Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 MHPS OB会-3-

MHPS野球部OB会。今年も恒例、OB現役混ざっての紅白戦です。
フリーバッティングやノック、キャッチボールなど、思い思いに試合の準備中。

171128-01.jpg

171128-02.jpg朝に集まったOBの皆さま。この日はちょっと少なめですが、試合中にも何名かいらっしゃいました。

三塁側・秋山純一キャプテン、一塁側・松下安男キャプテンの握手で、試合開始。
秋山さんは元マネージャー、松下さんは2代前の監督です。

171128-03.jpg


171128-04.jpg始球式ならぬ、始打式をおこなう鳥山雄一OB会長。

いつも最初にマウンドに上がる佐々木雅美さん。今年はトップバッター。そして、目の覚めるようなプレイボールホームランでした。三塁側ベンチも口あんぐり。
 
171128-05.jpg

171128-06.jpg選手の休日練習中、よくグラウンドを訪れては外野でストレッチなどしている雅美さん。1980年代前半に活躍された投手でした。

金属バットと硬球。硬球でOB会をおこなうところは珍しいそうです。ほとんどは軟球だとか。

171128-07.jpg  171128-08.jpg  171128-09.jpg

瀧諒太選手は、3年前の主将です。今年、龍幸之介選手の名前を見た時に、「さんずいが足りない」 と思ったものでした。

171128-10.jpg  171128-11.jpg  171128-12.jpg

このOB会では、現役選手はいつもと違うポジションだったり、左右逆で打ったり、投手も打席に立ったり。慣れぬポジションで、皆のあいだに笑いが起こります。

171128-13.jpg   171128-14.jpg

171128-15.jpg  171128-16.jpg  171128-17.jpg

前田雄気選手が打ち上げたフライを見失ってしまった、村山正誠選手と江越海地選手。ファウルになるまで根気よく見守り、かろうじてラインオーバー。喜ぶ村山選手は、11年連続でキャッチャーだそう。

171128-18.jpg   171128-19.jpg

171128-20.jpg  171128-21.jpg  171128-22.jpg

171128-23.jpgあれがストライクかと、球審・長井涼選手に物言いの加治前竜一選手。
東海大卒の御方から、数年前にも同じセリフを聞いた気がするなあ。東海大の伝統かしら。

江越選手のレフト頭上を越えるヒットで、一塁から爆走の二橋大地選手。タッチを振り切りホームイン。自画自賛の拍手です。三塁側が1-1に追いつきました。

171128-24.jpg  171128-25.jpg  171128-26.jpg

171128-27.jpg

171128-28.jpg  171128-29.jpg  171128-30.jpg

171128-31.jpg  171128-32.jpg  171128-33.jpg

171128-34.jpg  171128-35.jpg  171128-36.jpg

171128-37.jpg  171128-38.jpg  171128-39.jpg

その4に続きます。

 MHPS OB会-2-

171125-21.jpg今年で引退された皆さんに慰労金贈呈。プレゼンターは鳥山雄一OB会長です。

171125-22.jpg在籍14年は長かったと、しみじみの亀川裕之投手。
「今は仕事に集中してます」 と、窓際に視線。その方向にはMHPSエンジニアリングの郡司副社長。上司への営業トークかと、皆にツッこまれてました。

171125-23.jpgこちらは4年在籍の小林寛投手。短かったけど楽しかったとのこと。
彼も今は郡司さんの目の前で仕事をしているそうで、「郡司さんに用のある時は僕を通してください」 と笑いをとってました。

171125-24.jpg記録は残せなかったけど記憶には残ったんじゃないか、あの時アウトにならずに本当に良かった、と前田雄気選手。
「覚えてるよ!」 「三振だったらこの会なくなってるよ」 「いや、野球部がなくなってる」 と、場内からツッこみ多数。
2013年、金港クラブとの第2代表決定戦。相手をなめたわけではないでしょうけど、あと1球で敗戦まで追いこまれての起死回生同点打でした。あとあとまで戒めとなる試合でしたよね。

