Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 1988年の都市対抗予選

今日は別のことを書こうと思っていたのですが、昨日の話題をもう少し引っ張ります。

1988年ドーム元年の都市対抗予選。三菱重工横浜としては、代表を決めたいすゞ戦が語りぐさです。でもその前にもドラマはありまして。

一次予選の三菱重工横浜-三菱自動車川崎は、乱打戦の末10-9で横浜の勝ち。雨天順延だったため見に行けませんでしたが、松下安男選手が二塁打3本、小山田勝投手が逆転満塁ホームランを放ったとか。
そのあと三菱川崎も敗者復活戦で勝ちあがり、東芝・三菱横浜・日産自動車・日本石油・三菱川崎・いすゞ自動車といった6チームで二次予選になりました。

6/25土曜日から始まった二次予選。初日のいすゞ戦はまた雨で流れ、最終日以降に延期となりました。最初にぶつかっていたらどうなったでしょうね。これもまた運命のあやというものでしょうねえ。
そして翌日の日産戦は、松下選手のホームランで先制。その裏に逆転されたものの、すかさず望山一生・甲田高樹選手らのタイムリーで3-2と再逆転。あとは追いすがられながらも7-6で逃げきります。小山田投手が完投。日産は久保恭久投手でした。現在のパナソニック監督ですね。

初戦に良い勝ち方をしたことで、「今年こそ」 の期待がふくらみます。
しかし三菱川崎戦は、清水雅治選手の2ランなどで初回に6点取られ2-11と敗戦。三木洋志投手が1/3回で自責点6というのもショック大。
東芝戦も、中盤の長打攻勢で1-10と大敗。小山田投手が打ちこまれ5回降板だったとか。
平日のデーゲームでしたのでこの2試合は見に行けず、時々川崎球場に電話を入れて経過を聞いては 「今年もダメかあ…」 という感じでした。

120周年記念本によれば、ここで木下所長の剛毅な計らいがあったそうですねえ。その晩は寮で気分転換の大宴会だったとか(笑)。それが功を奏したのか、ナイトゲームの日石戦は昨日記したとおり4-3で勝利。

ここまでの結果はこんな感じです。代表3枠。東芝が3勝で王手。

勝敗


そして翌日はまた雨天順延となり、迎えた7/1金曜日。
東芝は日石に勝ち、第1代表を決めました。おそらく全勝するでしょう。
無理矢理早退して2試合目の三菱横浜-いすゞ戦を見に行きましたら、小山田-謝の投手戦。0-1の劣勢。ただお互いそれ以上点が入る気配はありません。
ここで負けると、第2代表は三菱川崎-日産の勝者です。そして残った1枠をかけて2チームか3チームで再度戦う、という状況でした。そうなるとかなり厳しい。この試合で2点取りさえすれば悲願の代表なのに──。

まあその先は何度も語っておりますけれども。
望山選手のサヨナラ3ランで、涙涙の初代表になりました。
第3試合では日産が勝利。勝ち点6で並び、当該対戦による順位決定で三菱横浜が第2代表、日産が第3代表となった1988年でした。

余談ですが、予選全勝で圧倒的強さを見せた東芝は都市対抗優勝。高見泰範捕手が橋戸賞でした。

 三菱横浜の野球教室2011秋

紅葉1ヶ月半ぶりの三菱重工横浜・金沢G。近辺の桜はすっかり紅葉してました。 

牧浦所長のご挨拶で、少年野球教室スタートです。今日は少年野球大会もあるとかで、参加人数は少なめ。小学校低学年のお子さんたちが主でした。

所長挨拶


平尾泰勢選手が中心になってストレッチ。外野を軽くランニング。牧浦所長も一緒にウォーミングアップです。

ストレッチ  ランニング

  

  


反応斎藤裕次郎コーチの合図で、体を右へひねったり左にひねったりの 「反応」。頓所裕一選手がお手本を見せたあとに全員で。
どさくさまぎれで隣にパンチ食らわせてるのはだーれだ(笑)。
そういうちょっかいを出すのは大抵佐々木選手です。

圓垣内・坂上参加人数が少ないことを、最初はちょっと寂しく思ったものの。しかしキャッチボールなど見てましたら、選手とマンツーマン状態というのはすごい贅沢ですねえ。いつもだとお子さん同士でコンビを組むことのほうが多いわけで、社会人野球選手とキャッチボールなんてなかなかできる経験じゃないですよね。今日の参加者はとてもラッキー。

