Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 岩崎投手の第一印象

さて、また昨日の続きです。今日は、岩崎投手がチームに加わってからの話をば。
昨年の3月に三菱横浜野球部webサイトが更新されて、その年の新人は小池裕貴・池田政人選手の新卒2名+移籍の永井友規投手と聞いていたものですから、「あれ、メンバーがいきなり6人も増えてる」 と驚きました。岩崎哲也投手の名前を見たのはその時が初めてです。
そのあと練習やOP戦を見に行って、望山一生監督から新人選手それぞれのセールスポイントなどをうかがいました。岩崎投手については、「大型のサイドスロー。140K前後の速球と、スライダーの切れが良い」 ということでした。

1209-2.jpg初めて見た岩崎投手は、ヒゲをたくわえていて 「むさいオッサン」 という感じで、背はものすごく高いのにサイドスロー。それも妙にギクシャクとした不思議な投球フォーム。「この上背を生かさないなんてもったいなーい」 というのが最初の印象でした。 もしかしたら、童顔をなめられまいとしてのヒゲだったですかねえ。ちゃんと剃ったほうがカッコイイのに。

石井裕也投手が抜けて、この穴を誰がどうやって埋めるんだろうと思って見た春の公式戦。岩崎投手はENEOS戦で、1-3の終盤に初登板。無難に抑えました。ただそのあとの青学とのOP戦や足利大会での富士重工戦では、抑えてほしいところで点を取られ、やっぱり石井投手の穴は大きいなと思う春でした。

1209-3.jpgそして、これがターニングポイントでしたね。
都市対抗予選初戦、望山監督は三菱ふそうとの先発に岩崎投手を大抜擢。普通に 「先発は門西投手でしょ」 と思っていたので、かなりびっくりしました。延長戦でサヨナラ負けは喫しましたが、岩崎投手は7回途中まで投げて豪打ふそう打線から10三振を奪う好投でした。特に高根澤力捕手は3三振と、完璧に抑えこみます。

中3日で臨んだ敗者復活戦のクラブチーム相手にも先発し、これも7回で10奪三振と寄せつけず。
そして大一番のENEOS戦でも先発で8回を投げ、三振こそ少なかったものの1失点で門西明彦投手につないで、ENEOSの東京ドームへの夢を2年連続で断ちました。

翌日の東芝戦はさすがに先発はせずに中継ぎで登板でしたが、それにしても、石井投手の穴を埋めるどころか、連投のきかない石井投手より数段上の頼もしさ。すばらしいタフさ、すばらしい化け方でした。投球フォームがどんどん伸びやかになって、撮るのがとても楽しくて。望山監督もよくこれだけ思いきった使い方をしたものです。

というところで、さらに明日へ続きます。

 岩崎投手の入部経緯

< 木村、岩崎ら7人 西武が新人入団会見 > 埼玉新聞
今朝のニッカン・スポニチ・報知・サンスポを見た感じでは、西武入団発表の扱いはどれも小さいのですが、岩崎哲也投手はニッカンの写真が一番いい笑顔でした。
夕べのスポーツニュースでは、どこも岸投手・木村投手のコメント場面が主でした。フジテレビが一番取り上げてくれるかと思ったら、まったく触れられず。 ※土曜のスカパーでのプロ野球ニュースでも何もナシでした。
西武ライオンズオフィシャルサイトも更新されまして、トップページに伊東監督を囲む新人7名の写真が載ってます。 
岩崎投手は今日は横浜に戻ってこられて、入団発表の様子を皆にあれこれ報告といった感じでしょうか。

さて、昨日の続きで岩崎投手のこれまでを。
ただし学生時代のことは、朝日・毎日・神奈川新聞、週刊ベースボール記事からの受け売りがほとんどです。

岩崎投手は埼玉・行田工~国士舘大学の出身です。高校1年の時に投手になり、2年の秋にサイドスローにしたそうで、130km/hの高速スライダーが決め球だったとか。 「子供の頃からプロにあこがれ、『140キロを出したい』 と涙ながらに練習していた」 と朝日新聞の地方大会記事にありました。
この夏には 「145km/hを出したい」 と言ってましたから、徐々に目標を上方修正している様子がうかがえますね。ただ岩崎投手の持ち味は球速というよりは、110~140km/hの幅の中でいかに打者のタイミングを狂わせて三振を取るか、というところにあると思います、個人的には。