171125-25.jpgふそう・横浜・長崎合計して、今年で20年の佐々木勉選手。それでもご本人的には短かったとか。
あとでうかがったところ、以前と変わらず品質保証部で働いていて、今は例の三菱マテリアルや神戸製鋼問題で忙しいそうです。

171125-26.jpg8年目の平尾泰勢選手。1年目の北海道大会の思い出を語りました。
来年から相模原勤務で、高田一仁さんとともに頑張るそうです。高田さんも楽しみにされてましたよ。

171125-27.jpgそして通訳の澤邉公哉さんも、今日でお別れ。もともと立正大野球部の澤邉さん。練習の手伝いもできて楽しかったとのことでした。今後は故郷・石川に戻り、そちらで就職だそうです。

ちなみに独立リーグに行かれたトクナガ投手は、もうアメリカに帰国されているそうです。 
伊藤慎悟選手は欠席。もうひとりご挨拶の選手がいらっしゃいましたが、そちらはまた後日の話題に。

そしてまた歓談のち。
今度はOB会表彰選手の発表です。

171125-28.jpg選出理由がぼやけて読めず、四苦八苦の司会・佐々木敏麿さん。元副部長、青学のエースでした。
プレゼンターは川井田幸一さん。捕手で、過去にはコーチもされていました。鹿児島商工(現・樟南)から後輩の浜屋将太投手が入って喜んでいるとのこと。

171125-29.jpgルーキー賞は龍幸之介選手。
公式戦打率0.314、長打率5割。ホームランも3本打ちました。文句なしでしょう。

171125-30.jpg優秀選手賞は4名。今年は多いですね。
対馬和樹選手は、打率・長打率・捕手としての貢献・勝負を決定づける一打などが、総合的に評価されました。

171125-31.jpgマロさんの読みあげる 「都市対抗で骨折しながら…」 で、「俺だ」 と確信して立ち上がった村山正誠選手。
打率0.425は、チームトップ。長打率・得点圏打率もトップだったとか。今季は本当によく打ったと思いましたが、それほどだったとは。

171125-32.jpg打率も上位。打点・得点がチームトップで、勝利に大きく貢献した鶴田翔士選手。
「優秀選手賞ということは最優秀選手賞もあると思うので、来年は最優秀を狙います」 と宣言でした。期待してますよ。

171125-33.jpgほぼ出ずっぱりで、打数が最も多かった久保晧史選手。
そんな中で、打率・得点圏打率が上位。二塁打がチームトップと、年間通じて貢献しました。

さて、最優秀選手賞の発表です。
「防御率──」 とマロさんが口にした途端、ざわめく場内と、後ろを向く人々。

171125-34.jpg

「俺だ」 と、そこにはなぜかシャツを脱いだ甲斐翼投手。こらこら(笑)。
彼は確かに、公式戦防御率0.00ではありますが。

171125-35.jpg

「防御率2.68、最多投球回数74イニングス、1年間エースとして怪我せず安定した活躍を見せ、都市対抗予選・本選でも好投」
どのあたりで自分だと確信したでしょうか。名前まで呼ばれたところで、奥村政稔投手が立ち上がります。

171125-36.jpg

171125-37.jpg報奨金は、しっかりリードしてくれた平野に半分、投手陣にあと半分を、と気前の良い奥村投手。要するにバッテリー会納会に寄贈という感じかな。
楽しい夜をお過ごしください。


171125-39.jpg一本締めの音頭は里木雅彦さん。5代前の監督です。
来年もチームの皆さんに頑張っていただいて、楽しい会にしたいですね。

171125-40.jpg


171125-41.jpg「職場の後輩なんですよ」 と、塩見泰史選手と龍選手の肩を抱くマロさん。
今回も幹事お疲れさまでした。

 MHPS OB会-1-

本日は三菱日立パワーシステムズ野球部OB会でした。
まずは紅白戦なのですが、撮影枚数がけっこうあるため、懇親会の様子を先にお送りします。

クラブハウスの2階、うどんとおでんを給仕する選手たち。

171125-01.jpg   171125-02.jpg

鳥山OB会長の挨拶。6代前の監督です。
統合して低迷するチームが多い中、1年目からしっかり結果を残したチームをねぎらいつつ、2年目こそが大事だと、兜の緒を締められました。