本間  外野手 

捕手  投手


細谷・牧浦所長そのころ牧浦所長は、始球式の練習。今年の都市対抗初戦でキャッチャーに届かなかったことへの向上心でしょうか。野球部OB・細谷享市総務課長の指導で、熱心に投球を繰り返されてました。
所長の努力を無駄にせぬよう、来年もぜひ代表権を勝ち取ってください。

田城・高井守りのあとはバッティング練習。
初心者担当の田城智博・高井一樹選手は、ティーバッティング用の器具を使ったりしつつ。初心者のお子さんたちには、捕球より打撃のほうが難しそうでしたねえ。

バッティングピッチャーを務めた門西明彦投手は、相手のレベルに合わせて投げる位置を変えたり投げ方を変えたり、きめ細かい投球をされてました。普段から少年野球の指導をされてるだけあって、さすがです。

フリーバッティング  池田


佐々木自分から見ても 「でかい」 と思う186センチの佐々木勉選手。小学生の目にはどういうふうに映るのでしょう。体つきが全然違う野球選手を、間近に見るだけでも貴重な経験なんだろうなあ。

鶴田こちらは、何を話しこんでいるのか鶴田祥平投手。

最後に、平尾・圓垣内学選手がバッティングのデモンストレーション。圓垣内選手のホームランに一同拍手でした。

平尾


今日は選手とお子さんたちだけでなく、お母さま方も一緒に記念撮影。出勤で野球教室欠席の選手も何名かいらっしゃったようです。顔がまんべんなく見えて、ちょうど良い人数です(笑)。
雨も心配されましたが、ぽかぽか陽気の一日で良かったですね。お疲れさまでした。

集合写真


野球教室:三菱重工横浜の選手ら、児童30人に指導/神奈川 毎日新聞神奈川版
http://mainichi.jp/area/kanagawa/archive/news/2011/11/24/20111124ddlk14050129000c.html


坂上親子【今日のおまけ】
とてもよく似た坂上真世選手とご長男。一光から移籍してきた時には、まだ赤ちゃんでしたのにねえ。子どもが大きくなるのは本当に早いです。野球が大好きだそうで、いずれユニフォームを着る日が楽しみですね。

今日は会うなり坂上選手に礼を言われたのですけど、体調イマイチで全然頭が回っておらず、はて何のことだっけ…?
帰る頃になってようやく、全日本の写真提供の件だと思い至りました(笑)。
最近の寒暖差に体が全然ついていけないんですよねー。今日もあわよくば神宮大会に行きたかったのでありますが、薄暮の球場では体力的に明日は欠勤覚悟なのでやはり諦め。スカパー!でTV観戦にしました。16時試合開始予定が、18時近くまで延びたようで。夕方から降りだした雨の中、函館大は1点差で残念でした。

 明日は野球教室

都市対抗を見に行ってから、かれこれ1ヶ月。この秋はとっても出不精な週末を過ごしております。睡眠不足は解消されても、昼過ぎまで寝ている生活というのはこれはこれで健康的じゃないですねー(笑)。

三菱重工横浜野球部は、先週から練習再開だそうです。
そして明日は久しぶりに少年野球教室。夜は雨の予報ですけど、昼間は何とか大丈夫かな。このところ寒暖がコロコロと変わる陽気なので、気温も気になりますね。例年この時期はそろそろダウンジャケット着用の記憶がありますが、今年はまだダウンじゃ暑そうですねえ。

そのあと、神宮大会16時からの九州共立大-函館大を見に行きたいという欲もありつつ。でもこっちは多分挫けると思います。

 W杯台湾戦録画放送

坂上W杯日本戦は2試合しか放送してくれませんでしたが、そのうちの1試合が台湾戦だったのはラッキー。坂上真世選手が同点のホームを踏み、ダメ押しのスクイズを決めて、画面への登場度がとても高い試合でした♪

今日の試合はベースボール対野球じゃなくて、アジア同士のせいかごく普通に 「野球」 という感じ。昨日今日の録画を見ていたら、「野球」 は球技と言うより武道に通じるものがあるような気がしてきました。

TVのスピーカー左からは日本の解説、右からは台湾の解説。台湾側は謝長亨さんだったようです。昔いすゞ自動車に在籍されていた速球投手。懐かしいなあ。三菱横浜の打者たちは、なかなか打てなかったんですよねえ。

パナマは梅雨だそうで、気温30℃超・湿度80%だとか。地元開催のパナマは全部ナイトゲームなのだそうです。それ以外のチームには、気候との戦いもあったのですね。

 “地球想いのテクノロジー”