高校時代は1勝もできなかったようですが、国士舘大学へ入ってから腕を上げてみたところ現在のようなフォームになり、主にリリーフで活躍していた模様。広島東洋カープの小島紳二郎投手・日産自動車在籍の秋葉知一投手が同期で、こちらがエース格だったようです。
岩崎投手は4年の春に敗色濃厚の試合でリリーフして打ちこまれ、通路の壁を殴って骨折してしまったのだとか。西武にもクーラーボックスを殴って裂傷を負った豊田清投手がかつていらっしゃいましたし、三菱長崎出身で当時はダイエーの杉内俊也投手もベンチを殴って骨折したことがありましたっけね。自分を責める気持ちは分かりますが…。

岩崎投手はこのケガもあって、思うように企業チームのセレクションが受けられなかったようです。やっと決まりかけたチームも、廃部に至る急なチーム縮小事情で11月も半ばになって内定が取り消されてしまい…と、あわや野球断念というところまで追いこまれました。そして、昨年の週刊ベースボールに掲載された記事によりますと、「練習だけでも来て」 と言ってくれた三菱横浜のグラウンドを、すがる思いで訪れたとか。

12月の1週目に、三塁側のブルペンでおこなわれたテスト。この時に投じられた初球は、受けた高安健至捕手と背後に立った望山一生監督が思わず顔を見合わせたほど、とんでもなく威力のあるボールだったそうです。 「こんな良い投手を何でどこも採らないんだろう」 と望山監督は首をひねったとか。

1208.jpgどこかに欠陥でもあるのだろうかと、何球も投げさせてみたけれど、これといった不具合も見当たらず。その場で入部を決定したそうです。ただ選手の採用は終了した後だったので、ここからがまた首脳陣たちにはいろいろとご苦労もおありだったらしいのですけどね。

ともかくこうした経緯で、岩崎投手は三菱横浜のユニフォームを着ることになりました。写真は、その三塁側ブルペンで、今年の春の投球練習です。

入部してからの話はまた明日以降に。

 岩崎投手の入団発表

岩崎哲也投手の西武ライオンズ入団が決まりました。おめでとうございます。
ただ、あと1年三菱横浜のマウンドを守ってくれると思っていたので、今はまだ寂しさのほうが大きいんですけどねー。
背番号は35に決まりました。東芝に今年補強された時と同じ番号ですね。なんだか 「西武へ補強選手で行ってらっしゃい」 という気がしてきます(笑)。 ←嘘嘘

文化放送ではオフの間、17:50~18:00にライオンズエクスプレスという番組がありまして、今日はもちろん入団発表の様子をオンエア。新人選手が順にご挨拶で、岩崎投手は 「自分は変則サイドなので、それを前面に出していきたいです」 でした。

FM・NACK5には18:35頃から 『TODAY'S LIONS』 というコーナーがあります。こちらももちろん新人選手の入団発表なのですが、なんと岩崎投手をフィーチャリング。この時は帰宅途中に電車でラジオを聴いていたのですけど、イヤホンを思わず耳に押し当ててひとりニヤニヤ。とっても不気味な人をやってしまいました。
文化放送で流れたひとことには続きがあって、「えー、セカンドのほうを向いてから投げるんで…変則サイドなので…。そこを前面に押し出していけば、使えると思うんで…」 と、ちょっと言葉に悩みながらのコメントで、場内からは軽く笑いが起こってました。
そしてインタビュアーの方がいろいろ補足。自分ではトルネードサイドスローと思っているが、チームメイトからはあっち向いてホイ投法と言われる。野茂投手のサイドスローバージョンである。190cm93kgと非常に大きいが、よく寝てよく食べたら育った。伸びすぎて、一時は牛乳禁止令が出た。などなど。

西武はホームゲームのインターネット中継もありますし、スカパーでキャンプレポートもあります。情報番組は充実していますので、これからもどんどん取り上げていただける選手になれますように。西武ファンに愛される選手になれますように。