171125-03.jpg


171125-04.jpg日本選手権に出られなかったことを悔しがりながらも、練習期間が長くなった分しっかりトレーニングができている、来年は都市対抗優勝をねらう、と挨拶の後藤隆之監督。

乾杯の音頭は、2代前の野球部長・郡司さん。トレーニングの成果で横浜の選手たちの体が一回り大きくなったと、お褒めの言葉。トレーニングルームがきれいに片づいていることなどにも触れられました。そういうとこ、大事ですよね。

171125-05.jpg  171125-06.jpg

171125-07.jpg  171125-08.jpg

171125-09.jpg  171125-10.jpg

171125-11.jpg  171125-12.jpg

171125-13.jpg  171125-14.jpg


レンズを向けたらポーズとってくれた皆さま。顔と名前が一致してない向きもあるようなので、全員のお名前振っておきます。
ツーブロックって言うんでしたっけ? 耳の上を刈りあげる髪型が流行のようですね。

171125-15.jpg  171125-16.jpg

171125-17.jpg

171125-18.jpg  171125-19.jpg

171125-20.jpg


皆が歓談の頃、台湾ではウインターリーグの試合中。本多裕哉投手が9回を締めくくった模様です。大野享輔投手ら後半組は、12/4に旅立つとか。

NPBウエスタン選抜 1-9 JABA選抜 亞洲冬季棒球聯盟全球資訊網
http://winter.cpbl.com.tw/games/play_by_play.html?&game_type=16&game_id=2&game_date=2017-11-25&pbyear=2017

 ウインターリーグ前半戦

明日11/25から、アジアウインターベースボールリーグが始まります。
JABA会報に、選抜メンバー一覧と、「期間内に入れ替えがある」 ということが載ってました。

JABA公式facebookに、その前半戦参加メンバーの様子が掲載されてます。11/22には東京ガスグラウンドで練習をおこなったそう。11/24の集合写真を見ると、三菱日立パワーシステムズからは本多裕哉投手が前半戦参加のようですね。大野享輔投手・久保晧史選手は後半戦かな。

11/23練習
https://www.facebook.com/jaba.or.jp/posts/1605570942865006
11/24公式練習
https://www.facebook.com/jaba.or.jp/posts/1606714816083952

 アジアウィンターリーグメンバー

台湾や日本のプロ野球チームでおこなっていたウィンターリーグに、今年は社会人選抜チームも参加。6チームが11/25から17試合ずつ戦い、順位決定戦に進みます。けっこうな長丁場です。

三菱日立パワーシステムズからは、大野享輔投手・本多裕哉投手・久保晧史選手が選ばれてます。ENEOSから鈴木健矢投手、東芝も佐藤旭選手ら3名。

アジアウインターリーグ 派遣チーム
http://www.jaba.or.jp/topics/2017/pdf/awb_m.pdf
日程表
http://www.jaba.or.jp/topics/2017/pdf/awb_s.pdf

171115-01.jpg  171115-02.jpg  171115-03.jpg

余談ですが。
NPB公式に大会公式へのリンクがあったので、飛んでみたらこれが中国語。GoogleChromeの翻訳機能を使い、カタコト状態で読んでみました。その流れで選手一覧のページを見ると、Googleが人名まで翻訳。「カクタはすべて戦っている」 って何だこりゃと思ったら、角田皆斗選手のことでした。なるほど。

生田目翼=イクタヘッドウイング
青柳 匠=グリーンウィローカーペンター
拜﨑 諒=ご理解ありがとうございます

生田目投手・青栁投手の訳は、何となく分からないでもない。拜﨑選手は理解不能(笑)。

球員點將錄 亞洲冬季棒球聯盟全球資訊網
http://winter.cpbl.com.tw/team/player.html?&team=Z70




そして来年から、都市対抗の代表数が変わるそうです。九州が3→2。
隔年で1増をやりとりしていた東京・南関東が、東京3→4・南関東2→3に。
九州は、企業登録14に対し2は厳しいですね。

