Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 県春季大会組合せ

県春季大会の組み合わせが発表になりました。
三菱日立パワーシステムズの試合は、以下の通りです。

2018年 JABA春季神奈川県大会
http://www.jaba.or.jp/taikai/2018/kenren/pdf/kanagawa_haru.pdf

3/18(日)11:30  MHPS-(湘南ひらつかマルユウBBC-全川崎クラブの勝者) 三菱金沢G
3/20(火) 9:00  準決勝   保土ヶ谷球場
3/21(水・祝)13:30 決勝   保土ヶ谷球場
 

今年の準決勝・決勝は、ワンデーマッチではないのですねえ。早くもワクワクします。

 先発隊は長崎へ

明日は長崎にて野球教室がおこなわれるそうです。
旧長崎選手だけかと思ったら、旧横浜の選手たちも含め10名ほどが向かうそう。統合して1年、確かにもう長崎だ横浜だでもないですね。
ただ残念ながら、予報は雨なんですよねー。

行事予定 長崎県営野球場
http://www.pref.nagasaki.jp/nsfinder/yakyu/bign/

残った選手たちは、練習後にキャンプへ向けて荷積み。長崎先発隊とは、12日に指宿で合流ですとか。
しかしその12日も、鹿児島の予報は曇り時々雪か雨。むしろ横浜のほうが暖かいくらい。寒いスタートになりそうです。

寒いのに、スギ花粉はそろそろ飛びはじめている感じがします。このあいだ6500円もかけてアレルギー検査してみたら、スギ・ヒノキ・ハウスダストにしっかり反応してました。球春近し、でも憂鬱な季節も近し。

 ベンチ前キャッチボールの禁止等

JABAニュースが届きました。
指導者研修会の模様や、新監督紹介などなどの内容。今年は新監督就任が多いですね。

じっくり読んだのは、野球規則通達事項。
二段モーション云々は新聞でも報じられておりますが。

今年から、試合中のベンチ前キャッチボールが禁止になるそうです。2アウトになると投手がキャッチボールを始めるのが通例ですが、走者が出ると1アウトでもキャッチボール開始。併殺打だとすぐチェンジですもんね。投手はおちおち休んでいられませんでした。
キャッチボールができなくなる代わりに 「マウンドでの準備投球は5球」 が撤廃され、1分間の制限になるのだとか。

キャッチャーミットを動かして欺こうとするのは審判に対する侮辱と、以前から言われております。いまだに動かす選手がいるようで、こちらも徹底を通達。
また、ホームベースから離れて構えるのも、判定が不利になり好ましくないとのこと。

下記改正については、次号で触れられるようです。

2018年度 野球規則改正
http://www.jaba.or.jp/topics/2018/pdf/kaisei.pdf

 神奈川高校野球ベストナイン投票/平成編

昭和編に続いて、今度は平成編。
自分が選ぶなら、監督は渡辺元智監督。右投手は松坂大輔投手。迷う余地なし。

他のポジションは甲乙つけがたいですねえ。MHPS的には石井貴投手、石井裕也投手、圓垣内学選手を選びたいところですけど、冷静に見て高校時代ダントツの成績というわけではないしなあ。
高木大成捕手はプレーもさることながら、とてもさわやかで知性あふれる優勝インタビューが印象的でした。あれを超えるインタビューには、いまだ出会ってないかも。

神奈川高校野球ベストナイン 昭和編 カナロコ
http://www.kanaloco.jp/article/308954

 「東芝 野球部を存続」

180203.jpg昨日の朝、神奈川新聞のヘッドラインに東芝の写真。おや、スポーツ面ではなく論説面で取りあげられているらしい。当然、真っ先にそのページを開きました。

東芝 野球部を存続(上) チーム持つ意義どこに カナロコ
http://www.kanaloco.jp/article/308218
東芝 野球部を存続(下) 苦境背負い再スタート
http://www.kanaloco.jp/article/308421

リンク先は有料記事ですが、一部読めます。
(上)では社会人野球を取り巻く環境、平馬淳監督の決意、野球部存続の理由等が語られていて。標題通り、東芝に関する記事が主体。
(下)ではクラブチームから企業チームへ戻った希有な例・三菱日立パワーシステムズや、活動停止したこともある三菱岡崎、そして休部中の日産自動車の方々からも、それぞれの野球部のエピソード。横浜商大野球部の佐々木監督からの提言も載ってます。商大から社会人野球へ進んだ選手も多いですよね。

プロ野球より歴史が長く、企業規模も大きな社会人野球。「広告費」 だった時代もありますが、もともとは 「福利厚生」 が出発点だったチームも多いのでは。紙面でもこう語られています。「野球部は従業員の士気高揚という、福利厚生の目的で運営している。その面を重視して引き続き、継続していく」

東芝の今年のテーマは 「リスタート」 だそう。三菱ふそうがリコールで活動自粛のあと 「リバイバルふそう」 のスローガンを掲げ、勝つたびにスタンドを大きく沸かせながら、都市対抗優勝したことを思い出します。
ただの経営危機ではない、不祥事で揺れる会社にもたらす一体感とプライド。今の東芝野球部に求められることは、社員の方々の愛社精神を突き動かすことなのだろうと思います。

 2月の誕生日

今月誕生日を迎える皆さまです。おめでとうございます。

180201-01.jpg
2/25 対馬和樹捕手

180201-02.jpg
2/28 斉藤裕次郎コーチ

180201-03.jpg2/3 千葉徹さん
2/5 吉田昌樹さん
2/9 島田高光さん


 2018東京六大学-社会人対抗戦

三菱日立パワーシステムズが、4年ぶりに六大学-社会人対抗戦に出場します。
今年は高安健至コーチの母校・慶應大学と対戦。

2018東京六大学-社会人対抗戦 東京六大学野球連盟
http://www.big6.gr.jp/game/shakaijin/2018/2018shakaijin_schedule.html

3/31 (土) 13:30 慶大-MHPS 神宮球場

いつもは会社の昼休みにちょこっと見にいく程度でしたが。今回は土曜日なので、しっかり見られます。

前へ << | HOME |  >> 次へ


TOTAL Pages 428