これは遠投中のフォームですが。こんなふうに 「セカンドのほうを向いてから投げ」てます。

1207-1.jpg

望山一生監督と松下安男マネージャーに、入団交渉の様子をうかがいました。強行指名ということもあって、西武ライオンズさんは終始紳士的に対応してくださったとか。交渉自体は結構難航しましたが、最後はやはり本人の意志を尊重したのだそう。そして郡司登野球部長が入団発表の日時などに配慮をされて、2回目で仮契約の運びとなったそうです。回数は少ないけれど内容の濃い話し合いだったようです。皆さまお疲れさまでした。m(_ _)m

近年、プロへは鶴岡慎也捕手・石井裕也投手といった選手を送り出している三菱横浜ですが、こちらはふたりとも企業チームの頃に入社した選手。クラブチーム登録になってから入ってきた岩崎投手がプロへ行かれるというのは、とても感慨深いものがあり、三菱横浜にとってもかなり意義のあることだと思います。

その岩崎投手は、別に鳴り物入りでチームに加わったわけではありません。西武ライオンズファンの方も最近は読んでくださっているようなので、岩崎投手のことを自分の知る範囲で紹介したいと思います。が、今日はこれからスポーツニュースのはしごをしますので、明日に続く。

 岩崎投手が仮契約

今日は西武スカウトさんの2回目の来訪日でした。
「今日の交渉の様子がどこかに出ていないかなー」 と、帰りまぎわにスポーツ新聞系webを巡っていたら、思わぬ見出しが。

< 西武5巡目岩崎が仮契約 > 日刊スポーツ
西武は大学・社会人ドラフトで5巡目指名した岩崎哲也投手(24=三菱重工横浜硬式野球クラブ)と5日、神奈川県内の三菱重工横浜本牧工場で交渉を行い、契約金5500万、年俸1000万円で仮契約を結んだ。(金額は推定) 


あらま。あっさり決まってしまいましたね。4巡目・6巡目がともに契約金4000万・年俸1200万という新聞報道からすると、思ったよりも契約金で誠意を見せていただいたということなのでしょうか。それにしても年俸がやけに安い気はしますけど。他とのバランスを考えると、こうなるんでしょうかねえ。まあ新聞発表の金額なんて、どこまで本当か分かりませんけれども。

長期戦になるんだろうなーと思っていたのでちょっとびっくりして、早々に帰ってきました。で、あちこちのサイトをさらに巡ってみると、Yahoo!ニュースの西武ライオンズトピックスにある時事通信の報道では、上記内容にさらに 「入団発表は7日に埼玉県所沢市の球団事務所で行う」 という一文が加わっています。なるほど。長期戦に持ちこむよりは入団発表に気持ちよく間に合うように、という三菱横浜側のご配慮もあったのかもしれません。

三菱横浜としても来年の重要戦力として考えていた選手ですし、岩崎投手なら来年の活躍次第で希望枠も夢ではなく、そうすれば最高レベルの契約で送り出してやれるという思惑もあったわけで。それが1年前倒しになってしまったならば、できるだけそれに近い条件を提示していただきたいと思うのは、チーム側の親心でしょう。だから少なくとも3・4回は交渉するようになるのかなと思っていたのですけど。
本人は指名されたらやはり心は動くようで、金額は二の次という感じでしたから、最終的には本人の判断に任せる部分もあったのでしょうね。

西武ライオンズですかあー。来年西武に指名していただけるとは限りませんし、遠方の球団に指名される可能性も考えると、きっとこれで良かったのだと思います。岩崎投手の地元でもありますし、良い球団ですよね。一応自分もファンです。所沢にはここ1・2年行ってませんけど、来年は時々見に行こうかな。
入団発表はあさって7日の3時からのようです。背番号は幾つをいただくのでしょうか。