■都市対抗予選地区代表数の変更
http://www.jaba.or.jp/topics/2017/pdf/awb.pdf

 練習あれこれ

選手のウォーミングアップ中。ネットを直したり芝を整理したり、グラウンドメンテナンスに余念のない斉藤裕次郎コーチと坂上真世コーチ。

171113-01.jpg   171113-02.jpg

171113-03.jpgラダー(はしご)を使ってのステップなら慣れていても、マーカーコーン相手だと微妙に混乱中の園田崇人選手。その後、右側で見守る亀川裕之さんがお手本。現役時代と変わらぬ軽やかなステップでした。さすが。

長井涼捕手はキャッチ&スロー。ノッカーは藤本鈴也投手です。

171113-04.jpg

渋谷ロバート選手と加治前竜一選手。加治前選手は選手8割、コーチ2割でいくそうです。これは2割のほう。

171113-05.jpg   171113-06.jpg

最近すっかり 「八戸市」 を 「やえし」 と読むようになってしまいました(笑)。青森のほうは正しくは 「はちのへし」。佐賀市に 「やえ」 と読ませる地名があるようなので、八戸勝登選手のご先祖様はそのあたりの方かな。

171113-07.jpg 171113-08.jpg 171113-09.jpg


171113-10.jpg渡部英紀コーチの打撃練習法を、冨里悠選手に伝授する栗林遥野選手。左肩が動いてしまうということで、藤本投手に押さえてもらっているところです。

171113-11.jpg龍のような雲。

龍幸之介選手は、坂上コーチに最初だけ引っ張ってもらって加速の練習。
「来年は走れる4番になります!」 とのこと。
有言実行、楽しみにしてますね。

171113-12.jpg


171113-13.jpgこの秋から、ネット裏スタンド脇に自販機が設置されました。コーヒー、コーラ、ココア、スポーツドリンク、ジュース等が、120円~150円。扱いは現金のみですが、千円札も使用できます。ウーロン茶・緑茶系は見当たりませんでしたので、今まで通りコンビニで調達だな。

 野手たちのノック

日本選手権はトヨタ自動車の優勝で幕を閉じました。
昨年都市対抗での橋戸賞以来、佐竹功年投手が後輩のために一歩退いてるようにも感じられる昨今ですが。でも優勝の瞬間マウンドにいたのは、やはり佐竹投手。まだまだバリバリ投げてほしいと思います。来年はMHPSとの対戦が見たいなあ。

第43回社会人野球日本選手権大会 決勝 トヨタ自動車vs.日本生命 ハイライト J SPORTS
https://www.jsports.co.jp/movie/baseball/baseball171112.html


この週末、MHPSはソフトボール大会だったため、野球部の練習はお休み。
先週の写真を今週も引っ張ります。

171112-01.jpg江越海地選手のキャッチボール。
都市対抗第一代表戦は、彼の足で決まったと言っても過言ではありません。

捕手・内野手・外野手が入り交じってノック。

171112-02.jpg

171112-03.jpg栗林遥野選手は副将からは外れましたけど、肩書きにかかわらず、いつも通り周囲を盛り上げてます。

スローイング三者三様。

171112-04.jpg  171112-05.jpg  171112-06.jpg

171112-07.jpg平尾泰勢選手が使用していた特注グラブで、なぜか捕球練習の対馬選手。
ポケットがないグラブでして、捕球用と言うよりは送球練習用に作られたものです。学生と社会人の大きな違いは、野手のスローイングの速さですね。

兄弟のように仲の良い小野寺颯人選手と対馬和樹選手。ふたりだけでノックを受けるのは、なかなか珍しい。ふたりとも笑顔の瞬間をねらっての一枚。

171112-08.jpg

前へ << | HOME |  >> 次へ


TOTAL Pages 25