09.jpg

2回裏。龍幸之介選手がヒット、前田雄気選手はバントが悪送球、八戸選手もヒットで2死満塁。

170406-10.jpg鶴田選手はうまく流し打ち、レフト線への浅いフライ。タイムリーヒットだと思いましたが、パナソニックのレフト岩本大祐選手が倒れ込みながらファインプレー。走ってくる2走者も、この時点では得点を確信していたことでしょう。その後、アウトのコールに信じられない表情でした。
ここで得点できていれば、楽勝だったかも。パナソニックにとって大きなプレーでした。

170406-11.jpgそして4回表。2番からの打順で1人おきにヒットを打たれ、1-1の同点に。
このあたりからポツポツと雨の粒。予報では夕方からのはずだけど。

170406-12.jpg4回裏の攻撃時には結構な降り。ヘルメットから雫がしたたり落ちます。

170406-13.jpg左手に傘、右手にシャッター。
緑色の柵に水滴。向こうの網にもびっしりと雨粒がついて、カメラのピントがさらに厳しい状況となりました。そろそろ三塁側から撮ってみようかとも思ってましたが、身動き取れず。

170406-14.jpg5回表の大野投手は、圧巻の3者連続三振。
そのあと雨も小康状態に。

170406-15.jpg6回表。ヒットの走者を置き、レフト龍選手が痛恨の落球。犠打で1死二三塁となり、福原謙太選手のセンターオーバー二塁打で2者生還。1-3

170406-16.jpgさらに四球を出したところで、本多裕哉投手に交代。

170406-17.jpgヒットを打たれ1死満塁。しかしここは、セカンドゴロで本塁フォースアウト。
それ以上の加点を食い止めます。

雨がまたポツリポツリの7回表、パナソニックはまた2番からの攻撃。本多投手が突如ストライクが入らなくなり、3連続四球で1死満塁。三塁前のゴロは本塁送球したかったところですが、イレギュラーバウンドして一塁アウトにするのが精一杯。1-4
2死二三塁から、センター前浅いヒットで2者生還。1-6
さらに四球を重ねたところで、藤本鈴也投手に交代です。藤本投手も四球を出し2死満塁となりますが、三振でチェンジ。パナソニックはこの回、打者一巡で3点。

8回表には本降りになり、グラウンドもだいぶ水を含んできました。ベンチ前には水たまり。

170406-18.jpg    170406-19.jpg

170406-20.jpg

パナソニックはまた2番からの攻撃。1死二三塁からタイムリーヒットで1-7
ゲッツー崩れの間にさらに1-8。7点差がついてしまいました。裏の攻撃が無得点なら、コールドゲームです。

170406-21.jpg    170406-22.jpg


普通、ここから反撃できるなんて思いません。
しかし8回裏、追いつめられて俄然スイッチが入ったのか、降りしきる雨の中、早く終わりたいと藤井投手が投げ急いだのか。

170406-23.jpg先頭・常道翔太選手がライト前ヒット。

正直、1・2本打ったところで追いつけないし、雨の中はつらいし寒いし、無駄に抗わないでもう早く終わろうよ──なんて思いました。伏してお詫び申し上げます。m(_ _)m

龍選手も名誉挽回のレフト前ヒット。代走・江越海地選手。5回から守備に入っていた村山正誠選手の打球は、ゲッツーを焦ったかセカンドがエラー。あちらも痛恨のエラーです。なんといきなり無死満塁。
 
170406-24.jpg代打・園田崇人選手はライト前タイムリー。常道選手が還り、2-8。ベンチの龍選手は、思いきり両手を突き上げます。

170406-25.jpg    170406-26.jpg

とりあえずコールド回避したものの。この雨の中で9回裏までやるのかあ、無駄に抗わないで早く──と相変わらず思ってました。重ねて、伏してお詫び申し上げます。m(_ _)m

なおも無死満塁。竹内啓人選手のライト線二塁打で、江越選手と村山選手が還り4-8。お?

170406-27.jpg   170406-28.jpg   170406-29.jpg

無死二三塁。八戸選手はセンターオーバーの二塁打。園田選手・竹内選手が還り、6-8!