1205.jpg今回の新人たちには、松坂大輔投手の穴埋めが期待されておりますが。とりあえず、松坂投手がよくやっていたこの仕草は、岩崎投手が継承します。


 横製ニュース 12月号

『frontier-横製ニュース-』 今月も郵送いただきありがとうございました。今月はもう野球部の話題もないだろうと思っていたのですけど、そうですね、思いがけず岩崎哲也投手のドラフトの話題がありましたね。
神奈川新聞に掲載されていた内容・コメントとほぼ同じで、練習中に指名を知り 「残留の方向で考えていたので驚いている」 という趣旨のことが、こちらにも書かれていました。

内部情報をいただいたところによれば、ドラフト当日、岩崎投手の所属する教育センターでは緊張のあまり具合が悪くなってしまった方もいらっしゃったとか。またあちこちの方から、仕事の傍らインターネットの速報に張りついていたという話もうかがっております。横浜製作所の皆さんにとっても、大変な一日だったようですね。

1204.jpg「これ多分、保土ヶ谷球場だよなあ。どこかで見た気がするなあ」 と手持ちの写真を見てみたら、やっぱり自分が撮ったものでした(笑)。写真って、同じような機材で同じようなアングルで撮っていれば、似たような写真が出来ても不思議ではありません。でも自分の撮った写真って、微妙に細部を覚えているものだなあ、と再認識ですね。

野球部がweb・会報などで使う場合にはご自由にどうぞ、と写真使用を許諾しているわけですが、思いがけない時に思いがけない写真が使われることもありまして(汗)。今回で言えば、夏の写真をもっと差しあげておきたかったところですね。とにかく今年はブログに時間がとられて写真の仕上げが全然進んでませんので、年内には何とか追いつきたいと思います。 …追いつくんだろうか(汗)。

ソフトボール大会の記事の中に塩澤伸之選手の顔と、以前引退された千葉徹さんの顔を見つけました。千葉さんはお子さんが生まれたという噂を聞きましたが、そのお子さんと一緒の記念撮影ですね。そして、賞状を持っていらっしゃるのは長谷知雄さんでしょうか。機工作Aチームの皆さん、優勝おめでとうございました。

今号も、いろいろな記事を興味深く読ませていただきました。浜名湖カントリークラブの風車が完成したのですね。これは新幹線の窓からじゃちょっと見えないかなあ。金沢Gへ行く時も、シーサイドラインの中から風車を見るのがとても楽しみなのでした。

 三菱横浜の練習撮影 12.02

今日は朝から、三菱横浜の練習を撮影に行ってまいりました。着いた時は暑いくらいだったのに、途中から北風が吹きだして急に寒くなりまして。体の芯まで凍えてしまいました。

1202-0.jpgこれが今日の練習メニュー。どんな練習を何本やるかが書いてあります。
このホワイトボードを撮ってたら、渡部英紀選手に 「数字、適当に増やしていいっすよ(笑)」 と言われました。ほんとですかあ? じゃあ30って書いてあるところを、後ろにゼロひとつ加えちゃおうかな。

1202-1.jpg今日は外野でノックを受けるのが、保谷友祐・後藤明彦・小池裕貴選手の3名だけ。渡部選手はファーストでノックを受けていたとはいうものの、寂しい人数です。

森下康徳選手が練習中にご挨拶にみえました。退院されたんですね。おめでとうございます。でもまたこれからのリハビリも大変なのかな。ゆっくり養生してくださいね。

1202-2.jpg来週12/9には結婚式を控えている亀川裕之投手。
「保さーん、亀川が 『顔にだけは当てないでください』 って言ってます」 「言ってないっすよー(笑)」 と、亀川投手は矢島崇投手に肘で小突かれながらの投手ノックでした。
でも顔は無事でしたが、膝に打球を受けてしまって途中リタイア。「亀が痛がるんだから相当痛いんだな」 と、残った皆さんは心配していらっしゃいました。皿の横だったとかで、大事には至らなくて良かったです。

1202-3.jpgこちらは、ノッカーの高橋保さんに右へ左へ走らされて、バテバテの岩崎哲也投手。
自分を鼓舞するように、「さあこい、保!」
こらこら、大先輩に向かって(笑)。