新聞広告このところ神奈川新聞に3回ばかり、三菱重工の全面広告が掲載されてました。横浜製作所・相模原製作所・みなとみらい技術館のイメージ広告。三菱重工が世間一般に向けて広告をうつことはあまりないようなので、どういう意図なのかなあと思いつつ。

その下に小さく、『KANAGAWA発!せんたんエコロジー』 というtvkの番組名。2週連続放送とのことで、その1回目が今日の昼でした。
http://www.tvk-yokohama.com/sentan/index.html

今日は横浜製作所とみなとみらい技術館の紹介でした。
小学校の理科・社会の授業で見る映像のような感じだったかなあ。三菱重工に興味のある自分としては充分おもしろかったですが。また案内されている方がいつも野球教室でお目にかかる方だったり、社員食堂の映像では久しくお会いしてない方が映ってたり(笑)。

3メートルの風でも動くという風力発電。
映像では風車の大きさがイマイチ実感できませんでしたけど、本当に大きいんですよねー。これは今年初めにおこなわれた駅伝大会の時のもの。風車に比べたら人が豆粒のよう。

風車


緑化金沢工場には緑がいっぱいあります。これは、みなとみらい地区再開発で30年前に移転してきた際に植樹したものだそう。まあそうですよね、このあたりはもともと埋め立て地でしたもんね。

番組では本牧工場のドッグヤードも紹介されていて、海に囲まれた日本では船が重要な物資輸送手段なんだなあと改めて思ったり。海や風といった自然と歩んできた横浜製作所って感じですね。

来週は相模原製作所の紹介だそうです。予告では、ラグビーのダイナボアーズが全員で 「おう!」 と拳を突き上げてました。野球部のそういう映像も欲しかったなー(笑)。

 フロンティア11月号

『frontier-横浜ニュース-』 11月号が届きました。いつもありがとうございます。
※別窓で拡大します。

11月号今月は当然、都市対抗の話題。
今年は残念な戦績でしたから、来年は東京ドームでのリベンジを期待したいと思います。

この裏にちょこっと載っているのは、坂上真世選手の出場したワールドカップの話題。
ん~。個人打撃成績についての記述がありますが…、若干違うような気がするのですけど…。



そのワールドカップの一部録画が、Jスポーツ1で放送されます。坂上選手が出場された台湾・プエルトリコ戦は、11/15オンエア。

IBAF ベースボール ワールドカップ 2011  Jスポーツ1
http://www.jsports.co.jp/search/sys/program/  ←「その他野球」で検索
(初回放送) -後日再放送あり-
11月14日(月)14:00-18:00 グループ1第1ラウンド #1日本vs.アメリカ
         18:00-22:00 グループ1第1ラウンド #2日本vs.パナマ
11月15日(火)14:00-18:00 グループ1第1ラウンド #3日本vs.チャイニーズ・タイペイ
         18:00-22:00 グループ1第1ラウンド #4プエルトリコvs.日本

   11/16(水) 18:00-22:00 ※以降、多分第2ラウンド
   11/17(木) 18:00-22:00 
   11/18(金) 18:00-22:00
   11/19(土) 16:00-20:00
   11/20(日) 16:00-20:00 決勝

 大阪ドームの人工芝

都市対抗決勝戦で、エンタイトルツーベースがありました。あの打球が、あのバウンドが、どうしてフェンスを越えちゃうの?と目が点。そういえば他の試合でも、ヒットの打球が妙に弾んだ場面をたびたび目にしました。

松井三菱重工横浜の試合でも、左中間ヒットのバウンドがものすごく弾んで捕りきれず、無死二三塁になったことがありました。通常の感覚なら、一二塁だったのに。

人工芝人工芝に極力ピントが合っている写真を探したら、こんな感じのロングターフ。色が去年と違う気がするという思いはありつつの、試合中にはさして気にとめてませんでした。それどころじゃなかったし(笑)。

今年はほとんどプロ野球を見ていないので知りませんでしたが、あれこれ検索してみたら去年末に張り替えられたのですね。Numberのコラムを読むと、やっぱり野手泣かせの人工芝みたいです。


2011年、人工芝全面リニューアルについて 京セラドーム大阪
http://www.kyoceradome-osaka.jp/topics/topics_101128.html

今季の京セラドームに異変アリ!?新型人工芝に惑う各球団の守備陣。 NumberWeb
http://number.bunshun.jp/articles/-/158512

前へ << | HOME |  >> 次へ


TOTAL Pages 19