170406-30.jpg    170406-31.jpg

170406-32.jpg    170406-33.jpg

嘘みたい。どうしちゃったんですか、この驚異的な追い上げは。同点はもう射程距離内じゃないですか。しかもまだ無死二塁。大差だったからこそバント策もなかっただろうけど、5点も取っていながら無死って何。 ←嬉しい悲鳴
追い上げても1点届かない、そんなのもよくある話だけれど。
ここまできたら勝とう。勝てる。遅ればせながら、そんな気にさせられました。今にして、先頭・常道選手のあのヒットは大きかった、と手のひら返し。

170406-34.jpg藤井投手降板。代わった小屋裕投手はストライクが入りません。ワンバウンドを必死に止める三上恭平捕手は、前のめりになり手のひらとレガーズが泥だらけ。

鶴田選手が四球出塁したところで、雨はいよいよザーザー降り。球審が選手をダッグアウトに引き上げさせます。降雨中断。

というところで、長くなりましたのでブログも一旦中断。まだまだここから先も長いのです。

[こちらに続く]

 静岡大会/パナ-MHPS 1

激しく降る雨の中。8回コールド負け寸前から、皆で繋いでまさかの大逆転! 今日誕生日の加治前竜一選手も、タイムリー2本。Happy Birthday to You!
これは加治前選手が9-8逆転のホームを踏んだところ。

170406.jpg


しかし東海理化-ヤマハ戦はヤマハ勝利のため、残念ながらそちらがブロック1位となりました。

それにしてもMHPSは黒獅子旗こそないけれど、廃部寸前のクラブから復活したり、ノーヒットノーランや完全試合くらったり、そして今回の統合。良くも悪くもドラマチックなチームだと思います。そして今日も野球の怖さや楽しさ満載のこんなドラマを見せてくれるなんて、もう3試合分くらい見た気分で、満足しきって家路につきました。
「~新たな歴史を刻む~」
スローガン通り、新しいMHPSを感じさせてくれる試合でしたね。

三菱日立パワーシステムズ 10-8 パナソニック
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40013/19686.html

 静岡大会/明日の展望

静岡大会、だいぶ様相が見えてきました。
Aブロックは東京ガスが2勝1敗。明日の王子-西濃戦はどちらが勝っても、当該対戦で東京ガスが勝っているため、東京ガスの1位確定。
CブロックはJR東日本が3勝0敗で1位。
Dブロックは、トヨタとJR東海の2勝0敗同士が明日直接対決。この勝者が1位。

そしてBブロックは、4チームが1勝1敗同士のがっぷり四ツ。
明日の結果で2勝1敗が2チームになりますので、その当該対戦の勝者が1位。
考えられるパターンはこの4つ。ただMHPSが勝った時点で、東海理化は2位以下確定。同様に、パナソニックが勝つと、ヤマハは2位以下確定。前の試合の結果を受けて、東海理化-ヤマハは同じモチベーションで戦えないところが、明日の1位決定のアヤですね。

パナソニック●-○MHPS  東海理化○-●ヤマハ →MHPS1位・東海理化2位
パナソニック●-○MHPS  東海理化●-○ヤマハ →ヤマハ1位・MHPS2位
パナソニック○-●MHPS  東海理化○-●ヤマハ →東海理化1位・パナソニック2位
パナソニック○-●MHPS  東海理化●-○ヤマハ →パナソニック1位・ヤマハ2位


今日の野球部公式ツイッターは、後援会受付が一段落したところで松下安男事務局長が頑張ってくれたそうです。でも今日一日だけで帰浜だとか。明日は矢島崇さんと交代。矢島さんはどんなツイートをしてくださるでしょうか。
MHPSブロック1位通過は暗雲ではありますが、一応泊まり支度をして出かけようかな。

 静岡大会/MHPS-ヤマハ

2-4で負けましたー。7回あたりから野球部公式ツイッターが細かく速報してくれたので、仕事が手につきませんでした(笑)。

奥村政稔投手の先発。
現地観戦の方によれば、2回裏は四球の走者をタイムリー2本で返されて0-2だとか。
7回表はまた久保晧史選手・加治前竜一選手・常道翔太選手のクリーンナップ3連打で1-2
しかし8回裏、守備の乱れから2点献上。1-4と突き放され。
9回表は常道選手のタイムリーで1点返すも、2-4の敗戦。

三菱日立パワーシステムズ2-4 ヤマハ
http://www.jaba.or.jp/score_book/4/40013/19674.html


ただ明日パナソニックに勝てば、2勝1敗でまだ分かりません。
あとは2勝1敗が2チームになるか3チームになるかで、当該対戦かポイント・失点勝負になります。このあとの東海理化-パナソニックにも注目です。
木金と連休取って見にいくつもりではありますが、ここへきて静岡の週間天気予報が軒並み傘マーク。うわー。

前へ << | HOME |  >> 次へ


TOTAL Pages 304