西武のスカウトさんは29日にお見えになったそうですが、今回は本当にご挨拶だけということで。三菱横浜としても来年は復調の岩崎投手を擁して第一代表をねらってたのですから、そう簡単に差し上げるわけにはいきませんよねー。スカウトさんはまた来週お越しになるそうです。

そういえばおととしの今頃は、練習を見に行くたびに石井裕也投手の取材の方がいらっしゃいました。NHKのドキュメント番組用に録ったフィルムは、見逃したでしょうか。それともお蔵入りですかねえ。廣瀬雅人投手がインタビューを受けている様子など、オンエアされるのを楽しみにしてたのですけど。

1202-4.jpg内野手・外野手はスローイングの練習。
冬の間は、こんな感じの基本練習も多くおこなわれます。

1202-5.jpg居残りで、本間章平・今野貴之・池田政人選手が、塩澤伸之選手にノックを受けてました。来年はこういった若手選手がレギュラーを取っていただきませんとね。塩澤選手のような名手めざして頑張ってください。

この頃にはすっかり2GB撮りきってしまい、グラウンドを引き上げてスタンドから見てました。

バックネット前では、渡部英紀選手と保谷友祐選手が熱心にティーバッティング。
おととしの冬なども、保谷選手は最後まで残ってティーバッティングに精を出していらっしゃいました。守備は申し分ないけれど打率がちょっと低い頃でしたので、「この努力が実を結ぶといいなあ」 と思って見てました。そしたら昨年は恐怖の9番打者になり、神奈川ベストナインをいただくほどの活躍でしたもんね。今年は昨年ほどの打率ではありませんでしたが、要所では勝負強いところを見せてくれました。地道な努力は報われるものですねえ。

 あれから1年

明日から12月です。今年も残すところあと1ヶ月となりました。

今年の初め、休日は三菱横浜野球部のために全部充てようと思っていて、それはもちろん最後の年を見届けたかったからでした。あれから1年たち、思いがけず事態は好転しても、身についた習慣は抜けません(笑)。
土曜が近づくと、天気予報が気になります。今週末は晴れそうですね。来週の天気はまたどう転ぶか分かりませんから、今年の撮り納めのつもりで金沢Gに伺おうかな。

昨年の11月半ばに練習を見に行った時、高橋保さんに 「来年で終わりだからいっぱい撮ってやって」 と言われました。でも最初は半信半疑。だって、選手はいつもと変わらず楽しそうに練習してましたし。
何かの悪い冗談でしょ。そう思いたかったけれど、どうも冗談ではないらしい。
そのあと12月の頭に練習を見に行った時、望山一生監督としみじみ話しこんで、廃部やむなしの事情をうかがって納得しました。
じゃあ残された期間があと1年なら、1日でも多く野球部を見に行こうと思い、「練習も撮らせてくださいね」 ということで快諾いただいて。以前から、いつも笑顔の練習風景を撮ってみたかったので、これはこれで自分には良いきっかけでした。しかしGWの短期間に練習風景を5000枚以上撮ったのが祟り、以降の写真整理が未だに滞っております。写真を依頼いただきました選手やご両親の皆さまには、すみません。もう少しお時間ください。m(_ _)m

その際、望山監督とはいろいろ思い出話になり、監督が入社した当時のエピソードなどあれこれ聞いて懐かしくてね。そして、監督が来年40歳、松下安男マネージャーが39歳という話になって、「俺もマツも来年、背番号と同じ歳になるんですよ。同じ歳で終わっちゃうのかあ…」 と、しんみりされてましたっけ。今年の8月末に 「来年から監督と松下さんの背番号を増やしていきましょうよ」 なんて松下マネージャーと冗談をかわしたのは、こういった伏線があったからなのでした。背番号と同じ歳で終わらなくて良かったー(泣)、という嬉しさの表れですね。

まあ去年の年末は最低最悪に落ちこんだのですけど、その後、もしかしたら廃部にならなくてすむかもしれないという話も持ちあがり、揺れに揺れた今季でしたねー。野球部も一生懸命頑張りましたし、会社の皆さんもとても温かく応援してくださって、いいチームだなあ、いい会社だなあとの思いを強くした1年でした。

前へ << | HOME |  >> 次へ


TOTAL Pages 23