Baseball Weekend

週末は野球撮影。神奈川の社会人野球、特に三菱日立パワーシステムズが好きです。

 MHPSの新人紹介2017

では、今年もポジション別に新人紹介まいります。
横浜5名・長崎4名、それぞれのチーム事情に沿って採用された新人たち。ところが降ってわいた統合で、いきなり内部競争が激烈に。新人には非常に厚い壁ですが、入った以上は頑張ってポジション争いに参加してください。

170319-01.jpg#12 田中宏章投手
淡路島の洲本高から愛媛大。三菱横浜初の国立大出身選手じゃないかしら、もしかして。頭脳明晰な投球が期待できそうです。
四国大学リーグ5回のシーズンで3回優勝、その勝ち頭だそう。2016年春季は、最優秀防御率にも輝いてます。

170319-02.jpg#16 浜屋将太投手
樟南高出身。旧校名・鹿児島商工出身者が、三菱横浜OBにも何名かいらっしゃいますね。
夏の予選中に腰痛発症で本調子ではなかったようですが、鹿児島を勝ち抜き、エースとして昨夏の甲子園出場。

170319-03.jpg#30 荒川一輝投手
茨城の藤代紫水高から城西国際大。千葉大学リーグで先発として活躍されたそうです。「他のみんなが見れない景色をみる」、良い目標ですね。ちなみに荒川投手の誕生日はもうすぐ。3/23です。

投手:荒川 一輝(4年・藤代紫水) 城西国際大学野球部ブログ
http://ameblo.jp/jiu-baseballteam/entry-12202454626.html

170319-04.jpg#32 佐々木玄捕手
座間高から横浜国大。わ、こちらも成績優秀なのですね。国大野球部のブログを拝見すると、家庭科教師の資格をお持ちなのかな。
横浜採用かと思われるでしょうが、長崎採用。なのに結局神奈川のチーム。地元とは縁が切れませんね。

170319-05.jpg#39 長井涼捕手
福島の強豪・聖光学院から中央学院大へ。千葉大学リーグを昨年春夏制してます。全日本大学野球選手権記念大会では準優勝。
長井捕手も長崎採用です。
バント練習などでは、1球1球自分なりの課題を口にしながら打席に。真剣そのものの姿には好感持てますねえ。

170319-06.jpg#34 二橋大地内野手
盛岡大附属高3年の時、夏の予選決勝であの大谷翔平選手からホームランを打ったといえば、ご存じの方もいらっしゃるかも。
東日本国際大では、南東北大学リーグ2016年春の打点・本塁打トップで、MVPにもなってます。三菱横浜のサードは他ポジションの内野手が長らく守ってきましたので、期待のサード候補です。ということでレギュラー約束されたも同然?でしたが、この競争の渦の中へ。大谷投手との再戦めざしてがんばれ。

170319-07.jpg#36 成田昌駿内野手
湘南工大附属から中央学院大。大学は長井捕手と同期で、千葉大学リーグで昨年春夏優勝、全日本大学野球選手権記念大会で準優勝という経歴も同じです。長崎・横浜別々のチームに進むはずだったのに、またチームメイトになるとはご本人たちも驚いたでしょうねえ。
俊足巧打のセカンドだそうですが、指宿キャンプでケガして、今は体慣らし中。

170319-08.jpg#38 矢野幸耶内野手
福岡大一高から北陸大。高校では主将。北陸大学リーグでは、2度ベストナイン受賞してますね。
こちらも俊足巧打だそうで、ポジションはショートです。

170319-09.jpg#40 龍幸之助外野手
九州国際大附属から白鴎大。高校時代は1年生からレギュラーで甲子園出場、ホームランを放つなど、華々しい経歴をお持ちです。二橋選手とともに、いずれ主軸を担うであろう選手ですね。

 MHPS公式サイト更新

野球部公式サイトが更新され、新人も掲載されました。9名プラスで、計45名。

数えてみると、投手14名、捕手7名。投手2人に対し捕手1人って、投手にとっては贅沢ですねえ。捕手にとってはポジション争いが超狭き門で、大変ですが。
あとは、DHもけっこう競争率高そうです。

また、後援会ページにはリニューアルしたグッズも。
試合を見にいくごとに会員証にスタンプ押印。5個・10個ごとにグッズ購入補助券などがいただけるので、最近はほとんどこれでグッズをまかなっちゃってます。県春季大会ご観戦の皆さま、会員証をお忘れなく。
ツイッター・インスタグラムによれば、早くもパンフも刷り上がったようですね。

三菱日立パワーシステムズ硬式野球部
http://www.mhps.com/baseball/

 「すぽっと★らいと」3月号

170315s.jpgMHPSエンジニアリングの社内報 『すぽっと★らいと』 3月号より。 ※別窓で拡大します。

以前は野球部員数名でしたが、今年は増えて6名在籍。松田浩幸投手は4月付でエンジから別の社に転籍になるようですけど、新人が加わり6名のままだとか。 ※松田投手の野球部在籍はもちろんそのまま。 

三菱重工横浜製作所でかつて発行していた 『フロンティア』 と、以後は 『すぽっと★らいと』 の編集に携わってこられた早川さん。10年前に野球部を通じて知り合って以来仲良くしていただきましたが、この3月で退職なさるのだそう。ブログを書くに際して早川さんにもひとかたならぬご協力をいただいていたので、寂しくなりますねえ。これまで本当にいろいろとありがとうございました。まあプライベートではまた株主総会などご一緒するつもりでおりますので、これからもよろしくです。

 日立大会組合せ

日立大会の組み合わせが発表になりました。
三菱日立パワーシステムズは、またBブロック。またしても強豪揃いのブロックです。しかも兄弟チームが同ブロックって、イヤですよねえ。神戸・高砂の富監督、エース守安投手はぜひ他チームに充ててください(笑)。

第40回 JABA日立市長杯選抜野球大会 組合せ
http://www.jaba.or.jp/taikai/2017/jabataikai/pdf/hitachi.pdf

4/14(金)13:30 新日鐵住金鹿島-MHPS    市民球場
4/16(日) 8:30 東邦ガス-MHPS         市民球場
4/17(月) 8:30 MHPS-三菱重工神戸・高砂  会瀬球場
4/18(火) 9:00 準決勝   12:00 決勝     会瀬・市民



しかし困った。朝8時半開始だと、始発では間に合わないんですよねー。前乗り必須。
静岡大会も四半期決算まっただなかですが、こちらもさらに連結提出締め切りの時期。なんとか金曜までに終わらせて、土曜の夜に発ち日月2試合見る方向で頑張ろうかな。

 『今季の陣容』

日曜の神奈川新聞に、今年も 『今季の陣容』 が掲載されました。まずは企業3チーム。

170313-1.jpg紙面右から、JX-ENEOS、東芝、MHPS。他チームに比べていつも選手数が少なかった三菱横浜ですが、今年は強豪クラブ並みに突出した人数です。写真付きで紹介されているのは、大野享輔投手・佐々木勉選手・久保晧史選手。

県春季大会の日程も掲載されてます。いよいよ今週末です。天気予報では雨降りそうにないですね。例年通り1日くらいの順延を見込んで、22日を休暇予定にしていたのですけど(^^;
聞くところによれば、なんとMHPS、保土ヶ谷球場にはバス2台で乗りこむのだそうです。ENEOS・東芝をスタンドから見るのも、良い勉強ですね。都市対抗予選への準備は、早くも始まっているのですねえ。

170313-2.jpg神奈川新聞3月3日版には、後藤隆之監督のインタビューも掲載されました。有料記事なので、下記リンク先を見ても残念ながらほとんど読めませんが。

良さ融合し日本一へ 横浜+長崎→新生MHPS 神奈川新聞
http://www.kanaloco.jp/article/235105

170313-3.jpg記事の中では 「横浜の技術と長崎の筋力の融合」 ということもおっしゃっていて。
長崎の選手はすごく体格いいなーと思いましたが、先日のかずさ戦を見た限りでは、確かに野球がやや粗い。東芝ENEOS相手に鍛えられた横浜のほうが、緻密な野球をするかもしれぬと思いました。線は細いけど。
まだまだ今はチームとしては手探り状態。試合を重ねるごとに融合して、やがて上昇気流に乗れるといいなと思います。

鍛えられるどころではなく、昔はただただ高い壁だった県内企業チーム。ちなみにあの日産との死闘を知るのは、もう亀川投手・佐々木選手・村山選手の3人だけになってしまったのですね。

 「超 革命! ~新たな歴史を刻む~」

170311-01.jpg寒い時には薪ストーブの出番です。、折れたバットを、坂上真世コーチがせっせとくべてました。
バットはやがて崩れて小さくなり、黒い炭に。上に網を置いたら、良い感じに焼き鳥ができそうでしたねー(笑)。

2月の時は皆の並ぶさまに 「ん? 何が始まるのかな?」 で、離れたところからシャッターを押しただけでしたけど。今日は絶対しっかり撮りたいなと。新人も全員加わり、総勢45名でのダッシュ。皆の 「うぉー!」 という声も相まって、大迫力です。

170311-02.jpg

170311-03.jpgスコアボードの下には、新しいスローガンが張られてました。
「超 革命! ~新たな歴史を刻む~」
変革の年。変わることに翻弄されず、自分から何かを変えていきたいですね。

今日はバント特集とまいりましょう。皆の目が、しっかりボールについていってます。

170311-04.jpg   170311-05.jpg

170311-06.jpg   170311-07.jpg

170311-08.jpg   170311-09.jpg

170311-10.jpg  170311-11.jpg   170311-12.jpg

170311-13.jpg   170311-14.jpg

170311-15.jpg   170311-16.jpg

170311-17.jpg   170311-18.jpg

長距離砲な河野凌太選手や渋谷ロバート選手も、かなり器用。目をつぶってしまう選手も若干見受けられましたけど、やっぱりそれはバントが苦手な選手かなー。
冨里悠選手には画像確認を求められ。それって沖縄県人気質かな、たまたまかな。福地正春投手も、よく自分のフォームを気にして画像見にきたんですよね。冨里選手にもコマ送りで見せてあげようと動画撮影も試みましたが、久しぶりで操作方法忘れて失敗しました(^^;


猿渡寛茂コーチが、ちょっとおもしろい練習。内野陣をシートに座らせ、目線を低くしてのノック。選手たちは怖さと戦いつつ必死にキャッチ。そしてそこにピンポイントにノックするサルさんも、さすがですねえ。

170311-19.jpg   170311-20.jpg

170311-21.jpg

170311-22.jpg

 本日のカメラ購入相談

中西良太選手に一眼レフ購入の相談を受けまして。想定されているのはミラーレス一眼のような気がしますが、このへんでどうだろうか。個人的にはキヤノンM10が可愛いです。レンズキット(レンズ込み)の価格はいずれもヨドバシ調べ。

キヤノン M10  レンズキット5万円弱 
http://cweb.canon.jp/eos/lineup/m10/index.html
ニコン1 J5  レンズキット5万円弱
http://www.nikon-image.com/products/acil/lineup/j5/
オリンパス OM-D E-M10 Mark II レンズキット7万7千円
https://www.olympus-imaging.jp/product/dslr/em10mk2/
FUJIFILM X-A3  レンズキット8万円
http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/x/fujifilm_x_a3/


見るからに一眼レフが良いなら、こっちかなあ。上記ミラーレスより150グラムくらい重くなりますが。お値段はレンズキットで5万円強です。

キヤノン EOS Kiss X80
http://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx80/index.html

前へ << | HOME |  >> 次へ


TOTAL Pages 399